通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
武術と医術 人を活かすメソッド (集英社新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■書き込みやマーカー等の線引きはございません。■ページやカバーは、中古のため多少のスレ、ヨレ、ヤケ、折れ、細かな傷があることがありますが、全体的に良好です。■商品によってはAmazonの商品画像と異なる場合があり、発行年月日や翻訳者が違う場合がございますので事前にご連絡をください。また、帯は付帯していない場合がございますのであらかじめご了承ください。■ご注文確定後48時間以内に発送いたします。■発送は原則ゆうメールとなります(配送方法はAmazonの規定に沿って発送いたします)。※【返金返品について】商品の状態は確認しておりますが、万が一見落とし、配送時のトラブル等の不都合がございましたらAmazonの規定に準じて誠意を持って対応させていただきますのでご連絡ください。なお、コンディション、配送並びに返金返品につきましては事前にAmazonのヘルプページをご確認ください。【特記】ゆうメール(日本郵便)は日祝配送休み、追跡番号はありませんのでご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

武術と医術 人を活かすメソッド (集英社新書) 新書 – 2013/6/14

5つ星のうち 4.3 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 35

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 武術と医術 人を活かすメソッド (集英社新書)
  • +
  • 古武術の発見―日本人にとって「身体」とは何か (知恵の森文庫)
  • +
  • 「筋肉」よりも「骨」を使え! (ディスカヴァー携書)
総額: ¥2,614
ポイントの合計: 82pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

現代文明への疑問から武術に解決の道を求めた甲野善紀氏。
西洋医学偏重の医療界に疑問を持ち、代替医療を視野に入れた統合医療の道を進む小池弘人医師。
対談を通じ、人を活かすためのメソッドを提言。

池田清彦氏(生物学者/早稲田大学教授) 推薦!
「個に立脚した多様性とは何か! 生身の人体を鋭く観察している二人の達人が対峙したスリリングな対談」

内容(「BOOK」データベースより)

経済を優先するあまり、自然環境のみならず伝統的な人間のつながりをも破壊する現代文明への疑問から武術の世界に身を投じた武術研究者、甲野善紀。一方、西洋偏重の医療界に限界を感じ、代替医療を選択肢に入れた統合医療を実践する医師、小池弘人。この二人が、科学、医療、スポーツ等における一方的な「正統性」を懐疑し、人を活かすための多様なメソッドを提言する。特定の見方、方法論の呪縛を離れ、虚心にリアルな生に向き合う事で、自分自身にとっての人生の「最善手」が見えてくる。武術と医術の叡智が交錯するスリリングな対談。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 256ページ
  • 出版社: 集英社; 新書版 (2013/6/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087206939
  • ISBN-13: 978-4087206937
  • 発売日: 2013/6/14
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 99,783位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
この本に登場する人たち。
植芝盛平、鹿島神流国井善弥、双葉山、野口晴哉・裕之、千代鶴是秀、桜井章一、甲田光雄、江部康二、バックミンスター・フラー、ブラジリアン柔術、ピダハン、北斎漫画、千葉周作、大本、肥田春充、松林左馬助、大倭紫陽花邑の矢追日聖など二分割思考ではないという共通項がある。

理論的には何故有効かは全然分からないが抜群の効果を発揮する親指と人さし指を拮抗させた形に指を組み、前腕を内旋と外旋が拮抗する状態にすると突然、脚部の力が強くなる「虎拉ぎ」。
親指を強く他の四指に対抗して直角に曲げることで、小指のラインにブレない力線のようなものが生じて出す力が尖ってき力が一転に集中する「角成り」。
このように、手指の形によって身体の動きが劇的に変わる方法は現代武道には殆んど伝わっていない。
これらは、この本のキーワードでもある。

二人の対話は思いの外かみ合っていていい仕上がりとなっている。
近代文明は、幾多の技術を生んだが医学や栄養学には多くの問題がある。それは、光と影といってもいい。
しかし、変えようとすると専門家と言われる人たち(既得権益者)のもの凄い抵抗がある。そしてその多くはメンツなどの感情的なものである。
しかし、未知は目の前に開かれている。
興味深い
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
武術の探究を通して人間を探求する甲野氏と、その武術の教え子であり、医者である小池氏との対談。
対談はうまく噛み合っており、師匠である甲野氏を立てながらも、しっかりと主張する小池氏といった感じ。
お互いの信頼感の中で、これからあるべき人間の姿を模索していく。
各章毎にしっかりと注釈もあり、対談なので読みやすいと思います。

ただし、対談でありがちな、初歩的なところを話すだけで、表面的になってしまうところも散見された(他の対談に比べて中身は濃い方だと思いますが)。また、従来通りの代替医療への見方を超えていない気がする。
残念ながら、代替医療への偏見や頼りなさを払拭するにはボリューム不足で、甲野氏は自らの食事体験を語りながらも、今はそれをしていないなど、いくつか矛盾もあって、いったいどうなの?という疑問も残る。ぜひとも次回はこの話をベースにした上で、深いところの話しもしていただきたい。

個人的な希望としては、代替医療は怪しいものと怪しくないものがあるが、その辺ごっちゃにして全部ひっくるめて語ると、結局信じるか信じないか、宗教的な話になる。そうではなくて、もっと信頼感のあるものを代表にしながら語ってほしかった。そうしないと、代替療法への偏見はいつまで経ってもなくならいからである。

とりと
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
統合医療という西洋医学に代替医療をあわせて患者中心に治療する考え方はあまり馴染みがなかったのですが、もっと知りたいと思いました。
また、甲野先生の本としては久しぶりでしたが、個人的には技術・理論本よりも面白いと感じました。
お勧めの一冊です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
統合医療=代替医療と思われがちな今、統合医療の定義や本質を分かりやすく、明確に書かれている。
全てを解明することは到底できない人体の不思議を武術と医術の切り口で探究されている著者達に賛辞を送りたい。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
統合医療という耳慣れない医療方法について、初心者でもわかるように説明がなされていて、その点はよかったです。

ただ、対談の両者とも、あくまで自分の意見であり、考え方であり、それを他人に押し付けようとはしていない。
かくあるべきとは言っていない。
つまり、”べき論”ではないわけで、それが好感の持てる点でもあり、同時に、書籍としてのインパクトにいまひとつ欠ける点でもあります。
本書を読み終わって、
「ん? 結局、なんだったんだ?」
と物足りなさを感じた原因がそれであろうかと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告