通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
武器としての交渉思考 (星海社新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 見た限り書き込みありません。古本のため多少の使用感やスレ・キズ・傷みなどあることもございますが全体的に概ね良好な状態です。通常2営業日以内で迅速丁寧に発送させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

武器としての交渉思考 (星海社新書) 新書 – 2012/6/26

5つ星のうち 4.0 32件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 929
¥ 929 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 武器としての交渉思考 (星海社新書)
  • +
  • 武器としての決断思考 (星海社新書)
  • +
  • 僕は君たちに武器を配りたい
総額: ¥3,759
ポイントの合計: 114pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

交渉は、若者が世の中を動かすための必須スキル
本書は、私がいま、京都大学で二十歳前後の学生に教えている「交渉の授業」を一冊に凝縮したものです。いくら自分の力で決断できるようになっても、いくら高い能力や志を持っていても、世の中を動かすためには自分一人の力ではとても足りません。共に戦う「仲間」を探し出し、連携して、大きな流れを生み出していかなければならない。そこで必要となるのが、相手と自分、お互いの利害を分析し、調整することで合意を目指す交渉の考え方です。交渉とは、単なるビジネススキルではありません。ときには敵対する相手とも手を組み、共通の目的のために具体的なアクションを起こしていく―そのための思考法なのです。さあ、「交渉思考」を手に、この閉塞した日本の状況を一緒に変えていきましょう。

内容(「BOOK」データベースより)

交渉は、若者が世の中を動かすための必須スキル。交渉によって仲間と手を組み革命を起こせ。京大最強授業第二弾。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 336ページ
  • 出版社: 講談社 (2012/6/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061385151
  • ISBN-13: 978-4061385153
  • 発売日: 2012/6/26
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 17,701位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 写楽 投稿日 2014/9/14
形式: 新書 Amazonで購入
この世では、「知ってる」か「知らない」かの違いは、自分の思っている以上に大きい。

単純に知っているだけで、お得なこともあり、余計な苦労をしなくて済み、人生にオイシイ思いすらできちゃう。

こんなステキな話は、世の中、ゴロゴロしてる。 それに気付く為に、エポケー(素直に)して、愚直に最初の一歩を(慣性の法則を味方に)。

本気で世の中を変えたいなら、スキルの前に相手を知り、言葉を磨き、一歩を越える勇気を。 未来も変えられる。

練習問題に挑戦した時、俗に「頭の良い」って言われる人は、こういう思考するのねって、驚きもあり、新鮮な気持ちを覚える。

交渉という武器は、若人が長老を味方に付けるだけじゃなく、逆もまた真なりでしょう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
実際に著者が大学で行っている講義の内容を書籍化したというだけあって、非常に優しい書き口で読みやすい。
読者の頭を使わせようと適度に設問が置かれており、講義を受けているという感覚もある程度は味わえる。

あまり耳慣れない名の出版元だと思い調べてみると、設立したばかりのベンチャー出版社であった。
新進気鋭の出版社らしく、本書を読めばフォントや構成からその気鋭ぶりを感じられると思う。
次世代を担う若者をターゲットに絞った「専門出版社」としての今後が楽しみである。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
良いというレビューの状態の本ではないです。今まで買った他のお店の本の良いという状態ではありません。
今後買われる人は気をつけてください。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
交渉の思考について、具体例を織り交ぜながらわかりやすく書かれています。

プロなら当然知っているのかもしれませんが、そうでない人はなかなかこういう思考を学べる機会がないと思います。
そういう意味では、入門書的な立ち居地なのかな?

自分が使わなくても、知っていて当然のプロに対しての対策にもなると思います。

しかし、どの本でもそうなのですが、実践はなかなか難しいですよね。
少なくとも私はそうです。
なので、出来そうなものからちょっとずつ実践していこうかなと思います。

そもそも、仕事にしている人と大阪の人(偏見?)以外、日本で交渉しようってこと自体少ないと思います。
相手の言うことを鵜呑みにして損をしないためにもこの本や他に交渉を扱っている本を読んでみるのもいいと思います。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
正直、最後まで読む気にならない本でした。

それだけに一応★2つにしておいたのですが、とにかく前置きが長い!

視野が狭く、かなり偏った著者の物事の捉え方をダラダラと説明されているうちに完全に萎えてしまいました。
交渉のテクニックはおそらく間違っていないのでしょうが、そこまで読んでいませんし、それ以前の問題。
これほど劣悪な本は初めてかもしれません。

本という物に対して「正しいのはもちろんのこと、称賛されるべき内容があって当たり前」という私の考えがいけないのかもしれませんが、物事の側面だけを捉えたり、当たり前の事を得意気に語る「著者の能書き」は、幼稚極まりなく、とても不愉快でした。

わざとやっているのでしょうが、それがさらに著者の人間性を浮き彫りにさせているので、嫌悪感を感じる方は少なくないと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
東大卒でも一握りしか入れないマッキンゼーの元コンサルタントが書いた交渉術の本。
とは言っても、他のレビュアーも書いているように交渉事が得意な人であれば普段から行っている事が書いてあり、
門外不出の秘密の交渉術が書かれているわけではありません。
この本に対して新しい知識を求めると期待はずれですが、現在、難航している交渉を抱えている人が
自分を客観視して冷静に対応策を考えるための、冷却材として読むのは有用だと思います。
(余談ですが、本書の内容を新鮮だと感じる方はそもそも交渉に向いていない可能性が高いので、研究職といった業種を目指すことをお勧めします)

本来なら☆4つなのですが、私はイントロに大きな疑問があるため1つマイナスとしました。
本書もまたグローバル化によって産業構造が変化しビジネスに新たなスキルが必要となったという旨の記述がありますが、
私は上記の記述だけでは経済を語るには不足していると考えます。経済を語るのであれば、産業構造と共に経済政策も考えるべきです。
本旨からズレますので詳細は避けますが、2013年にそれまでの政権とは真逆に大規模な金融緩和を行った結果、
株価は半年で50%も上昇し、その後1年ほど経過した2014年現在も多少の変動はあれど大きな変化はありませ
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー