¥ 720
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
歴史人4月号 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

歴史人4月号 雑誌 – 2017/3/6

5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
雑誌, 2017/3/6
"もう一度試してください。"
¥ 720
¥ 720 ¥ 700
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 歴史人4月号
  • +
  • 歴史人3月号
  • +
  • 歴史街道 2017年 03 月号
総額: ¥2,120
ポイントの合計: 82pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

特集:上杉謙信は、なぜ天下を狙わなかったのか?
信長、信玄が恐れ「義」に生き抜いた軍神
「謙信と信玄」本当はどちらが強い?
謙信が描いた「義」の真実と天下への夢とは
理想と現実で苦悩した謙信の実像とは
軍神謙信の全合戦解説! その強さの秘密に迫る
『天と地』から『風林火山』まで メディアに描かれた謙信
上杉家に受け継がれた『義』の血脈を巡る


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: ベストセラーズ; 月刊版 (2017/3/6)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B06WLM48XR
  • 発売日: 2017/3/6
  • 商品パッケージの寸法: 28.4 x 21 x 0.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

「 (謙信の)その49年の生涯は戦いに明け暮れしたが、
侵略のための戦いは一度もなかった。
すべてが『義』をつらぬくための戦いであった 」

と、花ヶ前盛明氏が書けば、外川淳氏は

「 義を貫こうとした謙信の生き様は、
今も多くの人々に感銘を与え続けている 」としながらも、
別のページで
「 だが、越中や能登に侵攻した謙信に正義はなく、
戦国大名が抱く領土拡張の本能に従ったに過ぎない 」と記しています。

面白いですね。




さて、今回の主役は上杉謙信。
いつも「 歴史人 」では、武田・上杉・北条・今川は
ほとんどセットで出てくるので、
自分なんかは戦国・ジャッカー電撃隊と思っているのですが(4人というだけで)、
謙信単独の号は珍しいです。
過去、7年近く通読していますが、ちょっと記憶がないくらいに珍しいです。



「 謙信VS信玄 『本当はどちらが強い!?』 」では、
政治・外交・軍事力・戦術・戦績・家臣団・版図・内政手腕を比較し、

「 義将・謙信像はいつ、誰が定着させ、いかに描か
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
上杉謙信特集という事で楽しみにしていたのですが
先に謙信特集だった歴史街道を見たこともあり
ワクワクとした気分のまま読んでしまって
浮き沈みが大きかったです。
ボリュームがあって見応えはあるけどどうも内容が・・・という感じで
面白い記事もある事はあるのですが

・上杉謙信の義と天下構想
・その強さの秘密に迫る
・名門上杉家に連綿と流れた義の血脈を読み解く
・上杉謙信の謎を解く(謎12は除く)
これらの記事は良かったです。

時に謙信公の女性説について
否定したい気持ちもありますが
その為に謙信を衆道を専らとする武将と見做すのは
いささか強引な解釈ではと思います(ロリコンについてもも)。
前久の手紙は将軍と関白が謙信のいない中、華奢な若衆を集めた席で
大酒を楽しんだ際に交わされた話なので信憑性が薄いと思います。

どちらかというと、本当はどちらが強い!?記事は
武田信玄特集時に持ってくる記事であると思いました。
それと、甲陽軍鑑をただのフィクションとしているのは流石にどうかと思います。
実在しないと言われた山本勘助は実在してますし。
後、戦績は統計
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告