通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
武術の身体論 同調と競争が交錯する場 がカートに入りました
+ ¥257 配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ブックス橘屋
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー上部に微ヨレがあります、特に問題なくきれいです。しっかり梱包、迅速に発送します。よろしくお願いします。s12
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

武術の身体論 同調と競争が交錯する場 (日本語) 単行本 – 2019/6/26


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2019/6/26
¥3,300
¥3,300 ¥2,806

本まとめ買いクーポン
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

大相撲は行司の軍配に合わせて蹲踞(そんきょ)の姿勢で仕切り、両力士が互いに呼吸を合わせて立ち合って(同調)、力と技をぶつけ合う(競争)。
剣道も蹲踞で向かい合って切っ先を合わせてから(同調)、文字どおりに「つばぜりあい」を繰り返しながら打ち合う(競争)

著者はそれらを「同調」と「競争」と規定して、「同調」と「競争」とを二重に備える身体の潜在的なはたらきとはどういうものなのか、身体の二重性をどうやって利用すれば自分に有利になるのか、を身体論はもちろんのこと、歴史的な指南書も参照しながら考察する。

自分が主体になって相手=敵にはたらきかけ、力づくでねじ伏せる技術とは対極にある武術独特の技術を、引退したイチローや体操の内村航平なども例にしながら分析して、「柔よく剛を制する」武術のダイナミズムを解説する。

目次



はじめに

第1章 「同調」を取り入れた戦い方
1 大相撲の立ち合いが示す「同調」と「競争」の交錯
2 剣道の「間合い」と同調――エントレインメントのなかで生じている身体の関係性
3 伝統芸能にみる「同調」と「競争」――極限まで同調したうえでの対立

第2章 剣術における「同調」と「競争」の戦略的展開
1 捨て身――潜在的な「同型同調」による「読み」を最大限にする戦法
2 敵に随ひて勝つ――柳生新陰流「転」にみる「応答同調」の様相
3 「彼我一体」をめぐる技術

第3章 「水月移写」にみられる身体感覚の二重性――同型同調から応答同調への転換
1 「懸待」が示す身体感覚の二重性
2 「水月移写」における放心作用と身体感覚の二重性
3 「母月」と「子月」の関係性
4 「水月移写」の背景的メカニズム
5 ミラーニューロン――敵の動きを自分のうちに写し出す
6 自在無碍な応答同調への転換のメカニズム
7 放心作用の様相に基づいた剣術の分類
8 「気」と「身体感覚」の問題

第4章 柔術――身体的関係性を操作する
1 敵に随応して勝つ
2 「相気」という関係性(エントレインメント)をはずして勝つ
3 戦いの具体的様相――本覚克己流を例に
4 身体的関係性の遮断・攪乱

第5章 剣術における「精神修養」の目的化――剣道界の自己矛盾
1 剣術衰退・復興のなかであらわれた「精神修養説」
2 戦争との関連を強めていく剣術――実戦技術として、心身鍛練として
3 「死ぬ覚悟」を養う鍛錬としての剣道
4 伝統武道から新武道へ
5 剣道界の自己矛盾

終 章 研究の要約と敷衍
1 身体の潜在的作用
2 同調を重視する競技文化としての将棋・囲碁
3 連(つらなり)のなかで
4 「同調」的要素はスポーツにおいてどう組み込まれるか

あとがき

内容(「BOOK」データベースより)

武術では互いに呼吸や動きを合わせて立ち合い(同調)、力と技をぶつけ合う(競争)。それら同調と競争とを二重に備える身体の潜在的なはたらきと、その二重性をどうやって利用すれば自分に有利になるのか、を身体論はもちろんのこと、歴史的な指南書も参照しながら考察する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 240ページ
  • 出版社: 青弓社 (2019/6/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4787234552
  • ISBN-13: 978-4787234551
  • 発売日: 2019/6/26
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 1.5 x 21 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 136,857位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう