残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、メディアフロント が販売、発送します。
¥ 680 + 配送料無料
+ ¥ 255 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 全体に読み押さえ跡がございます。表紙に小キズ・スレがございます。アマゾン専売品です。クリーニング済み・帯無し・中古商品です。アマゾン指導による商品状態表記においての規約であるコンディションガイドラインに基づき状態表記させて頂いております。経年による中古感・使用感がございます。小傷みが多数、日焼け等のある商品もございますのでご了承下さいませ。品質に不備がある場合は返金対応させて頂きます。どうぞ宜しくお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

歴史街道 2016年 12 月号 [雑誌] 雑誌 – 2016/11/5


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
雑誌, 2016/11/5
¥ 680
¥ 680 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

十二月号読みどころ
大坂の陣は所詮、大坂方に勝ち目はなく、真田信繁らは「死に花」を咲かせようとしたのだ…。そう語られることがよくありますが、果たして真実でしょうか。関ケ原に倍する軍勢が対峙した冬の陣はもちろん、堀を埋め立てられ、大坂城が裸城となった夏の陣においてすら、大坂方の武将たちは戦意高く、関東方の大軍勢に最後まで挑みました。寄せ集めの将兵である彼らを一つにしたのは、真田信繁らが立案した絶妙の策と、勝利への希望です。すなわち家康を「討つ」ことさえできれば関東方は瓦解し、逆転できるというこの戦いの本質を理解し、勝つことを諦めていなかったのです。「死に花」とは真逆の、勝つために戦った信繁と大坂の陣を描きます。
第二特集は「日本史をより深く愉しむ法 後篇」です。

この雑誌について

現代感覚とビジュアルな誌面で歴史を読む


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: PHP研究所; 月刊版 (2016/11/5)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01M185NZC
  • 発売日: 2016/11/5
  • 梱包サイズ: 26 x 18 x 0.6 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう