この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

櫻画報大全 文庫 – 1985/10

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 417
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 文庫: 589ページ
  • 出版社: 新潮社 (1985/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101427011
  • ISBN-13: 978-4101427010
  • 発売日: 1985/10
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 420,254位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
以前より、赤瀬川原平さんという作家は「歴史に残る天才!」と思っておりましたが、この本を読んで改めて確信を強めました。
40数年前、もはや半世紀近く昔に書かれたとは思えない鋭い風刺は、裏を返せば、世の中全然変わっていない、ということなんですね。
これまた改めて絶望。
とにかく、今だから、今こそ、読むべき1冊と思いました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
1970-71年、朝日ジャーナル(のちに「ガロ」)に連載された赤瀬川原平の漫画に「主筆デスク日記」を加えたものです。全共闘運動に野次馬的に参加していた人々に向けて書かれたものですが、肝心の全共闘運動が急速に下火になっていき、野次馬もどこへやら。こういった時代背景がよくわからないと内容の理解もおぼつかない作品です。白地にZのヘルメットが革マル派だなんて、当時小1の良い子には分る訳ないわねぇ(学生のサークル室、お隣は革マル派の社研だったけどね)。
赤瀬川は当時千円札事件で執行猶予中。前衛芸術から身を引き漫画家になった時代。この後、トマソンに移行し、尾辻克彦になっていくわけ。
漫画はともかく、「主筆デスク日記」が楽しい。まだ世の中にデビューした(しようとしている)松田哲夫、南伸坊、嵐山光三郎、渡辺和博、中平卓馬、唐十郎、林静一、荒木経惟なんかや、今や右翼出版社となった青林堂の長井社長、瀧口修造等がでてきて、30代そこそこの赤瀬川と創作に取り組んでいく姿(結構ハチャメチャだけど…)がとても楽しい。赤瀬川が禁煙するなんて話もプチブル的。この人の根本は要は「面白がり」なんだ。
そして、この本で特筆すべきは「宮武外骨」の再発見だよなぁ。当時ほとんど忘れられていた宮武をこんな面白い本があると古本屋で発見し、その挙句染井霊園の墓前で花見だなんてしゃれてるよねぇ。
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック