¥ 1,620
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
次の震災について本当のことを話してみよう。 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

次の震災について本当のことを話してみよう。 単行本(ソフトカバー) – 2017/11/22

5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,282

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 次の震災について本当のことを話してみよう。
  • +
  • 人が死なない防災 (集英社新書)
総額: ¥2,441
ポイントの合計: 75pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



159回芥川賞&直木賞 大賞作品発表!
芥川賞受賞 『送り火』 高橋弘希。直木賞受賞 『ファーストラヴ』 島本理生。 特集ページへ

商品の説明

内容紹介

★「防災学の権威が、あえて悪夢の図を掲げてみせたのは南海トラフ地震への強い危機感ゆえだろう」(日経新聞「春秋」)
★「例えば東京の都心部が江戸時代まで海辺だった『ずぶずぶの』地盤だというのは、改めて解説されると恐怖感を喚起させられる。…次の震災で命を落とさないために、是非一読をお勧めしたい」(読売新聞書評)。 2018年5月25日付 日刊工業新聞【話題の本】で紹介されました
★「もう想定外とは呼ばせない――。読者が1人でも多く防災に対する意識を変え、1つでも多くの行動をしてほしい。それが本書に込められた福和教授の最大の『ホンネ』なのだ。(東洋経済オンライン)

南海トラフ地震は「来るかもしれない」のではなく「必ず来る」!

日本人の2人に1人が被災者に! ?

関東大震災の「火災」
阪神・淡路大震災の「家屋倒壊」
東日本大震災の「津波」

これらを同時に経験するかもしれない。

首都圏を襲う大地震も懸念される!

【次の震災の光景】
街は津波に襲われたところと、火災で燃えているところと両方の惨状が広がる。
あまりたくさんの家が壊れているので、避難所には入れない。人々はヨレヨレの格好で郊外に歩いていく。
行き倒れになっている人を助けることもできない。電気もガスも水道もすべてが途絶。
…衛生状態も悪化の一途。街には強烈な腐臭が漂う。

【危うい大都会】
入り江を埋め立てた東京・日比谷、丸の内の地盤はズブズブ。関東大震災では丸の内のほとんどのビルが倒壊した。
スイスの再保険会社が公表した自然災害危険度が高い都市ランキングで「東京・横浜」はワースト1。
大阪・中之島は高波や津波の時どう対処するのか。名古屋駅前も軟弱地盤。
林立する超高層ビルの安全性は十分には検証されていない。

【40年の空白】
戦後40年、高度成長期に大都市で大きな地震がなく、日本は経済成長を遂げた。
この間、電気、燃料、水道、通信網が高度に発達し、それを基盤にした社会に日本人は生きている。
次の巨大な地震はそれらをすべてストップさせて容易に回復できないという、過酷な事態をもたらす可能性がある。
東海・東南海地震が起きたら、世界はその後に南海地震が続くと警戒し、日本は売り叩かれる。世界恐慌につながる。

【見たくないものを見る】
こうした事態は多くの人にとって「見たくないもの」。
私たちは「誰かがうまくやってくれている」と、見たくないことに目をつぶり、人任せにして日々を過ごしている。
「見たくないもの」をあえて見ることが最悪の事態を防ぐ。

【ホンネが問題を解決する】
本来、企業の事業継続計画(BCP)とは「具合の悪いところを見つけて改善するためのもの」。
それなのに、「社長や株主に報告するため」のきれいなものになっている。
組織の死命を制する防災は「ホンネ」で語らなければダメ。名古屋の大手企業70社と「ホンネの会」を始めた。
「自分の組織の悪いところを正直に話すこと」「嘘をつかないこと」が入会資格。
「実はうちも全然ダメ」などというやりとりが続き、それぞれが持ち帰り自社の防災対策に生かしている。
ホンネがホンキの対策を生む!

【今すぐできること】
南海トラフ地震のような大規模災害では公的な支援は不足する。自助が基本。家の耐震化は見栄えさえ気にしなければ安くできる。
進学、結婚で新しい土地に住む時は地盤と建物を選ぶ。そんなのは無理という人も、家具だけは止める。
みんなが家具を止めれば、大震災の被害は圧倒的に減る。まずは自助の基本、耐震化と家具固定を率先する。
今すぐできることはたくさんある!

内容(「BOOK」データベースより)

国民の半数が被災者になる可能性がある南海トラフ大地震。それは「来るかもしれない」のではなくて、「必ず来る」。関東大震災の火災、阪神・淡路大震災の家屋倒壊、東日本大震災の津波。その三つを同時に経験する可能性がある。首都圏を襲う大地震も懸念される。軟弱な地盤に林立する超高層ビル。その安全性は十分には検証されていない。見たくないものを見る。それが最悪を防ぐための出発点。「社長や株主に報告するため」のBCPはダメ。「差し障りがあること」をホンキで話す!今すぐ、家庭でできることもたくさんある。カタストロフィーを生き残るために。ホンネで語る「攻める防災」!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 280ページ
  • 出版社: 時事通信社; 四六版 (2017/11/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4788715368
  • ISBN-13: 978-4788715363
  • 発売日: 2017/11/22
  • 梱包サイズ: 19 x 13.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 9,288位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(4)

トップカスタマーレビュー

2017年11月24日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年12月18日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
32人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2018年3月19日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年12月24日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告