通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
歴史家が見る現代世界 (講談社現代新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 使用感ありますが おおむねきれいです
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

歴史家が見る現代世界 (講談社現代新書) 新書 – 2014/4/18

5つ星のうち 4.2 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 14

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 歴史家が見る現代世界 (講談社現代新書)
  • +
  • 二〇世紀の歴史 (岩波新書)
総額: ¥1,793
ポイントの合計: 55pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が予約開始
新作長編「騎士団長殺し」が2月24日に発売。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「現代」はいつから始まったのか? 「近代」と「現代」は何が変わったのか? そもそもどのようにして「時代区分」をするのか? 近年、歴史学の潮流は急速に変化してきた。視野の狭い国別の歴史にとらわれて、世界規模で進む大きな歴史のうねりを見逃してはならない。ハーバード大・歴史学部の名誉教授が書き下ろした、「現代世界」を考えるための手引き書。(講談社現代新書)

内容(「BOOK」データベースより)

いつから「現代」になったのか?それは「近代」と何が違うか?わかりやすい国単位の歴史に惑わされて、地球規模で進行する大きなうねりを見逃してはならない―世界の今とこれからを考えるための必読書!私たちはどんな時代を生きているか。ハーバード大・歴史学部の名誉教授が渾身の書き下ろし!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 240ページ
  • 出版社: 講談社 (2014/4/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062882574
  • ISBN-13: 978-4062882576
  • 発売日: 2014/4/18
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 156,604位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
ハーバード大・歴史学部の名誉教授が渾身の書き下ろし!
というカバーの宣伝をみて、いつか読もうと買っておいた本。

歴史学の大家・入江先生にしては平凡な内容でした。
わくわくする読書感を味わう事ができませんでした。

要は、
「現代は国境の枠組みの時代ではない。国境を越えた人々の
かかわりや、全世界、全人類の関心事などを視野に入れる視野が
必要である。いわば、国境を越えたトランスナショナルな繋がりに
注目する必要がある」という事に要約されます。

ご説ごもっともだと思います。
とくに目新しい見解が示されるでもなく、新境地を開くものも
気慨も感じられない。
知的興奮を余り感じませんでした。
老教授の淡々としたエッセイだと思います。

私個人としては、若いときに読んだE.H.カーの
「歴史とは何か」のほうが未だ輝いて見えています。
今読みなおしても知的興奮を覚えます。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 大して目新しい知見は書かれていない。御年80を迎える施設暮らしの老歴史学者が、自らの歴史観の変遷を振り返って現況の立ち位置を確認する、と云うものなのだが、ズブの歴史素人ならともかく、或る程度歴史書(特にグローバル・ヒストリーもの)や日々のニュースを読んでいる者にとっては特に新鮮な見解が示されている訳ではない。レヴェルが低い訳では決して無いが、どうも当たり前の穏当な結論ばかりが並べられていて、「これからの歴史学はこうでなくちゃ!」と云う意気込みに乏しい。取り敢えず目次を挙げておくので、多少目端の利く読者であればそこから大体の内容は推測出来るものと思う。私としては、一回読めばもう十分だったかな、と云う感じ。

はじめに
第1章 歴史をどうとらえるか
 1 歴史家の目に映る現代世界
 2 なぜ歴史の見方が変わったのか
 3 「現代」の起源
第2章 揺らぐ国家
 1 国家という存在
 2 「大きな政府」から「小さな政府」へ
 3 新興国家のそれぞれの選択
第3章 非国家的存在の台頭
 1 ノンステート・アクターズ
 2 ノンナショナル・アイデンティティ
第4章 伝統的な「国際関係」はもはや存在しない
 1 パワーゲームの限界
 2
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
老歴史学者(80歳、ハーバード大学名誉教授)の本。
昔は著者の本にそれなりにお世話になった。

この本は、国別史は古い、主権国家は古い、歴史はトランスナショナルで、グローバルで、ユニバーサルでなければならないと主張する。
たしかに、世界は多くく変化し、国民国家、そしてそれが構成する国家間関係だけでは説明しきれないことは誰でも知っている。
でも、現在のウクライナ情勢を見てもわかるとおり、国民国家、主権、民族は、我々の現実世界に残念ながら根強く残っている。
要は、ある概念や理論や説明概念の射程がどこまであるかという問題。
これはいい、これはダメという、黒白の問題ではない。
「冷戦」概念は意味がないと言われると、ちょっとタジロイデしまう。
19世紀的な概念も、20世紀的な概念も、いまだにそれなりに説明力を保持している場面に出くわす。
それに、21世紀的なものを複合的に付け加えることが必要。
世界も歴史もそれだけ複雑で複合的。

こんなに偉い学者だから、そんなことはわかっているのだろうけど、そのように書かれていない。
むしろ、あれはダメ、これはダメ、必要なのはフラットな普遍的な説明装置、という風に読めてしまう。
しかもそこで言われている「新し
...続きを読む ›
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
9・11から、およそ15年も経つのか…とふと思い、
今では、どのように位置付けられているか、気になりました。
その辺が現代史の面白さなのかなぁ…と思います。
「知らないなら、覚えましょう」という受験勉強式ではなく、
「自分の中で歴史になっていることがどのような位置付けになっているのか?」
という意識で、現代史を考えるのは、非常に面白いなぁ。と本書を読んで思いました。

以下、本書の筋を元に考えた内容です。

戦後、小さな政府から大きな政府へ。政府支出は増大する一方。
税は経済の足枷になるので、福祉国家観→夜警国家観へ、
結果、国のガバナンス能力低下。そして、グローバル企業は興隆。
グローバル企業の進出は、文化の輸出である?(マクドナルド、日本式コンビニ…)
でも、現地で、汚職とか環境問題を起こす。
各々の国のガバナンス能力が低下してる?って原因の一因もあるし、
そもそも国を跨いでいており、各々の国で解決できる問題じゃない。
何らかの国を跨ったガバナンス機関が必要で、グローバルな問題解決機関が求められる。
NGOとかの国を跨いだ機関に特徴なのは、必ず何らかの「目的」があること。
国ごとの意識単位から、目的意
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック