通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
武器としての決断思考 (星海社新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

武器としての決断思考 (星海社新書) 新書 – 2011/9/22

5つ星のうち 3.7 95件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 886
¥ 886 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 武器としての決断思考 (星海社新書)
  • +
  • 武器としての交渉思考 (星海社新書)
  • +
  • 僕は君たちに武器を配りたい
総額: ¥3,759
ポイントの合計: 116pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【第155回芥川賞・直木賞】受賞作発表!
芥川賞は『コンビニ人間』 、直木賞は『海の見える理髪店』に決定 受賞&候補作品一覧 へ

商品の説明

内容紹介

東大×京大×マッキンゼー式・決断の技術! 教室から生徒があふれる京大の人気授業「瀧本哲史の意思決定論」を1冊に凝縮。これからの日本を支えていく若い世代に必要な「武器としての教養」シリーズ第1弾

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、著者がいま、京都大学で二十歳前後の学生に教えている「意志決定の授業」を一冊に凝縮したものです。今後、カオスの時代を生きていく若い世代にいちばん必要なのは、意思決定の方法を学ぶことであり、決断力を身につけることです。もう過去のやり方は通用しないし、人生のレールみたいなものもなくなってしまいました。「答え」は誰も教えてはくれません。となれば、自分の人生は、自分で考えて、自分で決めていくしかないのです。仕事をどうするか、家庭をどうするか、人生をどうするか?この本で私と一緒に「自分で答えを出すための思考法」を学んでいきましょう。きっと、あなたの人生を変える授業になるはずです。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 248ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/9/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061385011
  • ISBN-13: 978-4061385016
  • 発売日: 2011/9/22
  • 商品パッケージの寸法: 17.5 x 10.9 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 95件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 7,866位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
自分の人生を切り開くことができるのも、また自分だけであり、責任も、また然り。 自分で判断し行動へ(状況が変われば、決断も変える)。

今までの常識が通用しない、先が見えない中(将来の予測不能)、本書は、暗闇を照らす、灯台のような輝きを放っている。

情報を、自ら求める(座して待つではなく、お金を払って取りに行く)。 無料だからダメな訳じゃなく、誰でも手にできるのを、鵜呑みにしてはいけない。

自分で考える癖を身に付ける(巷に流れる情報は、意図的に操作されている。 都合の悪いものを隠す為に、それ程で無いものを声高に流す)。

三人称思考(決断すべき対象を、第三者の立場から考察する)を習得し、今現在の、最善解を模索する。 石原明さんの「すべてが見えてくる 飛躍の法則」を読む。

一人ディベートの際、フローチャートは手書きであり、PCではないんだよね(発想力が違う。 続けた者だけが、実感できる)。

武器は持っているだけでは意味が無い。 使ってこそのもの。 教養も、座学ではなく、実践により磨かれる(17p)。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
筆者は、東大→マッキンゼー→京大准教授、というエリート。人生において、自分で考え、行動ができる事の重要性を説き、その秘訣を伝授するとのフレコミ。出版社である星海社新書という会社は、「戦う事を選んだ次世代の仲間たちに、武器としての教養を配る事」を目的として謳っています。私は、本屋で初めて見つけた本を買って読む事は、めったにないのですが、思わず買ってしまいました。

さて、内容はと申しますと、ガイダンスまでは期待通りで、これからの厳しい世界を生き抜いていくには、知識・判断力・行動力・修正力をバランスよく身につけるべき!と実例を交えながら、うなずきの連続。

ただし、本章に入ってからは、ほとんどがディベートの基礎講座。(大雑把に言うと)ロジカルに物事を考え、常に(正解ではなく)最善解を導いて、行動を起そう。状況が変化すれば、適宜修正をしていこう。それが決断思考であり、自分の頭で考えて、自分で決めて行くという事だ!という内容で、日ごろから、ある程度、まともに物事を考えている人からすると、同意こそすれ、目から鱗とまではいかないでしょうか。。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
タイトルに惹かれて読んでみたが、書物として読む限りでは著者の意欲や実際の授業での迫力は十分伝わってこない気がする。

著者は、変化が激しい今の時代、これまでの価値観や方法、人生のルールというものは意味をなさなくなってきている。だから武器としての教養とどんなことでも自分で決めていく時代の「決断思考」が必要と説く。そしてその決断思考の具体的方法としてディベートないしはディベート的思考が有効であり、ほぼ最初から最後までディベート思考の具体的方法をいくつかの例をもとに述べている。

思うに、これは著者の東大弁論部-マッキンゼー-独立しベンチャーキャピタルといった華々しいキャリアの中で著者自身が体得し成功を収めて来た方法を、これから現代社会に立ち向かう優秀な若者達に是非とも伝授したいという思いが、京大での授業になり、本著作になったものという気がする。

確かに短時間でスキルを身に着け、効率的に世渡りをしていくには有効な方法かもしれない。しかし、著者の意欲、志向に水を差す気はないが率直な感想は以下の2点である。

その1、大切なのは、知識をではなく物事を正しく掌握し判断する方法を身につけること、というのはその通りと思う。しかしそれはこの本をハウツー本として読み、書かれたことを身に着ければできるようになる、といった性
...続きを読む ›
コメント 138人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
有名な本なので読んでみた.瀧本氏の代表的著書.現代人は次々と判断しながら問題解決していく能力が必要だとし,その判断法を示す.基本的には,内省的に当座の問題をディベートし,それを踏まえて主観的に決断するべきだとしている.内容はいたって平易.ハウツー本の典型だが,実践を通すことで内容を肉体化し,初めて生きてくるような本だった.教えてやるぞという勢いの割に,あとは考えろ的な発現も多い.こういう本を読みたい人は,もっと自己啓発的なものを期待して読んでいるのではなかろうか,本書に答えは書いてない.
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック