残り19点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、産学社エンタプライズ が販売、発送します。
¥1,760 + ¥ 262 配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 コズチ
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 06年発行、多少の使用感あり、表紙カバーにコスレあり、帯なし。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


歩行と脳 単行本 – 2006/8/28

5つ星のうち2.7 3個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1,760
¥1,760 ¥1,120

ブックマイレージカード
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 歩行と脳
  • +
  • 構造医学―自然治癒のカギは重力にある!
  • +
  • 構造医学事始―歩きと冷やしの診療奮戦記
総額: ¥5,940
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

生きる力と心もよう

毎日歩くことがいかに人間にとって生理的か、また強い心、健全な心を養う上でもいかに大切なことであるかを構造医学の観点からわかりやすく解説。脳の形成や血圧、心拍数の科学的定義など既成概念を払拭する独自の理論を展開するなかで、痴呆症や高齢者問題など身近な社会問題へも鋭いメスを入れる。

出版社からのコメント

“歩行の伝道師”がいま核心を語る !!

内容(「BOOK」データベースより)

“歩行の伝道師”が、いま核心を語る!!毎日歩くことがいかに人間にとって生理的か―脳の形成や血圧、心拍数の科学的定義など既成概念を払拭する独自の理論を展開するなかで、痴呆症や高齢者問題など身近な社会問題へも鋭いメスを入れる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

吉田/勧持
1954年、熊本生まれ。物理学者としてNASA(米国航空宇宙局)の高エネルギー研究に携わる。理学博士、医学博士、PhD.“Biomedical Science Doctor”、PhD.“Doctor of Field Science”(生物物理学)、日本構造医学研究所所長、構造医学研究財団主幹、日本構造医学会理事長、地球環境問題医療者会議議長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 160ページ
  • 出版社: エンタプライズ (2006/8/28)
  • ISBN-10: 4782520654
  • ISBN-13: 978-4782520659
  • 発売日: 2006/8/28
  • 梱包サイズ: 21.2 x 15.2 x 2 cm
  • カスタマーレビュー: 5つ星のうち 3.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 92,633位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち2.7
評価の数 3
星5つ
34%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ
33%
星1つ
33%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2016年2月21日に日本でレビュー済み
形式: 単行本
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2011年1月24日に日本でレビュー済み
形式: 単行本
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2009年3月11日に日本でレビュー済み
形式: 単行本
24人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告