お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

武士道シックスティーン [DVD]

5つ星のうち 3.4 34件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,935
価格: ¥ 4,527 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 408 (8%)
この商品の特別キャンペーン まとめ買いで3,000円OFF 1 件

通常8~10日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 期間中にパナソニックの液晶テレビとDVD・ブルーレイソフトをまとめて買うと、合計金額から3,000円OFFに。詳しくはキャンペーンページをご確認ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • DVD商品2500円以上購入で買取金額500円UPキャンペーン対象商品です。商品出荷時に買取サービスでご利用いただけるクーポンをメールにてご案内させていただきます。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 武士道シックスティーン [DVD]
  • +
  • 武士道シックスティーン (文春文庫)
  • +
  • 武士道ジェネレーション
総額: ¥6,892
ポイントの合計: 72pt (1%)
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 成海璃子, 北乃きい, 石黒英雄, 荒井萌, 山下リオ
  • 監督: 古厩智之
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2010/11/03
  • 時間: 109 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 34件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003VGNC32
  • JAN: 4988013454927
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 31,809位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

主演:成海璃子×北乃きい
女子高生が弾ける、青春剣道ガールズムービー決定版!

若手女優のトップ、成海璃子×北乃きい主演作品!
書道ガールズ』『シーサイド・モーテル』の成海璃子と、映画『ハルフウェイ』歌手としても活躍中の北乃きい主演による剣道青春映画!
原作は話題沸騰中の誉田哲也による「武士道シックスティーン」(シリーズ累計30万部突破)。
「武士道セブンティーン」「武士道エイティーン」と3部作でシリーズ化&コミック化され話題に!

本作の公開に先立ってWOWOWが制作・放送したスペシャル・ドラマ『ブカツ道』同時発売!
成海璃子&北乃きいの2人が“部活動”をテーマに本作の古厩智之監督はじめ、様々なクリエイターとともにあらゆる役柄に挑戦したスペシャルドラマ!

“チャンバラダンスなんだよ お前の剣道は!”
“勝つためだけに剣道やってるの?それって寂しくない?”

3歳から鍛錬を積んできた剣道エリートの香織(成海璃子)は、とある大会で同学年の無名選手に負けたことが忘れられず、その選手を追って剣道の名門・東松学園に入学する。
しかし再会した因縁の敵・早苗(北乃きい)は、ほぼ実績ゼロ、剣道は楽しむのがモットーのお気楽少女だった!
失望しながらも強引に引っ張っていこうとする香織の姿に、次第に早苗は引き込まれていく。一方、香織も普通の16歳を生きる早苗を通して今まで経験してこなかった世界を知るようになる。
勝つことしか考えてなかった香織と、父親の事業失敗という経験から勝負に対して否定的な早苗。全く接点のなかった二人が剣道を通して出会い、ぶつかりそして成長していく。
剛と柔、対照的な2人は最高の好敵手になれるのか?

【DVD初回生産限定仕様】
■DVDオリジナル・チェンジング・スリーヴ数種類封入(予定)

【特典映像】
■メイキング特番 ■劇場予告編 ■「ブカツ道」予告(予定)

【スタッフ】
監督:古厩智之『奈緒子』『ホームレス中学生』
原作:「武士道シックスティーン」誉田哲也(文藝春秋刊)
脚本:大野敏哉 古厩智之
主題歌:Michi.「Together Again」(ソニー・ミューシ゛ック アソシエイテット゛ レコース゛)

【キャスト】
成海璃子
北乃きい

石黒英雄
荒井萌
山下リオ
高木古都

賀来賢人
波瑠

古村比呂
堀部圭亮
小木茂光
板尾創路

【DVDスペック】
カラー/MPEG-2/片面・二層/リージョン2/NTSC/16:9LBビスタサイズ

【音声】
1)オリジナル DOLBY DIGITAL 2chステレオ(日本語)

(C)2010映画「武士道シックスティーン」製作委員会

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

誉田哲也のベストセラー小説を成海璃子と北乃きい主演で映画化した青春ドラマ。とある大会で無名の選手に敗れてしまった剣道のエリート少女・香織は、その選手を追って名門・東松学園に入学。しかし、そこで再会した因縁の敵・早苗はお気楽少女で…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

主演二人はキャラクターもハマっていて文句なしです。

作品としては、軽い、と思います。
原作ファンとしてはどちらかというと残念な感じです。

原作が心理描写をがっつりやっている系統なので、映像のみだと説明不足が多いかな?と思いました。
あとは原作と設定を変えてある部分によって、色々辻褄が合わなくなっているのが非常に残念。(たとえば自宅道場なら公園のシーンはありえないとおもうわけです;)
他の方も書かれていますが、早苗の日舞のくだりがないのも、香織と父との関係もちょっと意味不明になってしまっている気がします。

