通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
欧文書体―その背景と使い方 (新デザインガイド) がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【カバーに多少スレがありますが本の中は全体的に良好な状態です。】ご注文確定後アマゾン配送センターより迅速丁寧に発送されます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

欧文書体―その背景と使い方 (新デザインガイド) 単行本 – 2005/6/16

5つ星のうち 4.7 12件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,700
¥ 2,700 ¥ 1,999

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 欧文書体―その背景と使い方 (新デザインガイド)
  • +
  • 欧文書体 2 定番書体と演出法 (タイポグラフィの基本BOOK)
  • +
  • フォントのふしぎ  ブランドのロゴはなぜ高そうに見えるのか?
総額: ¥7,560
ポイントの合計: 227pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

~「現場で活躍するプロのデザイナーのお役に立つこと」を念頭に書いたハンドブックです。これまでの「アルファベットのレタリング」の本とはだいぶ違います。

過去のレタリングの本に必ず出てきた「書体の細かい分類」や「文字の各部の名称」などの用語の羅列は、大して役に立たないし退屈なので大半を削りました。私はドイツの書体メーカーで欧文書体のデ~~ィレクターをやって5年目、タイポグラフィのコンテストの審査員もつとめてきました。その現場で使わない言葉は日本のグラフィックデザイナーの方々も使わないだろうと思います。役に立たないどころか、日本で伝わる欧文書体デザインの「専門用語」の中には海外でまったく通用しないものもあります。ヨーロッパにいると、欧米と日本とのそういうズレが見える~~ので、世界レベルの正しい使い方を書きました。

歴史の話はほとんど出てきません。アルファベットの成り立ちを簡単に紹介した後は、現場ですぐ役立つ情報を図版入りで解説しています。フォントの中に入っている記号類の正しい使い道や、どういう雰囲気を出したいかによって書体を使い分けるヒント、さらに上級者向けの欧文組版のコツが書いてあります。
$N~~$「簡単なことを簡単に書く」ことも大事に考えました。プロ向けではありますが、入門者や学生にもとっつきやすい内容に、ということです。カッコつけるよりは分かりやすく、と思って。例えば、ローマ字だけでは読みづらい書体名があるので、すべて書体名にはカタカナで読みを添えました。「Peignot」「Veljovic」なんて書体はどう読んだらいいか分からないじゃない~~ですか。そんなことでその書体が使いにくくなってはつまらないので、なるべく欧文書体を身近に感じてもらって、使ってもらいたい。日本は世界でも指折りのデザイン先進国です。そこから発信する欧文の文字組版がもっと美しくなって、世界に通用するようなものがどんどん出てきて欲しい。そんな気持ちで書きました。

「世界に通用する欧文書体の使い方」っ~~て、考えてみれば当たり前ですよね。でもそういう本が今までなかったんです。~

内容(「BOOK」データベースより)

デザインで恥をかかないための欧文書体のルールとマナー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 159ページ
  • 出版社: 美術出版社 (2005/6/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4568502772
  • ISBN-13: 978-4568502770
  • 発売日: 2005/6/16
  • 商品パッケージの寸法: 25.6 x 18.2 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 171,665位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
~現在、ドイツのライノタイプ・ライブラリ社でタイプディレクターとして活躍されている小林章氏の、「デザインの現場」での連載をまとめて加筆したもの。欧文書体をデザインし続けて数十年のキャリアを持ち、ドイツで生活されながら、ヘルマン・ツァップやアドリアン・フルティガーといった書体デザインの巨匠とともに仕事をされている小林氏だからこそ、信頼~~できる正確な情報が得られると思います。
欧文書体の成り立ちから、実際の使い方まで、基本的な知識もマメ知識も同時に習得できる感じです。小林さんの現在のお仕事(AvenirやOptimaなどの改刻版のデザインなど)についてちょっと垣間見れたりと、読んでて飽きないですね。
いまDTPなどのデザインをされてる方には特に役立つと思いますし、欧文書体に興味がある~~人も、すごく勉強になる本です。書体が好きな方はぜひ一冊。~
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ピカール 殿堂入りレビュアー 投稿日 2010/2/11
形式: 単行本
私はデザイナーではありませんが、日常で欧文タイプを目にする機会があるので興味本位で読んでみました。
欧文書体の歴史から体系、使い方の原則がしっかりと分かります。国柄を反映した書体デザインから、日本人では気づきにくい各種記号の用法まで、あらゆる点で参考になりました。
普段何となく使い分けてきた書体も、よりふさわしい使い方が見えてきます。今まで、見た目重視でとんでもない使い方をしていたのだなと思い知らされることも多かったです。

平易な文章で、専門用語は適宜解説されているし、筆者の思い入れが率直に伝わってくるので読み物としてもすばらしい。デザイナーや学生だけでなく、西欧とのビジネスに携わる人にもおすすめします。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
デザイナーでもない私は,書体のこまかいことなんてこれまでほとんど興味を
もったことが無かったのですが,この本に出会って奥の深さに感銘を受けました.

その中でも特に,四章 欧文書体の楽しみ方で紹介されていたスクリプト体が
とても新鮮でした.ワインのラベルとかで使われることが多いあの文字が,
フォントを使って書かれていたのは目から鱗.これまでは,デザイナーさんが
描いているもんだとばかり思っていました.

身の回りに活字が多く出回る現代,書体に興味を持つと,世界を見る目がちょっと
変わって楽しいですよ.

語り口もとても平易に書かれており,すべての人にお勧めです.
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
はじめての教科書、といっても私にとってですが、この本で、欧文について不思議だったこと、フォントについてどう使うんだろう?と思っていた機能などを知ることができました。欧文の美しさ、についても教えてもらえました。丁寧に、率直に語られているだけでなく、ヨーロッパの看板などの実例もよい(これは欧文書体2が極めているようですが)です。元の連載を存じ上げず、さらに堅めのカバーだったため手にとるまで時間がかかってしまいましたが、とても大切にしたいと思っている一冊です。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 atu 投稿日 2012/2/1
形式: 単行本
冒頭にある、「海外の販促物にある変てこな日本の文字」に
違和感を覚えた記憶がある人ならこの本の重要性がわかると思います。

もしこれを普通の欧米圏の人間に質問しても正確に答えられないでしょう。
私も大分アルファベット書体の判別がつく様になりとても面白かったです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
欧文フォントを作成している専門家のエッセイです。見た目の解説が多いので、なぜそうするのか、その記号は何か、あるいは歴史的な経緯については詳しくない場合があります。著者の感動と一致しないこともありましたが、一通りのことが取り上げられているので、初心者に説明するときには便利です。欧文といっても、主に西ヨーロッパ系のアルファベットであることに注意。

これだけでは物足りないので、本書でも参考文献に取り上げられているRobert Bringhurst著のThe Elements Of Typographic Styleは必須ですね。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック