通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
欧文書体 2 定番書体と演出法 (タイポグラフィの... がカートに入りました
+ ¥402 配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【必ず最後までお読みください】■中古品のため多少の使用感・経年劣化(折れ、ヤケ、シミ、古書特有の匂いなど)がある場合がございます。帯をお付けできる保証はございません(商品の一部とみなしておりません)。カバーが商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。また、中古品の特性上、ギフトには適しておりません。詳細についてはAmazonマーケットプレイスコンディションガイドラインをご覧ください。■弊社から注文確認・発送完了メールはお送りいたしません。発送完了後、Amazonから発送をお知らせするメールが届きます(追跡番号も記載されています)。■返品・交換の際は弊社指定の方法でのご返送が必要となる場合がございます。2020/02/16 12:16:50
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


欧文書体 2 定番書体と演出法 (タイポグラフィの基本BOOK) (日本語) 単行本 – 2008/8/22

5つ星のうち5.0 6個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥2,750
¥2,750 ¥1,723
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 2 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から260円OFF。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から260円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


ブックマイレージカード
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から260円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 欧文書体 2 定番書体と演出法 (タイポグラフィの基本BOOK)
  • +
  • 欧文書体―その背景と使い方 (新デザインガイド)
  • +
  • フォントのふしぎ  ブランドのロゴはなぜ高そうに見えるのか?
総額: ¥7,700
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

Helvetica, Univers, Garamond など、デザイナーなら一度は使ったことのある定番書体の
成り立ちと効果的な使い方を欧文書体の第一人者である筆者が解説。
海外での使用事例写真もカラーで豊富に紹介。生きた知識が身につく一冊です。
約170種類の欧文書体を掲載。帯の推薦文は、ブックデザイナーの祖父江慎。

欧文書体の基礎知識について解説した『欧文書体 その背景と使い方』の続編である本書では、
その中でも定番と呼ばれる名作書体について、効果的な使い方をより実践的に解説しています。

第1章の「フォント演出入門」では、欧文書体が欧米で実際に使われている写真を豊富に掲載し、
具体的な使用法を紹介。
高級感を出したいとき、親しみやすさを演出したいとき、機能的な印象を与えたいときなど、
シーン別に書体の選び方、使い方を解説しています。
第2章の「定番書体徹底解剖」では、デザイナーがよく使う定番の16書体について、
その作者に書体の効果的な使い方をインタビューした内容です。

「ワインのラベルをデザインしているんだけれど、この書体は使っていいのか?」
「高級感のある化粧品のパッケージのロゴによさそうな書体は?」など、
書体選びに迷っても、この本があれば安心。海外でも通用する生きた欧文の知識を吸収し、
実際のデザインワークに役立てることができます。

出版社からのコメント

第1章では、シーン別に実際に海外で欧文書体が使われている事例を紹介。70点を超えるオールカラー写真を掲載し、海外の街を歩いているような楽しさで、欧文書体の生きた知識が身につくように構成しています。
第2章では、ヘルマン・ツァップ、アドリアン・フルティガーなど、巨匠書体デザイナーに筆者がインタビュー。書体設計の考え方や効果的な使い方を紹介しています。

第1章:フォント演出入門(書体で特定の雰囲気や時代を演出する)
高級感を演出する書体、親近感を演出する書体、食欲をそそる書体、機能的なイメージの書体、ドイツ・イギリス・フランスらしさを演出する書体、70年代を演出する書体 8テーマ  

第2章:定番書体徹底解剖(定番書体の作者へのインタビューと解剖)
Helvetica, Adobe Garamond, Palatino, Optima, Zapfino, Univers, OCR-B, Frutiger, Galliard, Big Caslon, Georgia, Snell Roundhand, Shelley Script, ITC Bodoni, Shuriken Boy, Bello

内容(「BOOK」データベースより)

欧文の各書体がいつどこで生まれ、今はどんな形で組まれ、どう活躍しているのか。日本で初めての深くわかりやすい解説。どういう使い方をしたら効果的なのかを考えて書体を使い分けること、その書体デザイナーの意図がどこにあるのか読み取ることについても言及した。

レビュー

第1章では、シーン別に実際に海外で欧文書体が使われている事例を紹介。70点を超えるオールカラー写真を掲載し、海外の街を歩いているような楽しさで、欧文書体の生きた知識が身につくように構成しています。
第2章では、ヘルマン・ツァップ、アドリアン・フルティガーなど、巨匠書体デザイナーに筆者がインタビュー。書体設計の考え方や効果的な使い方を紹介しています。

第1章:フォント演出入門(書体で特定の雰囲気や時代を演出する)
高級感を演出する書体、親近感を演出する書体、食欲をそそる書体、機能的なイメージの書体、ドイツ・イギリス・フランスらしさを演出する書体、70年代を演出する書体 8テーマ

第2章:定番書体徹底解剖(定番書体の作者へのインタビューと解剖)
Helvetica, Adobe Garamond, Palatino, Optima, Zapfino, Univers, OCR-B, Frutiger, Galliard, Big Caslon, Georgia, Snell Roundhand, Shelley Script, ITC Bodoni, Shuriken Boy, Bello --出版社からのコメント

著者について

小林 章(こばやし・あきら)
1960年生まれ。世界最大の書体メーカー、ライノタイプ社(ドイツ)タイプディレクターとして、書体デザインの制作指揮と品質検査、新書体の企画立案などを行うほか、サントリーの新ロゴタイプ監修や国内外のデザイン賞の書体審査などでも活躍。現在、ドイツ在住。著書に『欧文書体 その背景と使い方』(美術出版社、2005)。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

小林/章
1960年新潟市生まれ。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン科卒業。1983年から約6年間株式会社写研で写植用文字デザインを担当の後、欧文書体の基礎を学ぶ必要を感じて退社する。1989年から約1年半の間イギリスに滞在して工芸家との交流や図書館通いでタイポグラフィについて学ぶ。1990年に帰国の後、字游工房とタイプバンクを経て1997年にフリーランスの欧文書体設計家として独立し、2000年までの間にアドビシステムズ(米)、フォントショップ・インターナショナル(独)、ITC(米)などから欧文書体を発表。1998年U&Ic type design competitionでCliffordが最優秀賞、本文部門1位同時受賞。2000年International type design contestでConradが本文部門最優秀賞に選ばれる。他、本文部門を中心に受賞多数。現在ライノタイプ社タイプディレクターとしてドイツに在住。2006年から東京タイプディレクターズクラブ年鑑の審査員をつとめる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


出版社より

フォント フォントのふしぎ タイポ タイポグラフィ グラフィック グラフィックデザイン サインデザイン サイン 小林章 ロゴデザイン 広告 パッケージ パッケージデザイン フォント フォントのふしぎ タイポ タイポグラフィ グラフィック グラフィックデザイン サインデザイン サイン 小林章 ロゴデザイン 広告 パッケージ パッケージデザイン フォント フォントのふしぎ タイポ タイポグラフィ グラフィック グラフィックデザイン サインデザイン サイン 小林章 ロゴデザイン 広告 パッケージ パッケージデザイン フォント バウハウス 建築 ヨハネスイッテン タイポ タイポグラフィ グラフィック グラフィックデザイン サインデザイン サイン 小林章 ロゴデザイン 広告 パッケージ パッケージデザイン 色彩論
フォントのふしぎ  ブランドのロゴはなぜ高そうに見えるのか? 欧文書体―その背景と使い方 欧文書体 2—定番書体と演出法 ヨハネス・イッテン 色彩論
内容 高級ブランドのロゴはなぜ高級そうにみえるのか? Aの右側の棒はなぜ太いのか? 欧文フォントにまつわる素朴な疑問に答えてくれるトリビアの本。 代表的な欧文書体30書体の解説とその適切な使い方、カンマやイタリックなど、欧文特有の組版ルールなど、デザイナー必須のテクニックを紹介。 世界最大のフォントメーカー、ドイツ・ライノタイプ社でタイプディレクターをつとめる著者の書き下ろし。 Helvetica, Univers, Garamond など、デザイナーなら一度は使ったことのある定番書体の 成り立ちと効果的な使い方を欧文書体の第一人者である筆者が解説。 海外での使用事例写真もカラーで豊富に紹介。生きた知識が身につく一冊。 教示篇・論争篇・歴史篇の三部構成からなり、教示篇で色彩に関する己の基礎理論を展開し、論争篇でニュートンの色彩論を批判し、歴史篇で古代ギリシアから18世紀後半までの色彩論の歴史を辿る。

登録情報

  • 単行本: 160ページ
  • 出版社: 美術出版社; 1版 (2008/8/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4568503647
  • ISBN-13: 978-4568503647
  • 発売日: 2008/8/22
  • 梱包サイズ: 25.6 x 18.2 x 1.6 cm
  • カスタマーレビュー: 5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 203,024位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
評価の数 6
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

6件のカスタマーレビュー

2016年6月26日
形式: 単行本Amazonで購入
2013年2月3日
形式: 単行本Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年4月27日
形式: 単行本Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2010年5月4日
形式: 単行本
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2008年12月3日
形式: 単行本
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年9月22日
形式: 単行本
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告