中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

武神の階〈上〉 (角川文庫) 文庫 – 2006/12/22

5つ星のうち 2.7 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

百戦して百勝。越後の虎、上杉謙信の生涯!
14歳の初陣を大勝で飾った長尾景虎は、指揮官として非凡の才を発揮、やがて越後統一に成功する。人望は高まり、武田氏や北条氏の圧迫を逃れた諸将が景虎に庇護を求めた。世に名高い、川中島の戦いが幕を開ける!

内容(「BOOK」データベースより)

下剋上で越後を支配した父・長尾為景の死から七年、元服した景虎は、地侍の反抗を制圧するため栃尾城に出陣した。一糸乱れぬ用兵で大勝を収め、十四歳にして指揮官として非凡の才を発揮する。毘沙門天の化身と恐れられるようになった景虎は、兄に替わって長尾家を継ぎ、春日山城に入った。名実ともに越後国主となった景虎に、宿敵・武田信玄との対決の時が迫る。乱世に、至誠を貫いた聖将・上杉謙信の生涯を描く戦国歴史巨編。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 379ページ
  • 出版社: 角川書店; 新装版 (2006/12/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041713323
  • ISBN-13: 978-4041713327
  • 発売日: 2006/12/22
  • 梱包サイズ: 14.6 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 955,649位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
本作品は上下2巻組の上巻で,長尾景虎(上杉謙信)が家督を相続するあたりから第4回川中島の合戦までが収められている.
上巻では一貫して景虎を唯一絶対の英雄として描く.まさに軍神毘沙門天の生まれ変わりで,景虎の軍略は全て的中し,不敗のまま勝利を重ねてゆく.神懸かり的な強さを誇る姿は,景虎ファンにはたまらないものがあろう.作者の一貫した意志が伝わってくるストーリー展開は,喩えてみれば,連続テレビ時代劇かヒーロー漫画のようであり,白黒がハッキリしており読みやすい.個人的には,ゲームや漫画で謙信公ファンとなった方が,より深く謙信公を知るため手に取る最初の一冊に丁度良いのではないかと思う.
が,その反面,まさに時代劇や漫画が抱えるような,ストーリーの浅薄さを感じてしまうことも確かである.また,既に謙信公について造詣の深い方には,少々展開が単調すぎると感じられるかもしれない.
下巻では景虎がどのように表現されるのか,追ってみたい.

以上が上巻の感想である.それなりの面白さはある.
が,下巻が酷すぎる.上巻だけを読んだ時の感想は悪くないが,上下巻を通読してしまうと,作品全体としてはとてもお薦めできない.こういった形で上下巻になってしまっている本の評価は難しいが,個人的には上巻だけ読むか,最初から別の本を買うかのいずれかだと思う.
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 あにも 投稿日 2008/9/23
形式: 文庫
足利幕府を最後まで支えようとして、
正義の戦いを行った謙信。

戦って負けることはなく、勝って侵略することはない。
関東管領のもとに、各守護が割拠する状況を
再現させようと利益のない戦いを行った謙信。

一方の北条、武田は、侵略を繰り返し
着実に領土を広げていく。

領土を広げ家臣に利益を与えることを戦う目的とした
彼らに対し、謙信の戦いは美しい。
軍神と崇められたのは、
ただ強かったからだけではないと感じた。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
キッズレビュー 投稿日 2009/9/13
形式: 文庫
退屈で非常に面白くないです。
心沸き立つ描写も、物語の進行のメリハリもまったくなく、
ただ活字が並んでいるだけです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告