Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,058
(税込)
ポイント : 10pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[戸川猪佐武, 早坂茂三]の歴史劇画 大宰相 第一巻 吉田茂の闘争
Kindle App Ad

歴史劇画 大宰相 第一巻 吉田茂の闘争 Kindle版

5つ星のうち 4.5 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,058
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 193

紙の本の長さ: 534ページ 歴史劇画 大宰相 第一巻 吉田茂の闘争と類似の本

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

敗戦、GHQによる日本占領が始まった……。幣原喜重郎内閣打倒後、総理と目されていた鳩山一郎は公職追放され、昭和21年5月、吉田茂が総理大臣に就任。以後、脈々と続く「吉田学校」の始まりだった。党人派と吉田派の仁義なき闘いの幕が切って落とされた。戸川猪佐武のベストセラー『小説吉田学校』を、劇画界の巨匠さいとう・たかをが描いた、傑作戦後日本史全10巻!

著者について

【さいとう・たかを】
1936年、大阪府出身。1955年、単行本『空気男爵』で漫画家としてデビュー。1960年、(株)さいとう・プロダクションを設立。映画的手法を取り入れた独自の作風によって「劇画」のジャンルを確立した。1976年、『ゴルゴ13』で小学館漫画賞受賞。近著に、『劇画武田信玄』『鬼平犯科帳』『水滸伝』『サバイバル』などがある。日本漫画家協会理事。
【戸川猪佐武】
1923年、神奈川県に生まれる。早稲田大学政治学科卒業。読売新聞社政治部記者を経て、政治評論家として活躍。1983年、死去。『小説吉田学校』は戦後政治を生々しく活写し、ベストセラーとなった。


登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 422976 KB
  • 紙の本の長さ: 538 ページ
  • 出版社: 講談社 (1999/7/20)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B010AY16H6
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
善い悪い、好き嫌いは別にして政治の真髄が描かれている。いまも昔も変わらないことが良くわかる。これを読んで今の政治を傍観すると、今まで見えてたものより少し奥が見えるようになった気がする。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
戦後日本がどんな人に動かされたのか、が良くわかる本。シリーズ通しで中学受験、高校受験、大学受験、公務員試験の前に読んでおいた方がいいマンガです。
また、政治に興味があるという人も、一読した方がいいのでは、と思います。政治家の人となりや、なんでこんなことしたんだ?という舞台裏がわかるようになります。あくまで1つの解釈ですけれど。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 問題がないとはいえませんが、日本で今の豊かさを享受できるのも吉田茂をはじめとした確固たる信念を持つリーダーがいたおかげかもしれません。本書は、日本現代史の参考書としても優れていると思います。500ページ以上の中に、複雑に絡み合う人間模様と当時の世情を、絵で一気に読み解かせるので、やや頭が混乱しつつも読ませてしまう迫力があります。一巻は、GHQ、政党間の軋轢をやり過ごしつつ、吉田茂のワンマン体制が築かれるまでの話がメインですが、佐藤栄作と池田勇人の確執をはじめ、平行して若かりし田中角栄、中曽根康弘、宮沢喜一などが次第に頭角を現しつつある状況を追っているのも面白いと思いました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
舌禍にしてもスケールが違う。昔の政治家の大きさと今の政治家のお粗末さを比べると情けなくなってしまう。これは戸川猪佐武氏畢竟の大作「小説吉田学校」をさいとうたかをプロが劇画化したもの。人物の描き分けに少々難があるものの、この1巻ではそれらが気にならないほど登場人物が活写されています。戦後政治のスタート地点を実にわかり易く絵解きしてくれる本作は今の日本を生きる私たちに何かを与えてくれます。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 螺旋巻鳥 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2005/6/13
形式: 文庫
漫画という範疇を超えたダイナミズムで戦後日本の政治史を描く書籍である。日本の政治制度はどのようなプロセスで形作られてきたのか、そ
して、55年体制と呼ばれる政治体制はどのような経緯で成立したのか、
その背景を「体感」できる内容である。
中学や高校で習う歴史は、往々にして江戸時代で終了し、戦後史にまで踏み込むことは非常に珍しいと思われるが、現在に至るまでの過程を
「歴史」と捉えるのであれば、戦後史はその最後を飾る重要なパーツである。
本書は、戦後史を「歴史」として学ぶことのなかった若い人々に読んでもらいたい。戦後政治を作った人々の希望と現実をリアルに知ることが
できるはずである。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
シリーズを通じて、自民党が良くも悪くも、最も活気に満ちていた時代を描いている。この時代の自民党(自由党時代も含む)は、実に多様で人材豊富だったことがわかる。政権を獲得するために各派閥が行った虚々実々のかけひきは、教科書や専門書には書いていない生の政治の世界の一端をかいま見せてくれる。豊富で多様な人材と、政権への意欲が相まって長期政権を担い続けたのかな?という気もする。この続編も読んでみたい気もするが、中曽根政権以降、人材が小粒になった感は否めないので、これほどの面白みはないかもしれない。北方領土はなぜいまだにあの状態なのかがわかるし、昨年なぜ自民党が政権を失ったのか?のヒントがあるかもしれない。読んでみる価値あり。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover