歩いても歩いても [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

歩いても歩いても [DVD]

5つ星のうち 4.3 69件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:13¥ 2,750より 中古品の出品:11¥ 1,500より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 歩いても歩いても [DVD]
  • +
  • 誰も知らない [DVD]
  • +
  • そして父になる DVDスタンダード・エディション
総額: ¥8,593
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 阿部寛, 夏川結衣, YOU, 高橋和也
  • 監督: 是枝裕和
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2009/01/23
  • 時間: 150 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 69件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001I93IEM
  • JAN: 4934569632746
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 22,736位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

是枝裕和監督(「誰も知らない」「花よりもなほ」)、最新作
家族のことを想う時、何度でも観たくなる映画です。
阿部寛、夏川結衣、YOU、樹木希林、原田芳雄ら豪華競演によって描かれる極上の“ホームドラマ”


初回特典 特製ボックス

初回封入特典 特製ブックレット(16P)、特製フォトシート(6P)、イラストポスター

毎回映像特典 メイキング(28分)、特報、予告編



日本語・英語字幕付(ON・OFF可)
※初回特典は数に限りがございますので、ご注文はお早めにお願いします。
※初回限定版をご希望の場合、単品でのご注文をお願いします。他の商品とあわせてご注文されますと、それらの商品の発送可能時期によりましては、初回特典付をお取り置きできない場合がございますので、ご了承ください。

【内容】
夏の終わりに、横山良多は妻と息子を連れて実家を訪れた。
開業医だった父とそりのあわない良多は失業中のこともあり、ひさびさの帰郷も気が重い。
明るい姉の一家も来て、横山家には久しぶりに笑い声が響く。
得意料理をつぎつぎにこしらえる母と、相変わらず家長としての威厳にこだわる父。
ありふれた家族の風景だが、今日は15年前に亡くなった横山家の長男の命日だった…。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『誰も知らない』の是枝裕和監督が原作・脚本を手掛けるホームドラマ。良多は妻と息子を連れて実家を訪れる。時を同じくして姉の一家も帰省し、横山家には久しぶりに笑い声が響くが…。主演の阿部寛、夏川結衣はじめ、樹木希林ら個性派キャストが共演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
評価が低い人のレビューを読んだので書かせていただきます。
評価と言うのは人それぞれなのであまり参考にしすぎてはいけません。
ですから作品自体を否定するのではなく、作品と自分の感性との対比をレビューしてほしいものです。
頭ごなしに否定しても下品ですし、内容がとぼしいです。

この映画は日本の家庭をリアルに描いています。その中でノスタルジーに浸れるセリフやカットが含まれていて日本人のアイデンティティを刺激します。
家族ならではの心の動きや、大人ならではの汚さ。その合間に子どもの自由と自由さゆえの残酷さも描かれています。また、ゴンチチのBGMも素晴らしいです。

ハリウッドのような分かりやすさや単純な爽快感を求める映画ではありません。映画という娯楽でありながら色々と考えさせてくれる人生の教材のような映画です。

淡々と普通の生活をただ描いている。という評価もありますがそれは感性の問題でしょう。
私にはセリフもカットも美術も非常に作りこまれていて感じることが多かったです。
流しながら観るのではなくて感じようとして。是非たくさんの人に観てもらいたい作品です。
2 コメント 131人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
歩いても、歩いてもは苦い映画である。しかし、その苦さは小気味よい。家督を継ぐべき息子を失った上、次男に出奔された親と、親の期待に応えられなかった子の、決して理想的とはいえない、しかしそれでいて濃密な関係が、姉一家や兄の死と関わった人間とを巻き込んで繰り広げられる。決して喜劇ではない。かといって悲劇でもない。ひとつには自分の両親と姉一家を通して、またひとつには妻と妻の連れ子を通して経験する、他人ではない家族だからこそ味わねばならない心理の機微。ユーモアとペーソス、時には残酷。この機微がもたらす主人公の心の揺れは、喜怒哀楽という感情とはまた別の次元で我々の心を揺らす。家族の中では正論というものは通用しない。あくまでも当人らの「普通」の感覚がすべてを支配してしまう家族の濃さ。自分の親が健在なら健在なりに、もし故人であれば、残された子としてさらに深い感慨を持って見ることができるだろう。そして自分なりの感慨を抱くことができることこそがどれだけ幸せなことであるかに、はたと気づく映画でもある。
コメント 111人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この作品の素晴らしさは既に多くの方がじゅうぶんに説明しているみたいなので、いまさら私ごときが付け加えることもないのですが、ふと思ったことをひとつだけ・・・。
主人公(阿部寛)の母親(樹木希林)が、とある関取の名前を思い出そうとしてなかなか思い出せないというくだりがあります。その後も何度か思い出そうとするも、結局できずじまいなのですが、物語の終盤、実家をあとにした阿部が帰り道のバスの中(?)でその名を不意に思い出します。そしてひとこと「いつも、ちょっとだけまにあわないんだよな・・・」と、しみじみ呟くのですが、実はこのひとことにこそ監督がこの作品で伝えたかった思いが凝縮されているのではないでしょうか。
とうに死んでこの世にはいない長男の影を追い続ける両親を嫌悪しながらも、そんな彼らを大らかな心で
受け入れられない、受け入れようとしない自らの狭量さを恥じてもいる。多かれ少なかれ人はそんな葛藤を
抱えて生きていくわけで、なんとかうまく折り合いをつけようとしてもがき苦しんだりもするのだけど、
やっと正解にたどりつくころにはもう・・・というのは多くの人が経験していることだと思います。
 「いつもちょっとだけ間に合わないんだよな」このひとことには、大いにみにつまされました。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
トラン・アン・ユン監督の「夏至」を思い出しました。

三人の孫達がピンクの花に手を伸ばす手だけのシーン、母娘で料理をする時の手元のシーン、などなど……映像が美しいです。

平凡に見える日常には、なんと沢山の秘密や毒が潜んでいることか、と あらためて実感。

樹木希林さんが、何十年も前の夫の浮気をサラッと責める、長男が亡くなる原因となった青年をにっこり微笑みながらいつまでも縛り付ける…心の傷の深さが伝わって来ます。

原田芳雄さんは、亡くなる三年前の作品だそうですね。
亡くなる前年だかのNHKテレビドラマ「火の魚」の、年老いて病を抱える老作家役も、素晴らしかったです。

ドキュメンタリーかと錯覚しそうです。

ただ1つ気になったのが、次男の義理の息子が夜中に一人庭で 将来の夢を呟くシーン。
何故だかあそこだけ「あ〜これはセットなんだなぁ…」と、夢から覚めたように感じてしまいました、ちょっと残念。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す