Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,080

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[髙坂 勝]の次の時代を、先に生きる。 - まだ成長しなければ、ダメだと思っている君へ -
Kindle App Ad

次の時代を、先に生きる。 - まだ成長しなければ、ダメだと思っている君へ - Kindle版

5つ星のうち 5.0 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,080

【Kindle Unlimited】
月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

もう、やめよう。できもしない成長を目指す、無理ながんばりをやめて、幸せこそを目指そう。
経済成長なんてクソ喰らえ。その神話から、イデオロギーから脱出しよう。

今までの暮らしを、Re Lifeし、働き方を、Re Workし、人生を、Re designする時が来ている。
ただ消耗させられる「消費者」から、仕事も、食べ物も、住まいも、エネルギーも自ら創り上げる「クリエイター」へ。 

次の時代を、先に行き始める君が、今迷う誰かの未来になる。時代を変えてゆく一人になる。
「減速して自由に生きる ダウンシフターズ」の髙坂勝が送る、新たな経済と人生の教科書となる1冊。

【著者情報】
髙坂勝 kousaka masaru

1970年横浜生まれ。30歳で大手企業を退社、1人で営む小さなオーガニックバー「たまにはTSUKIでも眺めましょ」を開店。
現在は週休3日で、東京と千葉県匝瑳市の2拠点生活。NPO法人SOSA PROJECTを創設し、
「自給/自立/自信」をテーマに、米と大豆の自給や、移住者の支援活動を行っている。
脱成長ミーティング主催、緑の党 グリーンズジャパン初代共同代表。著書に『減速して自由に生きる ダウンシフターズ』がある。


ブログ「たまにはTSUKIでも眺めましょ」
http://ameblo.jp/smile-moonset/

内容(「BOOK」データベースより)

雇われ人生から、仕事を創る側へ。都会の脇役より、地方の主役へ。ただの消費者からクリエイターへ。常識から抜け出せば、すべては選択できる。人生と経済の、新しい教科書。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 5386 KB
  • 出版社: ワニブックス (2016/10/26)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01NBJPS4D
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 9,957位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
9
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(9)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
「経済は成長すべきである」という、現代社会の常識である経済成長至上主義に疑問を投げかける良書。
一貫して主張しているのは、「経済は、これ以上成長しなくていい。GDPを下げよう。そうすればもっとみんな幸せになれる」ということ。
現在の、「経済が成長するのならなんでもアリ」の体制を痛烈に否定しながら、より人が幸せを感じることができる生き方のモデルを示している。

印象的だった部分をいくつか紹介。
【農業機器メーカーに勤める男性の話】
農業人口は1990年の480万人から2008年には300万人に、2016年には192万人にまで減った。なのに、会社が彼に与えた売上目標は、前年比10%アップだった。頑張ったが、心が折れて、休職した。これってオカシクない?

【環境と経済成長】
大量消費・大量生産が引き起こす環境破壊。一方で「環境保護を!」「CO2の削減を!」を言いながら、「経済成長を!」というのは論理破綻。誰もがおかしいと気づいている。

【死の直前のアンケート】
アメリカで老人たちに対して、「何を後悔しているか」というアンケートが行われた。
・他人がどう思うか気にしなければよかった
・幸せをもっと噛みしめて生きるべきだった
・家族ともっと時
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
非常に面白いテンポ良く読める半農半ナリワイHowto本であり、仕事と幸福についての哲学書であり、非人道的グローバル搾取システムに対する告発本でもある。アベノミクスや新自由主義の信奉者が読んだらガクブルだろうが、人類が生き残りたいのなら、これが進むべき方向だろう。一部の富裕層がさらに儲けるのを助け、そのおこぼれに与るために、身を粉にして働き、欺瞞で良心を犠牲にするのは、人生の無駄。それより、自然と自分のコラボでできた新鮮な野菜や穀物を食べ、家族と過ごし、好きなことをやりつつ、適度に働く。健康でピンコロが当たり前、DIYで逞しくなって当たり前、人間関係が豊かになって当たり前。人として当たり前のことが当たり前にできるようにする。全然オカシクないでしょ。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
たまにしか巡り会えない、「読み終わるのがもったいない本」だったのでゆっくりじっくり読んだ。
いまだに多くの人が「経済成長のためにどうすればいいか、自分が豊かな暮らしをするためにどうすればいいか」
を考えるが、これからはもう、経済成長はないという前提で生き方を考えていく必要がある。
その理由と具体的方策を与えてくれる本だった。
表面的なことに騙されず、自分の意思で自分を持って生きるため、この本の内容を携えていこうと思う。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
プロパガンダ本である。ハウツー本でもある。藻谷浩介が毎日新聞の書評で激賞していた。それで手に取ったのだが、ベースにある主張は基本的には、Andrew J. Sutterさんが2012年に講談社現代新書で出した「経済成長神話の終わり 減成長と日本の希望」と同じである。
この4年間に何が変わったのか、と同時に、この本はそういう経済成長市場主義から外れてナリワイに生きる半農半X実践者のこれでやれますよ、という宣言書でもある。
GDPという指標を唯一の目標にすることの問題点は、以前から知られていた。政府ですら、幸福指標を取り入れたりしているが、上場企業の多くが未だに売り上げ、利益での成長を目標にするのと同様に、政府もGDPを目標にしている。その裏にあるのは、論理ではなく、なんとなくこれまで通りに、みんながやるからといったあたりなのだが、その無理は、以前から分かっていた。
本書の扉は、「すべてをRe:【捉え直す/再設計】して次の時代を先に生きてしまえ。」となっている。
第1章 Re:My Story 私が選択した道
第2章 Re:Growth いつまで成長しなくちゃいけないの?
第3章 Re:Thinking 常識を手放し、思考を捉え直そう
第4章 Re:Life まずは暮らしから変えてみる
第5章 Re:Wor
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
著書の髙坂さんは池袋でオーバニックバーを経営している。
前著「減速して自由に生きる」を読んで店を訪問させていただいた。
店も小さく、こんな小さくて生きていけるんだと感動しました。
「小さく生きる」のお手本です。
新刊を楽しみに待っていた。
新たな価値観「逆トリクルダウン」の章が抜群に面白い。
また、本書を気に入った人はぜひ池袋の店を訪問してほしい。
野菜嫌いの私でも食べる野菜をぜひ食べてみてほしい。
著者の髙坂さんは決して価値観の押し付けはしないのでご安心を!!
むしろ、多様な価値観を認めてくれる人だと思います。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover