通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
次の超巨大地震はどこか? 過去に起こった巨大地震の... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ★BOOKRIVER★
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 若干傷み、黄ばみがございますので格安出品致します。迅速・丁寧心がけます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
5点すべてのイメージを見る

次の超巨大地震はどこか? 過去に起こった巨大地震の記録から可能性の高い地域を推測する!! (サイエンス・アイ新書) 新書 – 2011/11/18

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 2011/11/18
"もう一度試してください。"
¥ 1,028
¥ 1,028 ¥ 95
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで本以外の対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。12/27まで

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 次の超巨大地震はどこか? 過去に起こった巨大地震の記録から可能性の高い地域を推測する!! (サイエンス・アイ新書)
  • +
  • 今こそ知っておきたい「災害の日本史」 白鳳地震から東日本大震災まで (PHP文庫)
総額: ¥2,036
ポイントの合計: 63pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



売れ筋ランキング (和書総合)
Amazon.co.jpで今一番売れている作品が分かる。ランキングは1時間ごとに更新。 >詳しく見る

商品の説明

内容紹介

超巨大地震 関東・南海は大丈夫か?
日本が地震大国であり、明日にも東日本大震災と同等、もしくはそれ以上の巨大災害に襲われる可能性がある。
しかしただ待つのではなく、過去のデータを検証し、「いつ起きてもおかしくはない」と心の準備だけはしておきたい。
そこで本書では日本各地の過去の地震記録を掘り起こし、危機意識向上のために役立つ地震の情報を提供していく。

第1章 検証・東日本大地震
第2章 東海・東南海・南海地震
第3章 首都圏を襲う大地震
第4章 太平洋岸の大地震
第5章 日本海に並ぶ大地震
第6章 日本列島内の大地震
第7章 群発地震の起こり方

出版社からのコメント

第1章 検証・東日本大地震
第1章ではまず、2011年3月11日に発生した未曾有の震災、東日本大震災について振り返ってみる。
前震から余震活動、誘発地震、地殻変動、そして大津波による被害までを解説。
そしていつ、どこで起こるかわからないが、かならずくるであろう次のM9地震について、科学的な視点からその場所を予測する。

第2章 東海・東南海・南海地震
日本列島の太平洋側はこれまでに何度も大地震に襲われている、要注意地域である。ではなぜ太平洋側に集中するのか?
フィリピン海プレートの移動によって発生する海溝型の地震やその連動について述べる。
そして現実にどこまで切迫した状況なのかを、近年の地震の活動状況から検証していく。

第3章 首都圏を襲う大地震
どの国でも同じだが、首都圏が大災害に襲われるとその国のすべての機能がマヒし、復興までとてつもなく時間がかかる。
しかし日本の首都圏は、他国に比べて圧倒的に地震に襲われやすい宿命をもっているのだ。
そこで第3章では、過去の2つの関東地震を振り返りつつ、南関東で発生する地震について考える。

第4章 太平洋岸の大地震
第2章、第3章では太平洋側でも関東地方から西日本にかけての地域について検証したが、この第4章ではその枠をもう少し広げ、
北は北海道から南は琉球諸島までの範囲で、過去の大地震の記録を追ってみる。
この第4章で、太平洋側が海溝型地震の頻発地域であることを再認識していただきたい。

第5章 日本海に並ぶ大地震
太平洋側に比べ日本海側は、圧倒的に大地震の頻度が低いことがわかる。ではそれはなぜなのだろうか?
ただ、そうはいってもひんぱんに大地震に襲われる地域もある。
第5章では日本海東縁のプレート境界に並ぶ地震について述べる。

第6章 日本列島内の大地震
弓なりの日本列島を横断する形で存在するフォッサマグナ。過去にこれに沿って巨大地震が発生している。
ここでは阪神・淡路大震災を始め、善光寺地震や福井地震など、列島内部で起きた地震についてその特徴や被害の形態までを述べる。

第7章 群発地震の起こり方
地震の起こり方には「本震-余震型」や「前震-本震-余震型」などのほかに、同じような大きな地震が多発する「群発地震型」がある。
第7章ではこの群発地震、特に2年間もの長きにわたり住民を苦しめた松代群発地震や火山地域で発生する群発地震を取り上げ、
いかに日本列島がさまざまな地震に襲われる地震大国であるかを知っていただきたい。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 208ページ
  • 出版社: ソフトバンククリエイティブ (2011/11/18)
  • ISBN-10: 4797366095
  • ISBN-13: 978-4797366099
  • 発売日: 2011/11/18
  • 商品パッケージの寸法: 16.8 x 11.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 259,549位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

タイトルだけだと地震予知の本かと思いますが
中身を読んでみると予知についてはほとんど記述が無く
過去の地震の規模や被害についての記述が多い。

地震被害について知りたい人には良い本だと思います。
地震雲とか大気濃度とか地震予知について知りたい人は
別の本を選ぶことを勧めます。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック