¥ 2,700
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
此一戦 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

此一戦 単行本 – 2004/6/20

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 2,700
¥ 2,700 ¥ 885

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 此一戦
  • +
  • 肉弾―旅順実戦記 (中公文庫)
総額: ¥3,650
ポイントの合計: 110pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【2018年本屋大賞】受賞作発表!
2018年本屋大賞は 『かがみの孤城』 辻村深月 、2位は『盤上の向日葵』 柚月裕子。 3~10位まではこちらへ

商品の説明

内容紹介

 1905(明治38)年5月27日、東郷平八郎司令長官率いる帝国海軍連合艦隊は、当時無敵の艦隊として世界に名を轟かせた、ロシア・バルチック艦隊を日本海に迎え撃った。

 日本海海戦に海軍大尉として従軍した著者・水野広徳は、日露両艦隊の戦力比較から、丁字戦法、後に東郷ターンと言われた奇跡の敵前大回頭など、日本海海戦の実像を臨場感を持って記した。また、戦闘の合間にある士官兵卒の会話、バルチック艦隊の大遠征、秋山真之中佐が敵艦に乗艦し降伏を受け入れる緊迫した場面などが克明に描かれる。

 近代戦記文学の先駆けとなった大ベストセラーを復刊!

出版社からのコメント

日露戦争開戦100周年記念出版 天下安しと雖も、戦を忘るヽ時は必ず危し。 日本海海戦の実像を克明に描いて日露戦争後の大ベストセラーとなった、戦争文学の金字塔。ここに完全復刊!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 333ページ
  • 出版社: うから (2004/6/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4902622017
  • ISBN-13: 978-4902622010
  • 発売日: 2004/6/20
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 375,813位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(3)

トップカスタマーレビュー

2015年3月26日
形式: 単行本|Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2013年8月3日
形式: 単行本|Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2010年3月22日
形式: 単行本|Amazonで購入
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告