通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
歴史群像 2019年 12 月号 [雑誌] がカートに入りました
+ ¥350 配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 付録あり。若干の使用感がありますが、全体的な状態は良いです。なお、店頭販売を行っておりますので、売り切れの際は早急に返金いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
14点すべてのイメージを見る

歴史群像 2019年 12 月号 [雑誌] 雑誌 – 2019/11/6


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
雑誌
¥1,100
¥1,100 ¥749

本まとめ買いクーポン
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 歴史群像 2019年 12 月号 [雑誌]
  • +
  • 歴史街道2019年12月号
  • +
  • 歴史人2019年 12月号
総額: ¥2,710
ポイントの合計: 28pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

別冊付録
本誌オリジナル! 上田信「日の丸の轍(わだち)」2020年カレンダー
戦車、装甲車からトラック、リヤカーまで、日本陸軍の車輪を持つ装備を紹介する人気連載「日の丸の轍」。これまで同記事に掲載された、ミリタリーイラストの第一人者・上田信氏の描く、活躍する各種車両のカラー再現イラスト6点を収録したオリジナル・カレンダー。



■第一特集
海戦史上最大級の水上戦闘
激突! 第三次ソロモン海戦
【前編】 第一夜戦、日本海軍牙を剥く!
ガダルカナル島を奪還すべく、再び大規模揚陸と主力艦による飛行場砲撃の実施を目論む日本軍。待ち構えるは、空母勢力劣勢の中で踏みとどまるアメリカ水上部隊。狭い闇夜の海峡に、日本艦隊と米艦隊が遭遇、水上艦同士の熾烈な殴り合いが始まる……。


■第二特集
戦国北奥戦記
南部・津軽・九戸…生き残りを賭けた虚々実々の死闘
日本国の「東の果て」と「北の果て」と認識されていた陸奥糠部・津軽・北出羽。その広大な領域には数多の群雄たちがひしめいていた。知られざる北の戦国時代を概観する!


■第三特集
ルジェフ攻防戦1941-43
モスクワを脅かす突出部をめぐる独ソの死闘
モスクワ占領を目指す「台風(タイフーン)」作戦によってドイツ軍の手に落ちたルジェフ。ソ連の首都モスクワを狙う跳躍台となりうるこの古都は、ソ連軍にとって早急に奪回しなければならない要点だった。1年半のうちに6回もの争奪戦が展開された、ルジェフ突出部をめぐる両軍の激闘をたどる。



■カラー企画
ドローン空撮&現地徹底取材
地形から見たガダルカナル戦
検証 一木支隊壊滅の真相
ガダルカナル島攻防戦の緒戦で、日本軍から奪った飛行場を守るアメリカ海兵隊の反撃の前に壊滅した一木支隊。なぜこれほどの大敗を喫したのか。防衛大学校教官の著者が現地を取材し、ドローンによる空撮や、それを基に起こしたCGなども用いて、「地形」という視点から戦いの実像に迫る。


超精密イラストで見る
九七式・九九式・零式から「流星」「彩雲」まで
日本海軍艦上機発達史
日本海軍は「九六式トリオ」の完成後もさらなる性能向上を求めた。かくして生まれた艦上機の姿とは──。本誌8月号に続く、日本海軍艦上機の軌跡を辿る前・後編企画の後編。



■検証/ドキュメント

検証・ドイツ再軍備の裏側 その1
ゼークトの280万人陸軍建設計画
秘密裏に進められた遠大なたくらみ
ヒトラーの再軍備宣言の10年も前から計画され、密かに推進されていたドイツ陸軍の増強と近代化は、考えられてきた以上に大規模で巧妙なものであった。知られざる巨大陸軍建設計画の実相に迫る!


検証・ドイツ再軍備の裏側 その2
「フリッチュ危機」の真相
ヒトラーが気づいたドイツ陸軍の弱点
陸軍総司令官の身に降りかかった、ある嫌疑──。ドイツ陸軍全体を震撼させたこの事件はヒトラーと陸軍の関係に大きな影響を与えることとなった。


期待の2000馬力発動機はなぜ成功しなかったのか
日本陸海軍
一〇〇オクタン燃料始末記
1930年代、日本陸海軍は高出力化が進む軍用機エンジンに不可欠なハイオクタン燃料を希求するようになる。陸海軍の思惑が交錯し、綱引きが行われる中で、夢の2000馬力エンジンのエネルギーとなるべき100オクタン燃料国産化への取り組みが始まった─。


動乱の中世イタリアを戦慄させた男
悪魔か? 英雄か?
傭兵隊長ホークウッドの生涯
中世後期のイタリアで暴れまわった外国人傭兵隊長がいた。チェゼーナの街の虐殺事件で歴史に恐怖を刻んだ男。その死をフィレンツェから国葬をもって報われた男。彼は果たしてどんな生涯を送ったのだろうか。


[連載]西洋戦史研究 ナポレオン戦争Part38
半島戦争(1810年)2ブサコの戦い
三度目のポルトガル侵攻に挑むマッセナ元帥のフランス軍は、シウダード・ロドリーゴとアルメイダの要塞都市を陥落させ、コインブラ周辺のイギリス=ポルトガル軍を撃破し、リスボンへ向かおうとした。対するウェリントンはブサコ丘陵の稜線に布陣し、これに一撃を加えようと図る。


■ インタビュー
『愛宕』『大淀』に乗り組み南太平洋海戦から「北号」作戦までを戦う
大石芳信
志願して海軍に入隊以後、数々の激戦を戦った砲術科水兵が語る日米戦争。



■好評! カラー連載!
【日の丸の轍】File.08 戦車の発達に取り残された支援戦車
二式砲戦車


【戦国の城】九戸合戦の後、織豊系城郭へと変貌
陸奥 九戸城


【縦横無尽! 世界戦史】宇宙からの打撃
極超音速ブースト滑空兵器 第一回


【蒼空の記憶】時代に取り残された“空飛ぶアフリカ水牛"
F2Aバッファロー


【戦士の食卓】B-29クルーたちの機内ランチ
ターキー・サンドイッチ


【[図解]武器と甲冑】
第四章 [戦国時代]7当世具足への道


■好評連載!
・日本100名城と武将たち 根城 × 清心尼
・Comic 吉原昌宏[戦場伝説/翼をもつ魔女]
・信長の独断 フルスロットル
・負けじ魂、これぞ船乗り
・戦場のミステリー

※内容は予告なく変更になる場合がございます


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: 学研プラス (2019/11/6)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B07Z74DJ9Q
  • 発売日: 2019/11/6
  • 梱包サイズ: 25.8 x 18.1 x 1.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう