通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
正直者はバカをみない―日本一の見本市ビジネスをつく... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

正直者はバカをみない―日本一の見本市ビジネスをつくった男の成功哲学 単行本 – 2007/12/7

5つ星のうち 3.9 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 正直者はバカをみない―日本一の見本市ビジネスをつくった男の成功哲学
  • +
  • コンベンションビジネス―――未来を拓くナレッジパワー
  • +
  • イベント運営完全マニュアル
総額: ¥4,968
ポイントの合計: 111pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

かつて業界団体が主催するイベントに過ぎなかった展示会を、出展企業と来場者による商談の場に変え、展示会をビジネスにした男。その成功哲学は、ただ、そのことそのもので勝負することであった。仕事に、姑息な手段や愛想づきあいはいらない。変化球なしの真っ向勝負に勝る成功哲学はない。

内容(「BOOK」データベースより)

権威も影響力もないひとりの男が、巨大な国際見本市を次々と成功させた。業界の異端児と言われた男に奇策はない。ただ、「中身そのもので勝負する」のみ。ビジネスで成功する「王道」の哲学とは何か。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 250ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2007/12/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478002835
  • ISBN-13: 978-4478002834
  • 発売日: 2007/12/7
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 32,238位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
そもそも、この本はリード社の展示会の説明会会場で売っていたものを買いました。
そういった意味では、関係者のレビューになってしまいますが、
リード社の人間ではありません。

本としては、前のレビュアーの方が書いている通り、自慢話の感は否めません。
実際、本にも、
「最初に書いた文章は、自慢話満載で読むのが苦痛だ」
といった、編集の方の反応等も書かれています。

それでも、手直して出版してしまうあたりが、
著者のビジネスマンとしての強みなのだと思います。
良い意味でしぶとい!!
また、そういった苦言を呈してくれた方へ感謝している点も
好感が持てます。

もし、私が展示会に出展せず、説明会と展示会におけるリード社の仕事ぶりを
しらなければ、★2−3つの本かと思います。
書いていることは、別業界の人からみると、
「なるほど」と思うことも多いものの、
どうしても、自分の行動や信条をトレースしているだけなので、
ノウハウ本としては、汎用化して利用できるノウハウは少なく
小説としては、新聞のコラム連載の総集編みたいなので、ライトな感じです。

ただ、実際、彼が書いている
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ごはん党 投稿日 2010/3/20
形式: 単行本
これらの評価は、本当に外部からつけられた適正な評価なのだろうか?
この本は経営者としての石積社長の成功譚である。それだけ。
参考になる部分はないにはないが、必要以上の自己評価が鼻につく。
客観性を欠いているようにも感じられ、ビジネス書としての価値は疑問である。
このレビューを信じて購入したが、あまり納得のいくものではなかった。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
単なるイベント屋と見本市ビジネスとは、どこがどう違うのかについて、この本を読むまでは正確には分かっていなかった。著者は、日本で唯一大規模な見本市(東京ビッグサイトで行う○○展のようなもの)の主催者となる、民間企業リードエグジビションジャパン社長である。

その意味においては、本書は単なる会社の宣伝書であり、いかに自分は成功したのかの自慢をしている本にすぎない。だが、思ったほどには反感は覚えなかった。これは、この会社の競合相手は通常、他の民間企業ではなく、業界団体や公益法人団体などであり、どうしてもそのような相手先には、思い入れも同情も湧かないのが普通であるからかもしれない。どうぞ好きなだけ叩いてやってください、っていう感覚である。第三者的にこのビジネスモデルを解釈すると、「弱小ライバルしかいないニッチな市場に、正攻法で攻めた結果うまくいった」事業の紹介でしかない。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
正直者はバカを見ない、との事だが著者は愚直にそして真直ぐに新しい事業を始めた。先進国で成功していた国際見本市の運営ビジネスを日本で其の専業、即ちプロ会社として始めた上に大きく成功した。今や著者が率いるリード社は年間36本の国際見本市を主催運営している。

此の経験は大変に尊いがその上で著者は提言する。日本は世界一の見本市大国になるべきだと言うのである。理由は多々あるが其の一の経済効果だけでも大きいのだ。

通常3日の見本市展示会で200億円の経済効果をもたらすとの試算を此の本は示している。その裏には相当の雇用が発生しているに違いない。消費税など納税もある上に利益を出す関連法人は法人税を払うし雇用からは所得税も発生するのだ。

だが日本のリーダーや政治家に世界一の国際見本市大国になる展望も戦略もない。戦略的に見て今の我が国のネックはハコモノ不足と言える。高価なハコモノが氾濫する今のわが国では安い倉庫クラスの雨風をしのぐ展示会向けの建造物が全く不足していると言うのが著者の嘆きになっている。今の超豪華でそのために使い難い東京ビッグサイトは8万平米しかない。ドイツのハノーバーは50万平米そして日本が必要なのは16万平米クラスが全国に新たに6会場を開発するべきだとしている。

倉庫並みの安物の建造物で十分開くユニ
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
天下り団体主催の気合いのはいらない形だけの「なんちゃて展示会」が幅を利かす日本で、単なる展示のための展示会ではなく、商談の場、ビジネスの場、イノベーションの場として、本物のメッセを創り上げようとしてきた石積社長とリード社の奮闘記。ぺんてるの社員から、日本にもビジネスとイノベーションの創造の「場」である国際見本市を開きたいとの純粋な思いから、一念発起で創業。ベンチャーによくある突発事件、猛暑、豪雪、ライバル、流行病などにひとつずつ迅速・誠実に対処してきたベンチャー記でもある。
リード社の国際見本市に足を踏み入れられた方は、違いに気付かれていると思うが、カーテン一つとってもすべて試行錯誤を経たノウハウと情熱の結果であり、精鋭部隊が演出する「創造空間」のヒミツの一端を知ることができる本。
地域経済、日本経済にとって、国際見本市の重要性は、一般には、まったく理解されていない点では、啓蒙の書でもある。筆者がいても立ってもいられない思いで「緊急提言」を巻末に書いたのも、すべてこの点に尽きる。変わることの出来ない日本社会・経済が沈む中で、残された数少ない生き残りの道筋を示しているのではないか。
今年であった最良の本の一つである。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック