武士の家計簿(初回限定生産2枚組) [DVD] がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,399
通常配送無料 詳細
発売元: くじらRecords【土日祝日も休まず発送しまッス!!】
カートに入れる
¥ 3,400
通常配送無料 詳細
発売元: はるよしストア(prime送料無料、24時間配送対応)
カートに入れる
¥ 3,450
通常配送無料 詳細
発売元: 株式会社高木屋
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

武士の家計簿(初回限定生産2枚組) [DVD]

5つ星のうち 3.9 77件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 3,399 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,677 (33%)
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 武士の家計簿(初回限定生産2枚組) [DVD]
  • +
  • 武士の献立 [DVD]
  • +
  • 超高速! 参勤交代 [DVD]
総額: ¥8,086
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 堺雅人, 仲間由紀恵, 松坂慶子, 中村雅俊, 草笛光子
  • 監督: 森田芳光
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen, Import
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: 松竹
  • 発売日 2011/06/08
  • 時間: 129 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 77件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B004Q9UCAE
  • EAN: 4988105062689
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 55,222位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

刀ではなく、そろばんで、家族を守った侍がいた
森田芳光監督、堺雅人主演で贈る、<家族>の物語
原作『武士の家計簿「加賀藩御算用者」の幕末維新」
<ストーリー>
幕末から明治。激動の時代を智恵と愛で生き抜いたある家族がいた-
代々加賀藩の御算用者(経理係)である下級武士の猪山直之(堺雅人)は、稼業のそろばんの腕を磨き出世する。しかし、親戚つき合い,養育費、冠婚葬祭と、武士の慣習で出世のたびに出費が増え、いつしか家計は火の車。一家の窮地に直之は、”家計立て直し”を宣言。家財を売り払い、妻のお駒に支えられつつ、家族一丸となって倹約生活を実行していく。見栄や世間体を捨てても直之が守りたかったもの、そしてわが子に伝えようとした思いとは-。世間体や時流に惑わされることなく、つつましくも堅実に生きた猪山三世代にわたる親子の絆と家族愛を描いた物語。
<初回限定特典 DISK>
●メイキング
●未公開シーン集
●イベント映像集
●予告編・ TVスポット集
<初回限定封入特典>
ポストカード2枚
*初回限定版は数量に限りがございますので、注文はお早目にお願い致します。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

堺雅人と仲間由紀恵主演で贈る、激動の時代を乗り越えた下級武士一家の家族愛を描いた時代劇ドラマ。代々加賀藩の経理係を務める武家に生まれた直之は、周囲から“そろばんバカ”と揶揄されながらも実直に働き、家族を養ってきたが…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
原作は読んでいませんが、金沢に3年ほど住んでいたことがあり、それだけで親しみを感じます。
内容はちょっと異色の時代劇で、こういうタイプの時代劇ははじめて観ました。

他のレビューでも書かれていますが、パッケージの印象と内容がだいぶ違いますね。
パッケージはちょっとコミカルな内容を予想させますが、中身はていねいに作られた上品かつまじめなホームドラマです。
例えば題字もパッケージと本編で全く別のものが使われていて、僕は書に少し関心があるのですが、本編の題字はとても品があって印象に残りました。

物語は地味ですが、江戸時代の武士の仕事や暮らし、きれいな着物やいろいろな品物、家族の愛情など、いろいろ楽しめるところがあって、観ていて暖かい気持になります。
松坂慶子さんはかなりふっくらされてますが、それも魅力になっていて、今なおとても可愛らしく美しい方ですね。こんな女優さんは他にはいないと思います。
堺雅人さんも適役で、最近話題になったテレビドラマは観ていませんが、いい俳優さんですね。

淡々とした語り口の中に、ときおり、森田監督の個性であるユーモアも味わえます。
惜しくも早逝された森田監督の「晩年」を飾るにふさわしい、立派な作品だと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/4/1
形式: DVD
原作は、発売されてすぐに読みました。
幕末の武士の暮らしぶりを知りたかったんです。明治維新の偉業は繰り返しドラマ化されていますが、普通の人々にとって、ご維新はどのようなものであったのか、興味ありました。
この作品は、その原作を”元”に作られています。今で言う経理部門にあたるでしょうか、その親子三代を描きます。
彼らの生き様を見ていて、企業に勤めるサラリーマンと非常に似通っていたことを感じます。
日本人の働き方の原点がそこにあるようです。
そして、刀のかわりに算盤をお家芸として黙々とこなしてゆく侍の姿に気持ちが入り込む部分があります。
一般的、普通の人の暮らしぶりを再現するという地味なテーマですが、それを飽きさせずに見せてくれるのはスタッフ、キャストの力量でしょう。
胸温まる良い映画でした。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 望都 VINE メンバー 投稿日 2011/5/3
形式: DVD
大分以前に原作を読んではいたものの、小説でもノンフィクションでもない一種の歴史書でしたので正直どのように映像化がされるのか、大いに関心がありましたが、さすがは森田芳光監督、きっちりとした「ファミリー時代劇」に仕上げて、楽しませてくれました。

キャストではやはり、軟弱な経理マン(いや算盤役)でありながら、節目節目で武士としての矜持と家長としての統率力を発揮する役柄を好演した堺雅人さんが秀逸でした。父と子の対立そして和解というモチーフも上手く活かされていたと思います。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Doc.T. VINE メンバー 投稿日 2011/4/8
形式: DVD
 江戸中期より商人がめきめきと台頭し、将軍家は元より全国津々浦々の大名家が火の車であった江戸後期、陪臣も当然のように尻に火がついていた。そんな中のある武士の家庭を描いている。
 現代でいうところの会計士にあたる主人公は家の負債を減らすべく、恥も外聞も捨て爪に火をともす生活を家族に強いる。それでも武士としての最低限の心構えだけは捨てない。わが子への厳しい教育、親子の確執、夫婦愛、そしてあらたな時代への変革の波が押し寄せる。
 激動の時代を通して、家族の在り方に心打たれる傑作だ。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
はじめ、私はこの映画に対して『武士の家計簿』というタイトルから『今まで刀を振るっていた武士の男が、家計の一大事に依り、一転そろばんを手に家庭を支える』
そんな話なのだと思っていた。
当時では、武士が刀を捨てる事は、周りからの反応も半端無いんだろうなー・・・と、全体的に波乱万丈な人生を描いた映画なのかなー?と想像していたが、だいぶ違ったようだ。

堺雅人演じる主人公『猪山 直之』は元々、藩お抱えの《御算用者(新撰組とかで言う所の勘定方みたいなもの)》で初めから、代々そういった頭仕事で家庭を支えて居た家系らしく、私の想像して居た様な展開は無かった。

また、家計が火の車状態になった事に依る奇抜な節約術が、何個も飛び出す事にも期待していたが、そういった感も無かった。勿論、冠婚葬祭のようなイベントシーンには多少頭をひねった演出も見られたが思っていたほどの内容ではなく、多少がっかりした部分もある。

そうなると、今作の見所は一体何なのか?それは恐らく『刀以外を使って家族を支える事を軸に描いた人間関係』なのだと思う。

全体的なつくりは主人公猪山の結婚にはじまり、子供の誕生、更にはその子供に代々の勘定術を教え込む所と、彼の人生全体を描いた作りとなっている。

その中でも重要視
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック