¥ 1,728
通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
歎異抄講話 (講談社学術文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

歎異抄講話 (講談社学術文庫) 文庫 – 1981/8/6

5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 1981/8/6
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 282

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 歎異抄講話 (講談社学術文庫)
  • +
  • 『歎異抄』 2016年4月 (100分 de 名著)
総額: ¥2,294
ポイントの合計: 70pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

親鸞の思想に「近代」と「個」の救済を発見した明治の知識人の中でも、不安から覚醒への道すじを最も熾烈に歩んだのが暁烏敏であった。『歎異抄』が危険な書として封印された状態にあったのを、公開し、論求し、本願他力の大慈悲に誰しもがあずかりうるという確信を人々に与えた、その開示の書が『歎異抄講話』であった。この一冊が果した役割の大きさは、そのまま親鸞の思想の普遍的な「新しさ」と照合している。(松永伍一氏「まえがき」より)

著者について

1877年石川県生まれ。真宗大学卒。東京外語学校露語科中退。清沢満之に師事。師の没後は雑誌『精神界』を主宰,『歎異抄』の紹介に務め,以来,内外各地に講演旅行を続けた。晩年東本願寺宗務総長を勤めた。1954年没。『暁烏敏全集』(全27巻,凉風学舎)がある。


登録情報

  • 文庫: 607ページ
  • 出版社: 講談社 (1981/8/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061585479
  • ISBN-13: 978-4061585478
  • 発売日: 1981/8/6
  • 梱包サイズ: 14.6 x 10.6 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 36,570位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
浄土真宗信者として歎異抄を分かりやすく語った本。熱い信仰心が感じられる。一般人として歎異抄の正しい解釈に欠かせない。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
丁寧な解説で、何度も何度も読みたいです。少しずつ理解していけたら、と思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 住吉 投稿日 2013/5/6
Amazonで購入
とても読みやすく有難いです。
歎異抄関係の書籍は沢山あらりますがこちらの品を手にとって大変満足しました。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 榎戸 誠 トップ500レビュアー 投稿日 2013/11/11
私は無宗教であるが、親鸞という宗教者と、その思想には大いに関心がある。

親鸞の思想に近づくには、弟子の唯円が著した『歎異抄』(唯円著、金子大栄校注、岩波文庫)を繙くのが一番であるが、その理解を大いに助けてくれるのが、『歎異抄講話』(暁烏敏著、講談社学術文庫)である。

親鸞の思想の中核は「他力本願」であるが、このことが、実に分かり易く解説されている。

親鸞は、ひたすら仏にすがり、「南無阿弥陀仏」と念仏を称えさえすれば極楽浄土に行けると説いたが、著者は、この念仏について、「念仏は滅罪のためにあらず報恩のためなり」と、自分が犯した罪を消すため、罪滅ぼしのために念仏を称えることを、厳しく戒めている。

「私どもが仏の御名を称えるのは祈りの心でもなく、求むる心があってでもなくまた罪を亡ぼすためでもない。如来は願わざるに願い、求めざるに求め、祈らざるに祈り給いて、私どもの往生を成就してくだされた。ゆえに私どもはただこのうれしさのあまり、なつかしさのあまりに、仏の御名を呼びたてまつるのである」。

「しかるに、ある異解者(いげしゃ)がいうように、念仏申すごとに、どれだけずつかの罪を消すように信じておるのは、いまだ他力摂生のありがたさを知らぬのである。自分の称えた力で、罪を消して、浄土にまいろ
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 暇人 投稿日 2013/5/5
すごい!すばらしい!ここまで歎異抄をわかりやすく解説した本は無いのでは?。今日、歎異抄の解説本は多々あるがいまひとつ心に響かず、明治の人である著者が信心された立場から著しておられるのが生々しく今の私の心に時代を超えて伝わります。感謝!!私はこの本で信心のご縁をいただきました。かさねて感謝!!
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す