通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
次世代マーケティングリサーチ がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

次世代マーケティングリサーチ 単行本 – 2011/3/3

5つ星のうち 4.0 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 次世代マーケティングリサーチ
  • +
  • 課題解決! マーケティング・リサーチ入門
総額: ¥4,320
ポイントの合計: 130pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ビジネスに生きる本当の消費者データ
”Ask”から”Listen”へ。海外で注目される新技法は日本でも普及するのか。
ソーシャルメディア時代におけるマーケティングリサーチの伝統と革新を知る貴重な一冊。


Asking(質問する)からListening(傾聴する)へ
10年代のマーケターが理解すべき、消費者の心の声(インサイト)を聞くための技法。

ソーシャルメディアの発達で、消費者の声を探る手法が大きく変わりつつある。
質問紙やインタビューに依存した従来型の手法では消費者の心の声(インサイト)を十分に反映できない。
コミュニティの中に入り、データを観察し、企業活動に生かしていくために今何ができるのか。
マーケティングリサーチの最新手法を紹介しつつデジタル時代の新たなデータ活用法を説く。



はじめに

Introduction 消費者が変わればリサーチも変わる
マーケティングリサーチとは何か。
今なぜ「次世代」について語らなければならないのか?
マーケティングリサーチをめぐる論点を整理する

Chapter1 なぜ新しい消費者理解の技術が必要なのか
戦争から恋愛へ。
消費者の心の中のシェアを争うとはどういうことなのか。
従来の調査ではつかめない、新しいデータ利用の発想を学ぶ。

Chapter2 パートナーとしての消費者
消費者はリサーチの「回答者」か、それとも「参加者」か。
消費者の中に飛び込み、消費者と会話するためのさまざまなノウハウを知る。

Chapter3 消費者の言葉に耳をすます
「消費者の声を聞くこと」は「市場調査」にとってどんなメリットがあるのか。
検索やクチコミ、そしてTwitterを使った「傾聴」の方法を考える

Chapter4 新しいデバイスとテクノロジーの活用
日々進化するテクノロジーがリサーチを変える。
センサリング技術や映像技術がもたらすインテリジェンスとはどのようなものか。
最先端の事例を探る。

Chapter5 マーケティングリサーチの伝統と革新
マーケティングリサーチのビジネスモデルが転換期を迎えつつあるい今、
伝統的手法と新しい手法をどう使い分けるべきか、次世代のりサーチャーへの提言。

おわりに
Appendix
■マーケティングリサーチャーのネットワーキング
■参考文献・ウェブサイト

内容(「BOOK」データベースより)

AskingからListeningへ、10年代のマーケターが理解すべき消費者の心の声(インサイト)を聞くための技法。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 200ページ
  • 出版社: ソフトバンククリエイティブ (2011/3/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797361913
  • ISBN-13: 978-4797361919
  • 発売日: 2011/3/3
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 456,114位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
購入してから、だいぶ時間が経過してしまった『次世代マーケティングリサーチ』を読了しました。

マーケティングや商品企画に携わる方々だけでなく、2010年代のライフスタイルを再認識することもできるので、多くの方々に読んでいただきたい一冊です。

従来のマーケティングは、生活者の意識を仮説して検証するという、被験者の「意識」を前提とした「仮説・検証型」。
これからは、生活者の行動やソーシャルメディアの発言等を介して、なぜ、そうのような行動になったのかという、行動を通じて生活者の「無意識」を推察する「観察・推察型」にシフト。
リアルタイムに入手できる行動データからインサイトを読み取り、生活者自信も気付かなかったニーズを読み取り、それをカタチにしてサプライズを実現することが求められる。

人間の行動は、「5%の意識」と「95%の無意識」から構成されているので、必然と言えば、必然のアプローチ。

この95%の無意識を可視化する「Scanamind」は、行動観察の結果から導き出される仮説を検証するのに有効なツールであることを再認識。Scanamind、オススメです。

[...]
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
リサーチャー向け,というより,マーケター向けにリサーチにまつわる話題を,広く浅く,新しいものもざっとひととおり紹介します,といった感.もっとも,リサーチャーがもっと視野を柔軟に広くもちましょう,という働きかけが意図されている点では,リサーチャー向けなのかもしれないが,リサーチャーにとっては事例の表層紹介でおわっており,実用性はあまり期待できない.だが,話題としては確認を含め,読んでおいて悪いことはない本.個人的には「Introduction」がもっとも興味深かった.ちなみに「代表性ある調査」に対しては何の示唆も無い.
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
マーケティングリサーチはいま、大きな転換期にある。
導入部で、プロモーションとマーケティングを同時に行う、
クックパッドが紹介されるのが、その問題提起。

ソーシャルメディアの台頭によって、
マーケティングが<伝えること>から<聴くこと>へと変化する現在、
これまでのオーセンティックな調査手法の無力さが、
さまざまな新しい手法によって証明されていく。

MROC(マーケティング・リサーチ・オンライン・コミュニティ)、
WeReseach、ライフログなど新しいデバイスやテクノロジーによる事例の紹介は、
転換期を表す不確かではあるが、破壊的イノベーションが偏在するこを示す。

なかでも、著者がこれまでの企業のマーケティング姿勢の体現として挙げる、
マーケティングリサーチの発注を、広告制作を行った代理店に発注していた、
というのは、もはや笑える話だ。(著者は真面目に紹介しているが)

マーケティングリサーチのこれからは、人任せではなく、
企業が自ら行わなければならものへと変わっていくのではないか。
そこで役立つのが、ソーシャルメディアなどのプラットフォームであり、
新しいデバイスとテクノロジ
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
上司に進められて読みましたが
言葉の言い回しが自分にはあまり響かず
あまり為にはなりませんでした。

全体的に様々な事例の紹介ですが
まとまりがなく、読み応えがなかった為
この評価です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
マーケティングリサーチにおける、これまでとこれからが分かりやすくまとめてあります。リサーチを活用する人にとっては知っておかなければ、時代遅れのリサーチ、そして判断をしてしまうのではないでしょうか。消費者は、回答者ではなく参加者であるとか、市場調査ではなく傾聴が重要であるなど、リサーチの活用について知識を最新化できる内容。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ソーシャルメディア活況の昨今、この新分野の実用的な調査手法や効果計測や分析手法の指南を想像して購入した人には期待はずれの内容。
どちらかというと、古典的なリサーチ手法からスタートし、最近の新たなアプローチの事例紹介集という立ち位置の内容。
残念ながら事例紹介から先、読者がどのようにその事例を落とし込んでいけば良いか、その点からの示唆は弱い。
つまり最近のリサーチの概念的な流れがわかるためにはよい一冊だが、ソーシャルメディアにおけるリサーチ本だと思って買うと残念な結果に終わる。
Klout, tweetmanager, hootsuite, twittpollこういった単語は出てこないし、こういった分野には一切入り込んでいかないので注意が必要。
タイトル負けしている感は否めない。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック