Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 545
(税込)
ポイント : 6pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[たかしげ宙, DOUBLE-S]の死がふたりを分かつまで 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)
Kindle App Ad

死がふたりを分かつまで 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス) Kindle版

5つ星のうち 3.4 8件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 死がふたりを分かつまで(デジタル版ヤングガンガンコミックス)の26の第1巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 545
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 545 ¥ 1

紙の本の長さ: 218ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

視力を失った男と、未来を見通す少女。暗闇に閉ざされた世界の中で、この出逢いが唯一の希望(ひかり)だった――。『スプリガン』のたかしげ宙&コミック界の超新星DOUBLE-S、最強タッグが贈るロマンティック・ハードアクション!!

出版社からのコメント

未来を斬り開け!
視力を失った男と、未来を見通す少女。暗闇に閉ざされた世界の中で、この出逢いが唯一の希望(ひかり)だった――。『スプリガン』のたかしげ宙&コミック界の超新星DOUBLE-S、最強タッグが贈るロマンティック・ハード・アクション!!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 60578 KB
  • 紙の本の長さ: 218 ページ
  • 出版社: スクウェア・エニックス (2005/12/24)
  • 販売: 株式会社スクウェア・エニックス
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B009UP31YI
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
『スプリガン』原作のたかしげ宙氏が原作を担当しているだけあって、話がしっかりとしていながら、分かりやすく『スプリガン』より取っつき易いと思います。

主人公は座頭一+デアデビルといった感じの盲目の日本刀使い。テンポのいいアクションとハードボイルド・テイストな展開が魅力です。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
戦う「盲目の凄腕剣士・土方護」。ハイテク・デジタル機器を駆使し「護」をサポ−トする「井川」。その「護」に護衛を依頼する「予知能力少女・遠山遥」。もう、この設定だけで喰いつきますね。謎だらけですが、それを知りたいが為に読んでしまいます。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ムゲン 投稿日 2010/2/14
形式: コミック
久々の快作、という感じ。
ストイックな作風ではあるが、決して硬さは感じさせることの無いキレ味濃厚なテンポで、読む側をグイグイ引っ張りこんでいく「力技」に圧倒させられます。
軽快なアクション、サスペンスフルなストーリー、魅力的なキャラクター達、娯楽に不可欠な要素が三拍子揃っていて、流石たかしげ宙先生、お見逸れしました! という感じ。
個人的には『ブラック・ラグーン』以来の衝撃を受けました。 続けて買う楽しみが出来ました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
最新刊の24巻まで読んだ感想です。ネタバレ無しレビューになります。
盲目の剣士が、人工知覚装置を使い、剣一本で無法の悪人をバッタバッタとなぎ倒していくバトル物です。
そして、ヒロインは未来予知能力が有り、「死がふたりを分かつまで」自分の警護を盲目の剣士に依頼します。
ヒロインの予知能力を狙い、様々な敵が襲い掛かってきます。
良い点として、とにかくその圧倒的画力と主人公の剣士の恰好良さです。
ひたすらクールに敵を剣一つで蹂躙していきます。
現在版の座頭市と言えるでしょう。そして、それに絡む儚げな予知能力を持つヒロインの淡い恋心は少女漫画的です。
家族の女性に見せたところ、やはり受けが良かったです(笑)王子様が悲劇のヒロインを守る様が良いのでしょうね。
ストーリーは巻数が長く続いていることもあって、中だるみ感が凄いです。決まった敵が居ないので
敵が出る→ピンチになりながらも倒す→新キャラ登場→敵が出る→ピンチになりながらも倒すを繰り返しているだけで
大きな話の動きや壮大な物語の構成が感じられません。
途中で原作者の他作品とクロスオーバーしますが、ネタ切れ感が否めません。
とにかく主人公が恰好良いので、質実剛健たる男前のバトル物が見たい方にはお勧めです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover