欲望 [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

欲望 [DVD]

5つ星のうち 3.2 19件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 3,175より 中古品の出品:5¥ 2,465より
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 欲望 [DVD]
  • +
  • マリッジリング スペシャル・プライス [DVD]
総額: ¥4,335
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 板谷由夏, 村上淳, 高岡早紀, 利重剛, 大森南朋
  • 監督: 篠原哲雄
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 字幕: 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2006/06/23
  • 時間: 133 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 19件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000F9RBGC
  • EAN: 4934569625052
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 18,751位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   日本映画としてはめずらしく、男と女の性を真正面からとらえ、官能的な映像に結実させた1編。小池真理子の原作のテーマを損なうことなく、見事に映画化された。中学時代から正巳に好意を持っていた類子だが、正巳は親友の阿佐緒に想いを寄せていた。その後、図書館司書となった類子は、妻子ある男との肉体関係に溺れていたときに阿佐緒と再会。親子ほど年の離れた精神科医と結婚を決めた阿佐緒のパーティに招かれた類子は、そこで正巳とも会う。
   時を経た親友3人の関係は、再会によって濃密になっていくのだが、正巳が性的不能であるという事実が、さらに関係をややこしくしていく。要所に鮮烈な性描写があり、なかでも、類子が不能の正巳と何とか結ばれようとするシーンは痛々しくもエロティック。しかし、映画全体に漂うのは、純愛のようなピュアな美しさだ。正巳が傾倒する三島由紀夫作品との関係など、文学的要素も多く、結末が、さまざまな想像をかき立てる。主演3人は、複雑な役を文字通り体当たりで演じきり、背景となる70~80年代のカルチャーが、どこか郷愁を誘う。(斉藤博昭)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

直木賞作家・小池真理子による同名恋愛小説を篠原哲雄監督が映画化した官能恋愛ドラマ。中学時代、美少年の正巳に想いを寄せていた類子。10年後、妻子ある男と肉体だけの関係を続けていた類子の前に、ふたたび正巳が現われて…。R-18作品。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
イントロ、大衆食堂でヒロインが定食を食べるシーンから引き込まれます。この辺、監督のキャラが反映されてそうでいいですね。原作は女の生理的な部分の内向性が生々しく描かれていて重厚な作品なのですが、これをウ"ィジュアル的に表現するのは凄く大変だったでしょうね。もう女優さんの演技力頼みでしょうから…そういう意味では板谷由夏さん、かなり頑張ってると思います。ただ相手役の男優さんが板谷さんの演技レベルまで到達してなかった様な気がします。感情の無いセリフ回しが鼻に付いてまるでロボットの様だ。おまけに尻の上のタトゥーがやけに目障りに感じた。家政婦役の中村久美さんなどは原作のイメージ通りにほぼ完璧な役作りで舌を巻いたんですが…キャスティングのバランスが悪いですね。全体的な評価としては微妙な作品です。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 雑想 VINE メンバー 投稿日 2008/10/25
原作は読んでませんが、原作者はこの主演男優を観て
砂を噛む思いだったのでは・・?

設定されたキャラとの違和感が強く、ストーリーが進むにつれて
相対的に板谷由夏さんがどんどん一人浮き上がってゆく感じ。

ミスキャストによる失敗作だと思います。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
高岡早紀さんが出るので見に行ったんですが、

それよりも板谷さんの演技というか脱ぎっぷりはすばらしかった。

見ているこちら側が恥ずかしくなるくらいだった。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
涙は出ませんでした。何故なら考える事が多すぎて、涙している余裕がなかったからです。かなり過激なシーンはありますが、グロテスクではなく、美しくさえ思います。素晴らしい作品だと思います。二度目はきっと泣けるでしょう。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 板谷由夏さん、ファンになりました。
「友達のままじゃ、いやだ」って気持ち、久々に思い出しました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
高校時代から仲良し三人組の類子と正巳とあさお(字がわからずすみません)。 理解しあう類子と正巳。事故死してしまうあさお。
「ずっと一緒にいたいね」と映画の最後のほうで言った直後「泳いでくる」と海のなかに入って、戻る気のなかった正巳はひどい人。
戻って来ないと知っていたら類子は絶対海に入らせなかったのに。何しに旅行にきてるんだか。。 類子の気持ちはどうなるの! わたしも類子と泣きたくなった。
その後類子は別人と結婚したから孤独ではないが、結婚したあとも正巳の写真をみてまた泣く。
正巳はいっぱいいっぱいだったのかな。。類子という理解者を得て強く生きて欲しかった。
作中によく出て来る三島由紀夫の本を読んでみたいと思った。
正巳が強く生きてたら五つ星だったけど。。すみません。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
板谷由夏さんという女優さんを初めて認識したのですが、演技力、体当たりで役に挑んでいく情熱に感動しました。
主演の彼女があまりにすごすぎるため、相手役の俳優の方は完全に食われてしまっていてちょっと可哀想なほど。
地味ながら内なる欲望を抱え、それを開花させていく主人公の気持ちが伝わり、泣けてしまいました。

ラブ・シーンもこってりと描かれておりますが、この濃厚さはドラマの上で必要なものだと感じられます。
数年後に見返したくなる心に残る作品です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
大森さんがすばらしい。

主人公類子の不倫相手、能勢という役ですが、
身勝手さと優しさ、大胆さとへたれっぷりをなんの
矛盾も感じさせず、その存在を納得させられた。

また、この映画では、類子と正巳のピュアなセックスシーンが見せ場なんだろうけど、
対して太古の昔から営んでいる男女の交わりを生々しくみせた大森さんに脱帽。

他の役やシーンは他の人が言っている通りだと思います、、、
板谷さんの脱ぎっぷりに感服だし、
村木さんのタトゥーにがっかりだし、
高岡さんのはすっぱな感じがちょっと違和感。

でも、私は、とくに大森さんにあっぱれでした。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 原作は、林真理子とよく混同されていた小池真理子の、1998年第5回島清恋愛文学賞受賞作品。
 姓が音で三文字、名が漢字も同じだし、初エッセイがベスト・セラー、小説に転向し、直木賞受賞という経歴も同じだからか、 お互い、非常に嫌な想いをしたそうだ。

 父君の蔵書の影響により、文学や哲学的素養に恵まれていたらしく、映画においても、本棚ぎっしり詰まった本、三島由紀夫、“観念”、そして、“性と自裁”等々、懐かしの昭和風語録が憶い出され、興味深く拝見。

 内容は全然違うが、シンプル極まりないタイトルは、おそらく宮城三女高(確か残間里江子も在籍したはず。誤りだったら御免なさい)か文理予備校時代、仙台の映画館で観たに違いない、ヤードバーズ時代のジェフ・ベック&ジミー・ペイジの姿が拝める、ミケランジェロ・アントニオーニ監督の代表作『欲望』からもあるのでは?
 あの原作は、アルゼンチンの作家で、ボルヘスより凶暴なフリオ・コルタサルの短篇「悪魔の涎」だったが、国書刊行会版『秘密の武器』(訳=木村榮一)のトップに収録されていたのに、全然気づかなかった。 

 さり気無い演出の佳作『はつ恋』をも撮った篠原哲雄監督には、一度しかお会いしたことがないのだが、望月六郎監督の演出に通ずるところがある(特に『鬼火』あたり)ような気
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック