中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

次世代マーケティングプラットフォーム 広告とマスメディアの地位を奪うもの 単行本 – 2008/9/27

5つ星のうち 4.0 25件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

広告を超えるテクノロジーの現在とこれから
『次世代広告テクノロジー』待望の続編。
デジタルサイネージ、広告マーケットプレース、ウェブ解析とCRMなど、台頭するテクノロジーの現在を徹底取材。
「広く告げる」から「売れる仕組み」へと再定義される広告・マーケティングの未来を大胆に予測。


マスメディアをベースにした「広く告げる」を意味する広告は、その存在価値を著しく低下させつつある。
企業から消費者に発信されるメッセージは、より特定の層にターゲットされ、よりパーソナライズなものに変化し、販売促進に近いコミュニケーションになっていく。
そして、そのプロセスは自動化され、これまで「広告」「メディア」といった業態が担っていた役割の多くを代替することになる。
IT業界の最先端を見つめ続けてきた異色のジャーナリストが米国を中心に台頭する広告の「周縁」テクノロジーを徹底取材。
20世紀型広告の「終焉」を示唆する衝撃の書。

著者からのコメント

「テレビCMが崩壊する」「売る仕組みがプラットフォームになる」という予測は過去にありました。この本は、こうした予測が実際どの程度現実のものになっているのか、米国取材などを重ねてまとめたものです。そこで分かったことは、「ウェブ解析」「CRM」「広告マーケットプレース」などといった技術を核にマーケティングプラットフォームが実際に台頭しつつあることです。しかもその上では「共存共栄」「相互接続」をルールに急速な技術革新が進んでおり、グーグルといえども1社で牛耳れない状況です。
この本は、広告関係者はもとより、ウェブビジネス関係者や、一般企業の経営企画などに携わる人たちにも読んでもらいたい内容になっています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 216ページ
  • 出版社: ソフトバンククリエイティブ (2008/9/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797348844
  • ISBN-13: 978-4797348842
  • 発売日: 2008/9/27
  • 梱包サイズ: 20.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 628,833位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
 次世代の広告がテレビ,新聞,雑誌,ラジオから,インターネット広告へと変化するその過程を,著者自身の取材を踏まえて,客観的に述べられている。今まで以上にインターネットにより顧客情報の詳細情報が取得できるようになれば,サザエさんに出てくる三河屋さん的なアプローチが,インターネットで可能になる。そうなれば,大衆に広く伝えるマス広告というものは,今ほど意味をなさなくなる。そういう未来を著者は予見している。そして,その変化の仕方は,急激なものではなく,今までの広告媒体の周縁から徐々に浸食しはじめ,最終的に今までの4マスはコア部分のクリエイティブなものだけが生き残り,それ以外は淘汰されていくと述べている。著者自身の取材により得られた結論なのでとても説得力がある。
 また,個人情報をインターネットというクラウドな世界に預けてしまって不安はないのかという疑問に対して,著者は「お金を銀行に預けることと同じ」と述べている。これはとても納得した。銀行が信用に足る企業だからこそ,お金を預けられている。同様に,Googleなどが信用できるからこそ,Gmailを使えるのだ。もし,Googleが無断で個人情報を利用しようものなら,あっという間に倒産してしまうだろう。Googleのような企業はその重要性を十分に認識している。だからこそ,Gmailは普及していると言える。Gmailに限らず,私たちが「信
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
数年前に出版された本なのだが、今改めて読んでも気付かされる部分や、
散らかっていた思考を再整理させてもらえる要素も多かった。

内容は決して紋切り型の「マス」対「ウェブ」的な二項対立論ではなく、
広告活動やプロモーションのプランニングにおいてメディアバイイングや
クリエイティブ表現を最前面に押し出した世界からwebテクノロジーとデータを基軸とした
OnetoOneマーケティングの方向へ大きく変わっていきますよという内容。

2008年当時なのでTwitterやFBなどSNSの影響力が、
まだここまで大きくなっていない時代に書いた内容としては慧眼。
著書の中でも触れているが、既存の広告会社がこれまでメディアの枠を持っていて
それを売ることによるマージン収入をベースにしたビジネスモデルが
大きく変わってきているのは明白で、極論アドマーケットプレイス
(広告主とメディアが直接取り引きする広告市場)が本当に浸透したら飯の食上げになるところも多い。

自分は広告会社ではないですが、
クリエイティブ(表現という意味で)の果たす役割が小さくなるとは思わない・・・
が、大金積んでタレント使って有名コピーライターでみたいな部分への投
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「テレビCM崩壊」「広告の終焉」という主張は
今に始まったものではないが、
終焉した広告に取って代わる何かを
「テクノロジー」であると断言し、
それが萌芽しつつある現状をまとめている。

また、新しいプラットフォームにふさわしいメディアとして
デジタルサイネージに注目しており、
その実例(米国だが)が興味深い。

主張はいささかIT寄りで、議論に精密さを欠くところもあり
(既存の)広告・メディアに携わる人間から
みれば突っ込みどころも多々ある議論ではある。
が、この種の主張が、時事通信編集委員という
レガシーメディアの内部の人から
発せられているということ自体が興味深い。

物議の書というか、肯定するにせよ反論するにせよ、
一度目を通しておく必要のある一冊といえるだろう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 一市民 トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2008/12/21
形式: 単行本
通信社の記者が書いた次世代広告論。

ありがちな、googleが勝つか代理店が勝つか、などという二元論を廃し、マス広告でもネットでもどちらでもないマージナルゾーンが今後広がっていくだろう、と予想している。そして、そこを制するのは、優れたクリエイティビティではなく、筆者が”三河屋さん的な”と形容する、優れた1to1マーケティングのインフラとして機能するマーケティング・プラットフォームであると。

本書で語られるマーケティング・プラットフォームとは、例えばクラウドコンピューティング上で機能するオンライン上のBtoBサービスシステムやデジタルサイネージなど。この面に関して、クリエイティブの面を廃し、純技術的に語る本は珍しい。広告・マーケティング畑の人間が書くと、広告とはやはりクリエイティブ、という結論に帰結することが多いのだ。本書はそれとはまったく逆にプラットフォームビジネスの優位さ、またクリエイティビティの限界を謳っている。このあたり、いかにも通信社の人が書いた本らしい。

技術的な側面から今後の広告を占う本として貴重な一冊。必ずしもそのスタンスには同調はしないが、読んで損はなかったと思う。4点献上。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー