武士の一分 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

武士の一分 [DVD]

5つ星のうち 4.0 137件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,227 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,877 (46%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 1,599より 中古品の出品:24¥ 21より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 武士の一分 [DVD]
  • +
  • たそがれ清兵衛 [DVD]
  • +
  • 隠し剣 鬼の爪 通常版 [DVD]
総額: ¥10,202
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 木村拓哉, 檀れい, 笹野高史, 岡本信人
  • 監督: 山田洋次
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 松竹
  • 発売日 2007/06/01
  • 時間: 121 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 137件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000NVST0Y
  • JAN: 4988105052963
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 9,967位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

●主演:木村拓哉 監督:山田洋次 原作:藤沢周平 『盲目剣谺返し』(『隠し剣秋風抄』文春文庫刊)
2007年正月映画邦画NO.1の大ヒット作がDVDで登場!

木村拓哉と山田洋次という日本が誇るトップスターと巨匠のコラボレーションが生みだした傑作『武士の一分』。
『たそがれ清兵衛』『隠し剣 鬼の爪』に続く、山田洋次監督×藤沢周平原作時代劇三部作の最後を飾るこの作品がDVD化。

夫婦の愛の物語であり、白刃閃く復讐譚でもあるこの異色作は、山田時代劇三部作のフィナーレを飾るに相応しいまぎれもない最高傑作である。

Amazonレビュー

   山田洋次監督による『たそがれ清兵衛』『隠し剣 鬼の爪』に続く、藤沢周平原作小説の映画化。役目のため失明した下級武士を支える妻と中間、そして一分を通すため復讐に挑む侍の姿を描く。主役の武士に木村拓哉。その妻に映画初出演の壇れいが扮し、新鮮な存在感を見せている。
   山田監督の作品は、一点一画を疎かにしない、きちんとしたドラマを描くことに定評があるが、『武士の一分』においてはそれが堅苦しさではなく、娯楽映画としての完成度を高める方向に作用している。前半。城中で毒味をする武士たちが、横一列に並んで役目を果たす、その軽快な動きの楽しさ。木村拓哉という絶妙な素材を得た山田監督の演出ははずみ、時折“SMAPのキムタク”をも見せて笑いを誘う。ドラマが佳境に入ると同時に、徐々に緊張感が増してくるが、息苦しさを感じさせることはない。木村の侍が復讐をとげる、その決闘シーンは良質なアクション映画さながらのテンションと迫力を誇示。その後に描かれる、ほろりとさせられる結末。そしてどのような武士にも守るべき一分があることをさりげなく示唆する、その優しさと余韻の豊かさ。娯楽映画として、完璧な出来である。(斉藤守彦)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
何回見ても飽きない。ただ、今回映画「無限の住人」を見たが、いつまでもあの頃の木村拓哉だなあと若干、心配になる。第二の寅さんになるなよおとファンとしてはこころから願っている次第だ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 はなこ 投稿日 2016/1/31
形式: DVD Amazonで購入
木村拓哉さんという人は、本当に才能豊かな俳優さんだと思います。SMAPとしてのキラキラした姿とはうってかわって、盲目の侍姿は哀愁を帯びています。この方の演技をどれをみても・・・と評価する人こそ「盲目」だし偏見の固まりで、気の毒だなと思ってしまいます。幅広い人物を演じられる木村拓哉さんから目が離せないな~と思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
 日本人にとって「一分(いちぶん)」とは何か。観客の生き方をふりかえらせた。
 これは、現在の日本社会において大きな問題としてスポットライトをあてたというべきである。山田洋次監督はやっぱり鋭い。偉大な功績である。
 『山田洋次監督 時代劇三部作 の最後作』としては、立派。
 振り返ると、『たそがれ清兵衛』の脚本は、故藤沢周平の全作品を徹底解剖し、魂がほうり込まてていた革命的・実験的「時代劇」であった。藤沢周平もあっけにとられたであろうと思った。
 その次の作品、今回の作品。『たそがれ清兵衛』と比較してしまうからいけないのか。
 原作に、比較的忠実である。いずれも、原作が映画化するには力みすぎないですむという選択があったのか。根本的に原作を解体し、再編成しないで済んだのかもしれない。
 この作品は、原作をここまで 映像化した監督の力量に感服するのみである。
 主人公、妻、その間をとりもつ下男。いづれも好演している。さすが。

 それにしても、山田洋次監督の仕事の厳しさを想像する。
 観客を集め、DVDも沢山売りさばかないといけない!
 山田洋次監督は松竹の屋台骨。ご苦労しているのが わかる。
 下手な俳優、うまい俳優とりそろえ、話題を作りつづけ、大宣伝。凄い。
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
以前、映画館で見た記憶があり、久々にまた見たくなり購入しました。
レンタルも考えましたが、あまりにもいい作品なので
手元に一つあってもいいかなと思い購入に至りました。

何度見ても感動しますね。今の現代社会とは違い、
武士の世は何かと規制が厳しく、生きて行く上で、
とても不自由な暮らしぶりに同情すら覚えました。

でも、人の心はどこまでも暖かく、それでいて芯が強く、
人として武士として生きる人間の姿に何度も涙しました。

時間をおいてから、また見たい作品の一つです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
「たそがれ清兵衛」や「隠し剣 鬼の爪」のファンとして、ずっと気になっていたが、その荒筋を読むと気が重くなって観ていなかった。
前半、木村拓哉の自然で普通の感じの演技が時代劇に合ってないのではないか、やっぱり前二作には及ばないのではないかなどと思っていたが、木村拓哉が視力を失ってからの演技は素晴らしく、展開も淀みなく進み、最後の最後に一本決められたという感じだ。
観終わっての印象は悲劇的なストーリーにもかかわらず、凛として爽やかというものだ。
木村拓哉自身も有効や技ありを狙って優位に持っていこうとせず、最初から一本しか狙ってないように思える。
また悲劇的な木村拓哉に対して、中間の笹野高史も対称的で実に良かった。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
ちゃんと包装され、送られてきました。
再生も、問題なく観れました。
ありがとうございました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
藤沢周平の映画は良いが、キムタクはやっぱりキムタクなんだな…
まあだからと言って映画は映画で良かった!
キムタクも悪い訳ではない~
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
二回劇場で見ました。
ぶっちゃけ率直な感想、シンプルゆえに面白いです。

この作品を含め、山田洋二監督・藤沢周平原作の時代劇三部作の特徴は、
オーソドックスなストーリー展開ながら、徹底した時代考証と選りすぐりのキャスト陣の迫真の演技、それによりチャンバラではない本物さながらの殺陣のシーンから、果ては当時の武家の日常風景の中にある細かな作法まで、一切妥協のない徹底したリアリティを実現しているところにあると思います。

さて、キムタク主演で話題の今作、
前作「たそがれ清兵衛」「隠し剣・鬼の爪」と明らかに異なるのは、
前作では舞台の山形県・庄内の風景を積極的にシーンに取り込み、
東北の郷土の雰囲気を作品中に上手に織り交ぜていたのに対し、
今回は屋敷や城内といった舞台セットが中心の、インドア中心のやや窮屈な作品展開となっております。
ただしその制作スタイルが逆に、今作のテーマの中心「夫婦」の日常風景を味わいよく描き出すことに結びついています。
そういう意味では成功かもしれません。

で、僕から見たキムタクの演技ですが、十分に役にはまってますよ。
序盤こそいつもの”キムタク”でしたが、中盤、盲目になり絶望するさまを気合を込めて演じ、さらに妻との
...続きを読む ›
コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す