Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

200万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または
Kindle 価格: ¥800

(税込)

獲得ポイント:
8pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle App Ad

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
[古田雄介]の死とインターネット: デジタル遺品と故人のサイトを考える二十篇

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


死とインターネット: デジタル遺品と故人のサイトを考える二十篇 Kindle版

5つ星のうち5.0 1個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
¥800

販売: Amazon Services International, Inc.

【Kindle Unlimited】
120万冊以上の本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

持ち主が死んだらSNSの日記はどうなるのか?
故人のLINEアカウントはどんな道を辿るのか?
ネット葬儀やネット墓は普及するのか?
インターネットは人を殺すのか――?

 インターネットが世に広まって四半世紀。それだけの時間が経てば、亡くなった人が残していったコンテンツや仕組み上の課題も膨大な量になる。そこに目を向けると様々なことが見えてくる。10年前から死とインターネットの関係性を追いかけている著者が、様々な媒体に寄稿した記事20篇を厳選し最新情報にアップデートしてまとめたのが本書だ。自分の人生の向こう側まで意識してインターネットと読み解いてみたい。

01■インターネットの情報だけで人の生死を完全に判定できるか
02■死後記念写真の盛衰にみるインターネットと追悼の関係
03■数年後に亡き家族のLINE画面が突然切り替わる怪奇現象
04■「オフラインも消される」――ウィンドウズ10アップデートの衝撃
05■グーグルのAI翻訳は言語の壁をどこまで取り払ってくれる?
06■死はネットで学べる――オンラインダークツーリズムの可能性
07■ネットの中のリアルな生死――ユーチューバーと死
08■ネットの中のリアルな生死――死を覚悟した闘病ブログ
09■ネットの中のリアルな生死――ブログに残る闘病と不倫
10■スマホ時代のいま、PC時代の故人サイトの行く末を考える
11■ネットで「死にたい」とこぼすことは罪か
12■100年先まで炎上しないネットの使い方
13■家族の遺体写真をSNSにアップするのは、どんな「罪」?
14■グーグルすら瞬時に動かす劇薬 遺体写真という存在を考える
15■故人アカウントに残ったレイバンスパムに追悼コメントがつく現実
16■「ご冥福」「R.I.P.」「合掌」・・・ネットでの弔意の伝え方
17■自動搬送式納骨堂が流行ってインターネット葬儀が広がらない理由
18■殺人者のインターネット――一線を越えた言葉も思考も漂い続ける
19■インターネットは人を殺すのか?
20■おわりに・・・「死とインターネット」を突き詰める

■著者:古田雄介(ふるたゆうすけ)
1977年生まれ。名古屋工業大学卒業後に上京し、建設工事現場監督と葬儀社スタッフを経て、2002年に編集プロダクションに入社。2007年以降フリーランスの記者として活動。死生や終活とデジタル関連を中心に取材している。著書に『故人サイト』(社会評論社/2015年)、『ここが知りたい! デジタル遺品』(技術評論社/2017年)など。

■表紙・トビラデザイン:村田らむ
■紙面デザイン:佐々木亮

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 28140 KB
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B07PQCLQGB
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効になっていません。
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 167,186位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
評価の数 1
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件のカスタマーレビュー

2019年3月25日
形式: Kindle版Amazonで購入
click to open popover