中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 表紙、中身ともに良好です。コメント以外の商品の付属品、状態につきましては購入前にお問い合わせください。発送につきましては、ご注文いただいた時間帯、地域によって到着までにかかる時間が異なります。また、クリーニング作業、商品チェックをおこなっておりますので発送までに少々お時間をいただく場合もございます。万が一トラブルがあった場合はアマゾンの補償だけでなく出品者としても誠意をもって対応させていただきますので、ご安心してご注文くださいませ。◇⑩
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

次にくる波 単行本 – 2005/3/1

5つ星のうち 3.5 16件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

国民の金融資産総額1、400兆円を、国家の債務総額が超える日、日本はつまり国家破産していることになる。なぜならば、借金を返せる可能性がまったく無くなって、債務不履行、デフォルト、という状態になるからだ。現在の国家の債務総額は、著者の推定では、少なく見積もっても1、100兆円。ここ数年は、国債だけでも毎年60兆円強ずつ増えているから、地方債その他を合わせれば、リミットまで長く見ても2~3年だ。常識的に考えれば、日本は2007年頃から経済大変動に見舞われる。日本国債の信用が無くなり、価格が暴落する。長期金利は高騰し6~10%にはなるだろう。為替は1ドル300円ぐらいか。そして、年30%超のハイパーインフレになるだろう。もちろん、今までとは比べ物にならない大不況状態だ。本書では、こんな「まさかの時代」の到来を予測すると共に、厳しい時代にどう対処してゆくべきかを詳しく説き明かす。

内容(「BOOK」データベースより)

長期金利6~10%、1ドル=300円、年30%超のインフレ、そして大不況の到来。「まさかの時代」を生き残るための法則とは?2年後からはじまる「国家破産時代」にどう対処するか。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 315ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2005/3/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569642128
  • ISBN-13: 978-4569642123
  • 発売日: 2005/3/1
  • 梱包サイズ: 19.2 x 12.8 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,340,200位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Boba 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2005/3/2
形式: 単行本
本書の著者もいくつか似たようなテーマの本を書いていますが、とにかく「日本破綻」は昨年あたりからベストセラーのキーワードのようです。日本の借金はGDPの2倍に達する。国民の貯蓄・企業の資産で相殺してももう債務超過。よって来るハイパーインフレに備えよ・・・と言っても備えようがないからとにかく資産を分散・海外逃避させよ、と。わたしのように国家破綻本をいくつも読んでいると「ああいつものやつね」というカンジ。著者はもう2~3年前から「破綻」を連呼しています。確かに著者が言うトレンドはその通り。ではランディングはハードなのか、ソフトなのか。消費税漸増などでなんとかソフトランディングでお願いしたいものですが著者の言う「備えあれば憂いなし」は念のため準備はしつつあります。過去の著書とそう変わらないので浅井さんの本を読んだことがある人は敢えてまた手に取る必要はないと思います。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 この本の著者・浅井隆は、この7~8年ずっと「超円安になる」「国債が暴落する」「ハイパーインフレが起きる」「資産の一部をドルに移せ」と主張し続けています。しかし、実際には円高が続いてますし、国債は発行すれば速攻で落札されますし、インフレどころかデフレが続いています。つまりこの人の言うことは全然当たっていないのです。実際、この人に騙されて数年前に多額のドル預金をした人は、今現在巨額の含み損を抱えて大変な思いをしています。
 そのことを自分のHPの掲示板で突っ込まれて反論できず、挙句には「すでに役割は終ったと考えて」掲示板を閉鎖してしまったのには、ただただ呆れるばかりです。こんな人物の本を有難がって買う人がいるなんて信じられません。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/3/2
形式: 単行本
以前、「2003年に1ドル200円時代が来る」とか言っていたような気がします。実際には円高が来ました・・・。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 過去のデータを挙げて、読者が関心を持つようにうまく書かれていま
す。政治経済の現状を知るには十分です。
 2007年から始まる経済大変動は借金大国の日本なら有り得る話し
です。究極のことが書かれているので読者によって捉え方は異なると思
いますが、危機感を持っておくことは必要だと思います。
 日本の現状を再認識できただけでも読む価値がありました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者の生計をたてていく著作活動は、日々の糧を得ていくための切実なものである事はよくわかるが、出版はインターネットの責任のない発言と異なり、言論の自由の表裏に公共性があると考える。
著者の著作を信奉して、毎回、ほとんど変りのない新刊を購入されている方は
構わないが、一般読者に危機感をあおるだけの言動には疑問を感じる。
読者には著者の著作活動を止める権利はないので、自分の判断力をしっかりもって著者、出版社の言論を受け止めてほしい。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/4/27
形式: 単行本
浅井さんの本は何度か読ませていただいています。批判的な読者もいるようですが、このような問題を本質から考えさせられる部分においては良い本だと思います。読者が著者に答えを求める問題ではないと思っています。誰だって将来のことは推測でしか分からないものです。後は自分の判断、この本からの気づきの収穫は大きいですね。是非読んでみてください。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「貯金をどのように運用しよう」などと思いつつ経済動向を調べると、
やはり無視できないトレンドとして日本政府が抱える莫大な借金が
あります。専門家の中にはハイパーインフレやデフォルトは起きない
と主張している人もいますが、しかし日本経済が抱えるリスクとして、
この本で主張されている事は考慮に入れておいた方が良いと思います。
著者は以前から危機意識を煽るような作品を出版していますが、
日本人に足りないのは、この危機意識ですね。
未だ低金利に甘んじて、国が莫大な借金をしている事さえ知らない人
が私の回りにも沢山います。
特に郵便貯金は国が補償してくれるから安全と思っている方、
年金をあてにして、老後の備えをしていない方
貯金は国内銀行の普通預金、定期預金に預けておけば安心と思っている方。
この本を読むべきです!
この本のおかげで経済ニュースに敏感になり、将来についてより
具体的なビジョンができたように思います。おすすめです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー