中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2014/10/20発売。★年中無休・局留対応・返品保証★埼玉県よりゆうメールにて毎日発送させて頂きます。配送は平日のみ、追跡番号はございません。局留めご希望の場合は、お届け先ご住所を郵便局の住所にして頂き、○○郵便局留めとご記入下さい。特に記述の無い場合、帯や初回特典等は付属しません。商品状態の詳細なお問合せはお受けできませんので、ご注文後納得いただけなければ返品お受けいたします。恐れ入りますが、併売商品もございますので在庫切れの際は速やかに返金をさせていただきます[book]
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

正論2014年12月特別増刊号 (朝日新聞と慰安婦・歴史捏造の罪) 雑誌 – 2014/10/20

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
雑誌, 2014/10/20
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【ご注意ください】雑誌はお客様都合による返品は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。ヘルプページへ

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

正論 2014年12月特別増刊号
軌跡30年 正論と産経新聞が問い続けた
朝日新聞と慰安婦・歴史捏造の罪

巻頭言
朝日新聞の原罪
「慰安婦強制連行」の嘘話に日本はなぜ囚われたか 東京基督教大学教授 西岡力


第I部 本誌が追及した朝日新聞と歴史問題
THE SEIRON ARCHIVES`83~

第1章 「反日」という宿痾
《対談》朝日新聞は必要か 上智大学名誉教授 渡部昇一/東京大学名誉教授 小堀桂一郎

ソ連の謀略に協力した〝全面講和論〟 外交評論家 曽野明

愛国心なきメディアという災い 評論家 田久保忠衛

朝日新聞の戦後責任 評論家 片岡正巳


第2章 歴史問題報道にみる偽善と歪曲

産経が暴いた「毒ガス作戦」写真誤報 元産経新聞論説委員 石川水穂

姑息な降伏 「南京」デッチ上げ写真をめぐる一年半抗争 歴史家 阿羅健一

『中国の旅』批判 ヒト捨て場「万人坑」は存在しなかった 現代史家 田辺敏雄

本多勝一氏、本誌への〝反論〟でみせたこの釈明 本誌編集部

朝日報道から16年 中国が世界に宣伝し始めた「戦犯供述書」と「三光作戦」の虚妄 現代史家 田辺敏雄


第3章 「慰安婦」との闘い

慰安婦問題関連年表

反撃の烽火! 日本バッシングに初めてNOを唱えた記念碑的論文
慰安婦と挺身隊と 東京基督教大学教授 西岡力

「慰安婦狩り」の虚言を暴いた本誌論文
従軍慰安婦たちの春秋 現代史家 秦郁彦

米ソにも中国国民党・共産党軍にもいた慰安婦 元大分県立図書館長 佐藤和秀

「性奴隷」論を否定する米軍資料の「現場」
ビルマ慰安所をみた元日本兵の手記 元帝国陸軍歩兵第百十四連隊本部付・軍曹 水上輝三

ビルマ慰安所の米軍調査報告書の重要性 福井県立大学教授 島田洋一

「日本版ホロコースト」というデマはなぜ広まったか 東京基督教大学教授 西岡力

「奴隷狩り」吉田証言より酷い!
「朝日」がニューギニアの元日本兵に着せた猟奇的汚名 現代史家 田辺敏雄

OBが衝く! NHK番組改編問題と欺瞞報道の系譜 ジャーナリスト 稲垣武

〝最後のサムライ〟が語った慰安婦の実像 小野田自然塾塾長 小野田寛郎


第II部 慰安婦報道20年を総まくり 朝日新聞という病 評論家・拓殖大学客員教授 潮匡人

コラム
福田恆存の「宿題」に我らは応えたか 昭和44年「新聞に注文する」を読む 元産経新聞論説委員 石川水穂


第III部 一記者が見続けた慰安婦問題と朝日新聞
阿比留瑠比記者コラム傑作選 産経新聞政治部編集委員 阿比留瑠比


第IV部 河野談話・国連クマラスワミ報告関連資料と解説

加藤談話(平成4年7月6日)と河野談話(平成5年8月4日)

産経新聞がスクープ! 河野談話 韓国人元慰安婦16人の聞き取り調査報告書の全文 解説/東京基督教大学 西岡力

河野談話 作成経緯にかかわる政府調査報告書

これも産経のスクープ! 重要部分掲載
「性奴隷」発信源 国連クマラスワミ報告に対する日本政府「幻の反論書」 解説/西岡力・島田洋一


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: 日本工業新聞社; 不定版 (2014/10/20)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00OD7AJG6
  • 発売日: 2014/10/20
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 アメショのチロ #1殿堂トップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/10/23
1993年に河野洋平が慰安婦の強制制を認める発言したことについて、
菅官房長官は21日の参院内閣委員会にて、「強制連行を示す資料がない中で、(認めたのは)大きな問題だ」(時事通信)と批判した。
また朝日新聞による『吉田証言』の歪曲捏造報道については、その発言のために、事実に反する認識が、
韓国、国際社会に広まったとも述べた。高官がひたすら卑屈な謝罪に明け暮れてきた過去を知っているだけに、
時の官房長官からこのような発言がされることには隔世の感がある。

本誌の巻頭言、各章に文を寄せる西岡力教授は、いわゆる『従軍慰安婦』とその『強制連行』の誤りに、
長年、正面から戦い続けてこられた。その絶え間ない努力がなければ、朝日新聞の吉田証言の否定もなかったかもしれない。

日本の誇りを守るために声を挙げてきた西岡氏を始め、保守論客の皆さんに心から敬意を表し、
これからも続く左翼、韓国との闘いに気を引き締めていきたい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 暇太郎 トップ500レビュアー 投稿日 2014/12/28
Amazonで購入
思想により事実を歪曲しても 真実は変わらない事を示した ”従軍慰安婦”

本書は、従軍慰安婦に関する基本的事項からより詳細な事項が語られています
特に、最大のポイントは、
4部の「河野談話・国連クマラスワミ報告関連資料と解説」だろう。
この部分だけで本書を購入する意味はあります。

23年前“慰安婦”を初めて報道した植村隆元朝日新聞記者も
[インタビュー]「私が書いた慰安婦記事はねつ造ではない…右翼の脅しには屈しない」
[・・・]

「個人的には朝鮮では慰安婦の強制連行はなく、少なくとも今までは、
これと関連した資料は発見されていないと思う」

と発言し方向転換した(笑)

真の日韓友好を望むなら、
今日の日韓関係悪化の要因のひとつである慰安婦問題に
決着を付ける 日韓が真摯に向き合うことが大事だと思います
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック