通常配送無料 詳細
残り20点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
正義の法 (法シリーズ) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

正義の法 (法シリーズ) 単行本 – 2015/12/14

5つ星のうち 4.5 30件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 700 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 正義の法 (法シリーズ)
  • +
  • ファッション・センスの磨き方 (OR books)
  • +
  • 女神の条件 女優・小川知子の守護霊が語る成功の秘密 (OR books)
総額: ¥5,292
ポイントの合計: 111pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

中東紛争と激化するテロ、
中国の軍拡、EU危機、
混沌とする国際情勢―――
どうすれば、
この世界から
争いがなくなるのか。


国際社会の根深い対立と
日本が抱える難題―――
その原因と打開策を
「正義」の観点から読み解き、
私たち一人ひとりが
幸福になる「選択」を導き出す
待望の法シリーズ最新刊。


【著作発刊点数2000書突破!】



まえがき
第1章 神は沈黙していない
――「学問的正義」を超える「真理」とは何か
第2章 宗教と唯物論の相克
――人間の魂を設計したのは誰なのか
第3章 正しさからの発展
――「正義」の観点から見た「政治と経済」
第4章 正義の原理
――「個人における正義」と「国家間における正義」の考え方
第5章 人類史の大転換
――日本が世界のリーダーとなるために必要なこと
第6章 神の正義の樹立
――今、世界に必要とされる「至高神」の教え
あとがき

内容(「BOOK」データベースより)

あらゆる価値観の対立を超えて―私たち一人ひとりが、「幸福」になる選択とは何か。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 335ページ
  • 出版社: 幸福の科学出版 (2015/12/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4863957297
  • ISBN-13: 978-4863957299
  • 発売日: 2015/12/14
  • 商品パッケージの寸法: 19.6 x 13.5 x 2.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 30件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 49,346位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
法シリーズ、今年のテーマは「正義」。
著者は「正義」について、それを難しいものと、非常に謙虚な立場をとりつつも、時事的な事例に明確な視点を示しながら、様々な角度から「正義」について迫り、その本質を解き明かす。

個人的に、特に印象深かった指摘は、
○傲慢の罪は、「進歩を止める」
○(意訳⇒)まずは自国のことを考え、次はそれが世界の中でどう映るか(追従されるか)で判断
○「「とことん究極までやったら、どうなるか」を想像すること」
○かのヒットラーがいちばん嫌った言葉が、「自由主義」。だからこの言葉を捨てない
○個人が「神の子・仏の子としての自覚」を持てる方向で、いろいろな自己実現に向かって進めるということが、「正義」(中略) 逆に言えば、それを抑えていくような動きは間違」い  など。

国益や利権がぶつかりあう国際政治の諸問題に対峙する為政者にとっても、また個人として、時事的な物事を見る際にも役立つ貴重な智慧を提供してくれる一書だが、それにとどまらず、将来にわたっても、そして世界の各国に敷衍してみても判断基準とできる内容(まさに法)というのが、そのすごさではないか。
そして、これらが講演で(原稿なしで)なされた内容というのが、やはり人間業ではない点かと。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
いつもながらの未来予想の本です。
政治経済なども加味してある宗教本です。
読み応えがありますね!
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
善悪とは何かということについて、教えてくれる。とても深みのある一冊
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「正義」というのは、よくわからない。
アメリカは自分の国が「正義」だと言い、イスラム国も自分たちが「正義」だと言う。韓国も、中国も、北朝鮮も、どこも自国が「正義」だと言って、
「正義」と「正義」が争いを繰り返している。だから、「正義」という言葉自体が、「何が正義なのか」を示していない。
だが、本書では、「正義」を分類して、「人間が決める正義」と「神が決める正義」に分けている。
ただ、それでも疑問は残る。「神が正義を決めるなら、なぜ宗教同士が戦争をするのか」ということだ。
それに対しても、一神教同士が、お互いの無理解や無知によって戦争を起こすのだということを示している。
そのうえで、「至高の神は、全員の幸福を実現したいと思っている」と述べている。
宗教対立や戦争を終わらせるために、何ができるのか。
非常に考えさせられる本ではある。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
日本は、中国や朝鮮の脅威があっても、なんとか暮らせているが、国際紛争、テロ事件、宗教間対立が今待ったなしの状況になってきて看過することは良心が許さない。

対立、憎しみ、争いの根源、誰も幸福にならない、、、この禍を止めるために自分は何もできないのか。為す術もないのか。

同じ時代に地球に住む一員として、
仲間を救うために何もできないのか。

神がいるのなら、なぜ、なぜ、なぜ、、、

本当の正義、人間心の正義でなく、真実の正義

探しても探しても見つからない

しかし、この神の叫びのような
この真実が
求めていた正義
結論か否か。

なんのために人は生まれ
死にゆくのか

一人一人の人間には、、、
いや、
地球上の生きとし生ける生命には、
「神」に近づく自由がある。
無限に向上する権利がある。

この自由に賭けて

人間の尊厳を賭けた最後の戦いを
この正義のためなら
私は命を投げ出すことも辞さないだろう。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「正義」と聞くとひどく独善的に感じていた。なぜだがわからなかったが本書を読んで素直になるほどなっと思った。特にキリスト教国とイスラム強国の対立なんかは宗教家が語るだけあって、驚きとともに急に身近に見えてくる。イスラム国とと呼ばれる集団がテロという強行手段を取らざるをえなかった状況が少し理解できたように思う。
また全てを消化せず鵜呑みにはできないが、人質事件で日本政府の対応が疑問であったし結局2人とも亡くなったことへの事件性のみを感じていたところに本書の記述をみると普段がいかに本質が見えてなかったと反省せざるをえなかった。
文句なしに読み返したいと目を通した後、二回めはマーカー引いては付箋を貼って本当には読みきれていない。今年のはじまりに読みきってしまいたいと思う。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック