Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 432

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Kindle App Ad
[正岡子規]の正岡子規 竹乃里歌全集

正岡子規 竹乃里歌全集 Kindle版


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版, 2017/3/31
¥ 432

商品の説明

内容紹介

大正12年(1923年)、アルスから刊行された『正岡子規 竹乃里歌全集』の電子書籍です。総歌数1369首。
不治の病に苦しみながら、和歌の改革に情熱を燃やし、「写生の極致に達した」(古泉千樫評)歌の数々。

『竹乃里歌(竹の里歌)』の名を附けた子規歌集は何度か出版されており、そのたびに異なる編集方針が取られていますが、本書は子規が本格的に短歌に注力し始めた明治30年以後の歌を全て蒐集するという方針のもと編まれた本です(つまり初期の習作は含んでいません)。
本書のもう一つの特徴は、新聞・雑誌等に発表された当時の形をそのまま残していることで、歌の理解を深める詳細な詞書を省かず載せています。その点、子規の自筆歌稿に拠った『子規遺稿第一篇 竹の里歌』(俳書堂刊)や『正岡子規全歌集 竹乃里歌』(岩波書店刊)とは異なるところです。
子規の孫弟子でありアララギを代表する二歌人斎藤茂吉・古泉千樫の編になること、また千樫の「巻末小言」が秀逸な子規案内となっている点なども、本書の歴史的価値を高めていると言えましょう。

本文はリフロー型の電子テキストですので、語彙検索や文字サイズの拡大縮小、メモ機能・辞書機能などがご利用になれます。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1373 KB
  • 紙の本の長さ: 199 ページ
  • 出版社: やまとうたeブックス; 2版 (2017/3/31)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B06XZ3KM7B
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 256,039位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
click to open popover

注文した商品はどこ?

配送と返品について

ヘルプデスク