あと、剣道のシーンが…
遠景固定アングルだと迫力も出ないし、より下手に見えると思う。とてもインターハイクラスには見えないのでこれはカメラアングルや演出で補うべきと思いました。

しかしながら、クライマックスにかけての名シーン。果たしあいや翌年の再会シーンなどはとても良かったです。

個人的には村浜先輩役を心配してましたが、少し細身なものの凛とした雰囲気でなかなか良かったと思います。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 ともぱぱ 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/12/10
この映画、中学大会で早苗がまぐれ(?)で敵なしの実力者・香織に勝ってしまうシーンが何とも空々しい(ねらわれた学園の弱いチームが勝ち進んでしまう場面を思い出す)等、つっこみ場所はいくつもある。

しかし、主役2人の輝きが多少の欠点を補っており、部活ものの青春映画として私は大好きだ。

特に成海璃子。試合での、面をつけたアップの表情や声の迫力。「道」ものを演じさせたら、ピカ一の若手女優ぶりを発揮している。そして本作では、「折れる心」探し、そして自分は父を喜ばせるための剣道ロボットではなかったのか、という内面の苦悩を湿っぽくなりすぎずに表現して新境地を見せる。

お山の大将ではなく好敵手がいてこそ成長はあるもの。早苗の中に眠っている才能を引き出すことが、剣道人生初の大スランプ脱出の決め手となる筋の運びが良い。前に出るだけでなく、時に後ろに下がって一人で悩むことも大切なのだ。

そして、早苗を演じる北乃きい。お気楽な少女が段々と勝負の本質をわかるようになる心の成長に説得力がある。

剣道の団体戦も結局は個人対個人。本作に関しては、その個人を好演した主役二人よければすべてよし、と私は評価したい。再会シーンの余韻に気持ちよく浸れる。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 ボヘミャー 殿堂入りレビュアートップ100レビュアー 投稿日 2015/4/12
この前に、「永遠のなんとか」とかいう愚作を見たので、
それよりは映画しているので好感を持った。
しかしこの監督には、致命的な欠陥がある。

以前、『ロボコン』を見たとき、夕日の海岸で少年たちが入り乱れてけんかするモブシーンがあった。
その中の男の子が笑っていた。明らかにエキストラという感じで、行為に興奮して笑ったのだろう。
しかしこのけんかのシーンで、笑いはあってはならない。
監督はそういうディレクションをしないか、重要視していない。

他のレビュワーの方も書いていたが、冒頭、なぜ軟弱女子が超硬派の剣道女子に勝てたのか。
映画では何の説明もない。ただ下段の構えをして、居付いたとなっているが、
普通ならすぐに面を打たれて1本負けする。ここに説得力がないから、映画の全体が成立していない。
公園での二人の決闘シーンも、本来なら、巌流島の武蔵と小次郎という言及もあるのだから、
かなり真剣なものになるはず。それが素人の面打ち練習が繰り返されるだけ。カメラはそれを阿呆のように引きながら撮っていく。
それだけ引くなら、もはや顔は見えないのだから、せめて代役ででも、真剣な打ち合いを見せるべき。

昼食時、「地べたに座って、にぎりめしをほおば
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
 原作と設定が異なるところも多々ありますが、主人公の描き方は忠実だと言えると思います。
 剣の道一筋だった自分自身に疑問を持ち始め苦悩する香織は、純粋に何かに打ち込んできた人特有の脆さ、ガラスの心を持っています。
 剣道部の顧問が、香織に「折れる心がわかるか?」と尋ねるシーンがありますが、「折れる心」とは何でしょうか?
 最近では「諦める・挫折」といった意味で使われますが、本来「心が折れる」とは「気持ちを相手側に曲げる」ということで、「譲歩する」という意味でも使われますよね。顧問が言ったのは、どちらの意味?挫折を知ること?譲歩すること?
 一方、早苗は、明るくマイペースで、勝負に固執しない。というか、勝負から逃げている。
 その二人が、自分にないお互いの長所を認め合い、ともに成長していく姿が描かれています。
 押しまくられてばかりの早苗が、香織をケーキバイキングやゲーセン、プリクラ、ショッピングに引っ張りまわす場面では、思わず笑みがこぼれました。
 残念なのは、早苗の父が悩む娘にアドバイスするシーン。原作でも、ちょっと頼りない父として描かれていますが、あの演技は如何なものか……。総じて、香織の兄和晴、岡巧、剣道部顧問など、俳優陣が今一つという感じでした。
 劇的な場面もないのですが、観たあとは清々しい気持ちになる青春映画です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。糖質制限 食品

関連商品を探す