中古品
¥ 28
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

武闘派 三代目山口組若頭 (講談社+α文庫) 文庫 – 1999/9/20

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 3,465 ¥ 28
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「ピス健」「二丁拳銃の健」「いけいけの健」と若い頃あだ名され、鶴田浩二襲撃事件、福岡事件、大阪戦争など、数々の山口組抗争史に名を残す三代目山口組若頭・山本健一。
「日本一の親分(ドン)」田岡一雄の「日本一の子分」をめざし、その後継者として山口組四代目を目前に他界した伝説の極道の、剛毅にして繊細、波瀾万丈の生涯を、関係者の証言と緻密な取材で描く。
溝口敦の山口組シリーズ第3弾。

内容(「BOOK」データベースより)

「ピス健」「二丁拳銃の健」「いけいけの健」と若い頃あだ名され、鶴田浩二襲撃事件、福岡事件、大阪戦争など、数々の山口組抗争史に名を残す三代目山口組若頭・山本健一。「日本一の親分」田岡一雄の「日本一の子分」をめざし、その後継者として山口組四代目を目前に他界した伝説の極道の、剛毅にして繊細、波瀾万丈の生涯を、関係者の証言と綿密な取材で描く。溝口敦の山口組シリーズ第3弾。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 388ページ
  • 出版社: 講談社 (1999/9/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062563819
  • ISBN-13: 978-4062563819
  • 発売日: 1999/9/20
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 77,442位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
親分の為に私事を挟まず身を投げ出して最後まで尽くし、窮地であろうともそれを
周囲に決して見せず、重責を担う若頭として常に威厳を保つその男気に感銘を
受けました。

400ページもあって読み応えはかなりの物で、親分の次に凄い子分の人となりから
抗争の一部始終まで全て関係者の証言で綴られており、またそれが関西弁なので
リアルに雰囲気が伝わってきます。

武闘派のイメージとは裏腹に、組の運営等、事に及んで極めて慎重な振る舞いや
意外にも恐妻家の夫婦における仕事と家庭の両立といったエピソードも数多く
盛り込まれていて興味深いです。

当人の人生観、家庭観などは堅気の人にとっても純粋に"男"として参考になる所も
あるかと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
非常に楽しく読めました。

伝説の日本一の子分、山健の生涯がここに詳しく描かれていました。
この本は、実に波乱万丈かつ豪快な生涯を必死で生きた男の伝記ですね。
山健という人物と、菱というやくざの世界がよくわかりました。
カタギのわたしには想像もできない厳しい世界のようですが、だからこそでしょうか。
この本に描かれていた特殊な世界での特殊な出来事の数々は、わたしには魅力的にうつってしまいました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本書は、1989年に刊行された『雲を駆ける奔馬 三代目山口組若頭
山本健一の生涯』に、一部訂正・加筆のうえ文庫化したものである。

現在、日本最大のヤクザ組織として知られる山口組だが、その礎を
築いたのは、間違いなく、三代目山口組組長の田岡一雄である。
この稀代の親分を心から慕い、その日本一の子分になることを目指し
たのが、三代目山口組の若頭をつとめ、山健組を立ち上げた山本健一
である。

本書は、山本健一の生涯を、関係者の証言と綿密な取材でえがき出し
た、400ページ近くにおよぶ充実のルポルタージュである。

大正14年に神戸で生を受け、強い気性を当時から持ちながらも成績
優秀で小学校時代を過ごし、大阪の電気学校へと進む。そして、戦争
による混乱が続く情勢の中で、次第にヤクザ組織との付き合いを深め
ていく。
山口組に入ってからは、鶴田浩二襲撃事件、福岡事件、広島戦争、大阪
戦争など、数々の抗争史に関わり、武闘派として名を残すことになる。
そして、四代目山口組組長に一番近いところにいながら、田岡の死を
追うようにして、肝硬変で命を閉じた生涯。

地道行雄、菅谷政雄、山本広ら他
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
現在の山口組の最前線で組の拡大に寄与した最大の人物。
今にない情勢に前向きな態度が男らしい・
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告