¥ 1,728
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
死してなお踊れ: 一遍上人伝 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

死してなお踊れ: 一遍上人伝 単行本 – 2017/1/27

5つ星のうち 5.0 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,641

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 死してなお踊れ: 一遍上人伝
  • +
  • 中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 52pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

メディア掲載レビューほか



死してなお踊れ―一遍上人伝

名家の生まれながら、全てを投げ捨て、「踊り念仏」で民衆を救おうとした一遍上人の評伝。著者は大杉栄などアナキストを近作で描いてきたため、鎌倉時代の宗教家を取り上げるのには違和感を抱いたが、一遍こそ元祖アナキストというのが著者の持論だ。支配されることを嫌い、やりたくないことを拒否し、何も欲しない。開宗も望まない。とはいえ、民衆は欲にまみれた現世からどうすれば自由になれるのか。一遍の答えはシンプルだ。空っぽになればよい。全部捨てて踊り狂えばいい。アナーキズムの視点で一遍の人生を辿ることで、存在を急に近く感じることができる。

軽妙な文体は健在。嫌なことがあれば、思わず、ぴょんぴょん跳ねて踊りたくなるのは著者の筆力か、一遍の魅力か。読後の爽快感に満ちた一冊だ。

評者:栗下直也

(週刊朝日 掲載)

内容紹介

壊してさわいで燃やしてあばれろ! 踊り念仏の一遍がダメな者たちをこそ救うためにアナーキーに甦る。注目の著者による渾身の力篇

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 248ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2017/1/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309247911
  • ISBN-13: 978-4309247915
  • 発売日: 2017/1/27
  • 梱包サイズ: 19.8 x 13.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 6,900位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
11
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(11)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
すげえブッとんでる本。これはいい。こんなに文書ぶっとんでて、読み込ませる熱量と濃度持っているのに、言っていることは凄くシンプルでわかりやすい。「一遍はすべてを捨てるために、すべてを空っぽにするために踊り狂った」。唱えて唱えて、うたってうたって、叫び狂った。すべて捨てて出家したのに、その魂に人は集まる。ついてくるならついてくりゃいい。ぜんぶ捨てて踊ればいい。その姿勢は欲とカネにまみれがちな現世の自分には刺激的だ。うるせえとにかく踊って捨てろよ。大事なものなんて増やすなよと。字だけは知っていた「踊り念仏」という四文字に、これほどまでに物語があったなんて。読んで悔いなし。最高にロックな本。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 著者はアナキズムを研究してたという人ですが、なんでそんな人が一遍?と思いましたが、本書を読んでみて納得
時の権力者や既成の価値観に従わず、ひたすら念仏を唱えれば救われるという一遍の生きざまはまさにアナキスト
本書で当時の浄土宗がなぜ権力者に睨まれ、弾圧されたのかもわかります
地上の権威や権力を一切認めず、念仏を唱えれば救われるという思想はそりゃ、権力者にとっては厄介以外の何物でもなかったと思います
このような思想を抱いていたからこそ、大勢の民衆や当時差別されていたハンセン病患者などが一遍を支持したのでしょう
まあ、時代とともに浄土宗が組織化され、それ自体が権威化していくのは皮肉としか言いようがありませんが・・・
しかしながら、一遍を開祖とした宗派がそれほど大きくならずにいたのは、まさに一遍がそのような事態を恐れて、自分が書いた文物を一切捨てさせたということからもわかります
著者の文体は大変クセがありますが、聖人君子として取り澄まして書かれた一遍伝よりもその魅力が伝わってくると思います
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
歴史で習った「一遍」というお坊さんの名前と「踊念仏」というワード。昔、単なる試験対策で暗記して通り過ぎただけだったが、まさかこんなにも興味深く愛すべき人物だったなんて、驚いた。今なら「一遍」と友達になれそう。栗原康の織りなすコトバには、血が通っている。政治学者らしく学問的な文献で裏付けをとりながらも、大胆に果敢に現代語に「一遍」のあれこれを翻訳。だいぶ捨て身で潔い。「念仏となえてバカになれ。ゼロになれ。人間のあたまをハンマーでぶったたくんだ。そんなイメージだといえばわかるだろうか」(本書より。)とことん万人が実感できるところまで栗原康は降りてくる。あっぱれ。今も昔も息苦しい社会が横たわる。うんうん、それでも踊ってわめいて元気に生きます。ありがとうございます。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
全世界の踊念仏フリーク(推計100人)待望の書がついに出版されました。
私見ですが、踊念仏のエッセンスは、現世からの恍惚的超越を伴う、その狂騒的性格にありそうです。
実際それは、「一遍上人絵巻」のなかの牛車、踊り手たちの混沌たる様子に典型的です。一遍上人いわく、踊念仏の極意は「捨ててこそ」ですが、踊り手たちの多くが文字通り衣服を捨てて、まっぱで踊り狂っています。
日本で最初に踊念仏という成仏の形態を広めたのは空也上人ですが、その300年後に生まれた一遍上人は、敬愛する空也上人の踊念仏を深化させ、当時の人々をその渦の中に巻き込んでいきました。本書によれば、少なくとも27万の札を配ったことが記録されており、その中には重複があるとはいえ、相当数の人々が踊念仏のムーブメントに引き込まれていたことがうかがえます。

となふれば われもほとけも なかりけり 南無阿弥陀ぶつ なむあみだ仏 (一遍)

これは念仏の本質をとらえた一遍の句で、本書にも掲載されています。自我と仏の境目がなくなる、それがすなわち成仏(仏に成る)を意味し、その契機として念仏があるということを意味しています。

ともはねよ かくてもをどれ こころごま みだのみのりと(弥陀の御祝詞) 聞くぞうれしき (一遍)

同じく
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
自己責任とか言っているジジイども、おまえらは皆地獄落ちるんだ。チクショウ!躍れ、躍れ、躍れ、踊れ!壊して騒いで、燃やして暴れろ!千年前の最高にアナーキーなパンクロッカー、一遍上人の本願に対する飢えと渇きに満ちた生涯を激しい筆致で描き切る傑作だ!正しい教え何て糞食らえな、徹底した無我の中から生まれる衝動の激しさに胸を、倦んだ頭を揺さぶられた。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー