Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 802

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[イケダ ハヤト]の武器としての書く技術 (中経出版)
Kindle App Ad

武器としての書く技術 (中経出版) Kindle版

5つ星のうち 4.2 79件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 802
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 5,980 ¥ 2,602

商品の説明

内容紹介

一般ビジネスマンやお店の店員、学生や主婦であっても、自分のブランドを上げ、お金に変えられる手段がある。
それは「書く」ということだ。
自分の知識やノウハウ、経験を書いてアウトプットすることで、世間から注目される。
ブログなどネットの環境は揃った。あとは動くだけだ。
今の時代は「ネットでモノを売れる」人が生き残る時代でもある。
本書では月間30万PVを誇るブログを運営する「プロブロガー」イケダ氏が「稼ぐための書く技術」を惜しげもなく披露。
何を書けばいいか、どう書けばいいか、書き続けるにはどうすればいいか、それを広めるにはどうすればいいか。
人を動かす書く技術は、これからを生き抜くための必須能力なのだ。

内容(「BOOK」データベースより)

これまでの文章術では通用しない!ウェブ時代を生き抜くための「新時代の書く技術」教えます。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 6500 KB
  • 紙の本の長さ: 284 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / 中経出版 (2013/6/27)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00DONBQHQ
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 79件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 469位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
コピーの大切さを学ぶことができました。アフィリをされる方などにオススメです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
炎上で有名な人だが、この本ではそこまで人を煽ることなくちゃんと読ませる文章の書き方に徹していた。
内容も具体例を用いながら分かりやすくて読みやすかった
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Tom 投稿日 2017/7/14
形式: Kindle版 Amazonで購入
文章の構成というより、いかに読みやすく・読み続けてもらえる技術を教えてもらえる本です。
さすが、コピーライティングだけで稼いでる人の着眼点は違うな~と思った。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2016/7/3
形式: Kindle版 Amazonで購入
ビジネスマン向けですね〜
ふつーのお母さんからすると少し難しい課題ですがやってみたい気持ちにはなりました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
僕はブログを立ち上げて、ちまちまやっているけど全然収益化できていません。
そもそものコンテンツ数が圧倒的に足りない、記事数が足りない。あとは文章の書き方がどうかな、いい記事がかけてる自信がない等々。
問題点を挙げればきりがないですが、イケダさんがいう「バカであるということを認める勇気」がそもそも大事だということに気づけました。
人間は勝手なもので、「あいつバカだな」ー、「わかってねえよ」と思う割には「バカだなー」とか「わかってねえなー」とか絶対に言われたくないって思うものです。
「そもそも完璧な文章なんてあるわけがないんだから書いてうまくなれ」「書く速度は測れ」
「そんなにブログで食っていくのは簡単なわけじゃない」
実際のPV数と収入についても赤裸々に書いてあるためとても誠実な本です。
ブログで一攫千金ブログを読み漁るよりも、この本を1冊読むほうが得るものが多いかもしれません。
ちょうど新しいブログを立ち上げようと思っていたところだったので出会えてよかった本です。

「書くことで人生は変わる」いいこと書くなあ!僕も書きます(笑)
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
出版されてから数年経って読んだので、運営上使ったほうが良いツールの変移はあるかもしれません。
でも基本的に『書くことで自分の生き方を豊かにする』とゆう著者のメッセージはリモートでの仕事、ノマドワーカーがより浸透するであろうこれから先も読み手に響く言葉になると思います。
プロブロガーのはぁちゅうさんの半径5メートルの野望も読みましたが、同じ世代のお二人のブロガーとしての生き方は、共同体を尊重する日本社会へのアンチテーゼともいえるでしょう。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
本書はタイトルにあるように「書く技術」の本でもあるけれど、「書くことの大切さを教えてくれる本」でもありました。

私は著者のようにプロブロガーになろうとか、文章を書いて月何十万も稼ごうと考えているわけではありません。でも、そんな人こそ、もっと文章を書いた方がいいんじゃないか、本書を読んでそう感じました。
著者も述べている通り、書くことは自分の思考を整理することにもつながります。忙しい現代社会だからこそ、もっと書く機会を増やし、自分自身と向き合う時間をつくってもいいんじゃないでしょうか。

本書の第5章で、著者は以下のように述べています。
「ぼくは日本国民全員がブログを書くようになれば、日本はもっと平和になり、うつ病にかかる人も減ると考えています」
突拍子もない意見のようにも見えますが、私は非常に納得させられました。
まずは自分自身がもっと文章を書くことから始めたいと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
第1章 国語の専門家に対して良い文章を書くだけでは意味が無いと批判しているが、この章の内容は国語の専門家と同じ、正しく読みやすい文章を書くことを指南していると思う。文章内に「。」を多く使って短い文章にし、「、」はなるべく使わないという点を述べているのは、国語の専門家と同じ意見だ。ただし、この事自体は、それで良いと思う。

第2章 ブログで読む人を増やすための文章の書き方がが書かれている。この本の一番良い部分だと思う。なぜなら、他の本やウェブでは手に入りにくい情報だからだ。

第3章 短い時間でブログを書くことの大切さを説いているが、どうしたら速くかけるか書かれていない。どうやったらブログを速く書けるか知りたかったのに残念である。ブログが続かない人が多いのは、書くのに時間がかかるからで、短い時間で書く技術を教えてくれなくては意味が無い。

著者はテーマを限定せずにいろいろ書いたらいいと主張している。しかし、ブログを始めようとしている人の大部分は仕事や学校へ通いながら空いた時間にやる。だから、たくさんの文章は書けない。なるべく少ない文章量で読者を増やすためには、テーマを絞ることは大切だと思う。

また、著者が社会に対する意見を述べている箇所が本の中で多く見かけ、熱量を感じた。ブログのテーマとして社会に対する
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover