この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

歴史群像アーカイブ―Special Issue (VOLUME1) (歴史群像シリーズ) ムック – 2008/2

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ムック
"もう一度試してください。"
¥ 200
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • ムック: 127ページ
  • 出版社: 学研 (2008/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4056050554
  • ISBN-13: 978-4056050554
  • 発売日: 2008/02
  • 商品パッケージの寸法: 26 x 17.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 637,485位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 まげ店長 トップ500レビュアー 投稿日 2008/6/21
形式: ムック
自走臼砲カールが好きなのですが、専用の資料は高くて手が出ないのでこの資料で代用しています。
列車砲はそんなに珍しい記事でもないですが、これまた専用の資料は高いので...(以下同じ)
軍用自転車の記事はそこそこ面白いですね。

あとは、軍象。意外とメンテナンスが大変な事が分かりました。
決して使いやすい兵器ではないようですね。

特殊兵器は意外と他の本でも多く取り上げられていますので、丹念に探せばこの本で書いてある内容には出会えると思います。
しかし、この本の値段以上の出費には必ずやなるでしょうから、お得というのは間違いないと思います。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ちゃたろー VINE メンバー 投稿日 2011/1/17
形式: ムック Amazonで購入
軌道上の怪物 列車砲
報復兵器V3
トンデモ対空兵器
パンジャンドラム
デコイ大作戦
八木アンテナと日本レーダー開発史
AZON誘導爆弾
奇想天外 動物兵器
戦象の世界史
化学戦
「魔法の弾丸」ペニシリン
劣化ウラン弾
鹵獲兵器物語
軍用自転車発達史
陸軍鉄道部隊
モニター艦
Nonリーサル・ウェポン

というのが内容。第二次大戦をメインに、古代から現代まで様々な特殊兵器について解説。
V3や列車砲、モニター艦など、今更・・・な兵器から、パンジャンドラム、第二次大戦中の米軍の誘導爆弾など、目新しい兵器(そうでもないの?)の開発まで、広く浅く載ってます。
古代の戦象とか、旧ソ連の地雷犬とか(ライカ犬と同じ使い捨て!)、毒ガスとか、人間ってのは残酷だなぁ・・・と改めて思い知らされます。

極右レビュアー氏がレーダーさえあれば・・・みたいに書いてますが、日本は逆立ちしても絶対勝てなかったです!(レーダー以外の一例として航空機輸送では、米軍が桟橋建設してた時に日本軍は艀(はしけ)で一機一機運んでいた!諸外国ではエースパイロットは指揮官に抜擢されたが、日本では硬直人事で原則エ
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
表題で書いた通り、それぞれ知っていそうで知らない話が殆どで無いかと。個人的に気に入ってるのを挙げるとしたら、旧ドイツ軍の報復兵器・秘匿コードV3と列車砲に関する記述、英国のオバカな対空兵器物語、そして世界各国の滷獲兵器物語、後はアメリカに端を発したモニター艦の製作競争話等と、この程度なら某国営放送局辺りが特番組んでるんじゃ?と思う様な内容ですがやりませんね。最近は。後、八木サンに関してはレーダー網が400%完成していても駄目でしょう。幾ら技術が有っても使う側のオツムがペケポンではね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
 この本を読むと、いかに我々日本人が先の大戦から何も学んでいないと言う事を痛感させられる。たしかに、戦争の悲惨さは文字通り、痛いほど分かったでしょう。しかし、それだけ分かれば良いのかと問われれば、答えは否です。あまり詳しく書くと本の内容から逸脱してしまうので、八木アンテナについてだけ書きます。
 大げさに言うならば、日本は日本の技術で負けたのです。もし、陸海軍が八木アンテナを評価し研究していれば、(物量を考慮に入れなければ)アメリカと互角に戦っていたはずです。少なくとも、海では連合艦隊が壊滅する事は無かったかもしれないし、陸ではB29による無差別爆撃を防げた可能性だってあるのです。軍は日本を守“れ”なかった(守“ら”なかったのではありませんよ!)と言う汚名を受けず、無条件降伏だって回避できたはず。
 WW2で八木アンテナを使用しなかったのは日本だけだと、本には書かれています。多少意味合いが違いますが、現在の日本も似たり寄ったりな部分が多々有るではありませんか。世界に誇るアニメ文化も肝心の基礎技術の軽視で痛い目にあっているし、青色発行ダイオードの件(個人的には、金の問題じゃないだろうと思うのですが…)もこんだけ出せばいいだろ的な金額しか出さず人材が流出してしまった。町工場だってそうです。
 先の戦争は侵略だったと言うのも結構、日本軍を悪く言うのも勝手にやってろ。けれども、失敗から何も学ぼうとしないのは愚かな事だ。

 リメンバー・八木アンテナ!
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す