中古品
¥ 180
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品となりますので多少のスレ・ヨレ・傷・日焼け・薄い汚れ等ある場合がありますが本文は良好です。カバー・表紙の装丁・出版年月日及び版数が掲載されている画像と異なる場合がございます。店舗でも販売しておりますので売り切れの際は、ご注文をキャンセルし全額返金いたします。何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます 145038
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

櫻子さんの足下には死体が埋まっている冬の記憶と時の地図 (角川文庫) 文庫 – 2014/6/20

5つ星のうち 4.1 15件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 562 ¥ 99
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

平凡な高校生の正太郎と、鋭い観察眼を持つ骨フェチ美女の櫻子。息の合ったコンビで、死にまつわる謎を解明してきた二人だが、因縁の事件の調査のため、函館に旅をすることになり・・・。シリーズ初の長編!

内容(「BOOK」データベースより)

北海道・函館。僕、正太郎と、骨と謎を愛するお嬢様・櫻子さんは、かの街に旅行することに。と言っても、楽しむためだけじゃない。櫻子さんが敬愛する、法医学者の叔父さんが追いかけていた、ある事件の調査のためだ。その事件と、僕らが解決した事件に共通するのは、蝶の形をした骨・蝶形骨。時を越えた謎に挑む僕らだけど…。凛として孤高、なのに無邪気な櫻子さんの魅力が伝わる掌編も収録。大人気ミステリ、シリーズ初の長編!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 253ページ
  • 出版社: KADOKAWA/角川書店 (2014/6/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041016304
  • ISBN-13: 978-4041016305
  • 発売日: 2014/6/20
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.2 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 119,812位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ジェダイ 投稿日 2014/6/22
形式: 文庫 Amazonで購入
シリーズ5作目にして初の長編です。
しかも、前巻のあるエピソードの実質的な続きになっています。
なので、この巻だけ読んでも面白味は半減かなと思います。
今回、函館を舞台に過去の事件の調査という形で物語が進んでいきますが、
函館が舞台の為、お馴染みのキャラたちの出番が少ないのも残念です。
極めつけは、事件の真相ですかね。
ちょっと唐突というか、無理やり意外性のある結末に持っていった感が拭えませんでした。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
シリーズの途中をたまたま読んでみました。

読み始めは、文がとてもきれいだという印象でした。
ところが読み進んでいくにつれ、どうもあまりおもしろくないな、と。
ぐいぐいと引っぱられ、読まされていく感じがまるでない。
文がきれいだからおもしろい、とは限らないものだな、と思いました。
絵柄がきれいでも、漫画としておもしろいとは限らない、のと同じですね。

あと、これは私個人の感じ方の問題ですが、九条櫻子の言動を読んで感じるイメージと、イラストとがけっこうかけ離れていました。

シリーズになるくらい人気があるのでしょうから、こういうふうに感じる人もいるのだな、という程度にとらえてください。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
標本士のお嬢様櫻子さんの物語です。骨好きが幸いしいろいろな事件に遭遇します。

今回は彼女が最も敬愛する叔父の追っていた事件に挑む。

様々な展開の末に真犯人を追い詰めるも櫻子さんを庇い、正太郎が倒れる。

この後の展開はいかに・・・・・。

とても読みやすく一冊読み切りなので興味のある人は読んで欲しいです。オススメです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
最近4巻を読み終わったばかりなので、もう5巻かと驚きました
発売ペースが早いです(^_^;)
長編と言うことで心配していたんですが、きちんと今までの雰囲気を保ったままの長編で安心しました
今回はずっと名前も不明だった、櫻子の叔父さんが登場します、優しくてかっこいいです
高校生の櫻子さんも出てきます、可愛いです
お話は過去の叔父さん視点と、現代の正太郎視点が交互に繰り返される形で、ミスリードも上手で、今までの中で一番ミステリーっぽかったです
途中ちょっとテンポが悪い感じがしたのですが、うっかり読み飛ばしていた部分に、ちゃんと伏線が仕込まれていて、二回読み直して納得な感じでした
展開にも特に強引な感じはなかったです

けしてハッピーエンドとはいえない終わり方だったのですが、口直しに短いサイドストーリーが収録されていました
時間軸では本編の前にあたるエピソードのようですが、今後の二人が心配な終わり方だったので、余計にせっかく距離の近づいていた二人の距離感にホロリ・・・
やっぱりくっつかないのかなあ・・・

でも懐かしいキャラが再登場したり、エピローグで叔父さんと正太郎が初めて顔を合わせたり、正太郎の交友関係の広がりを心配するお母さんにも納得
普通の高
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ヒョウカ 投稿日 2014/10/6
形式: 文庫 Amazonで購入
タイトルがキャッチーですが、このシリーズ、ずっと読んできて、内容は実に正統派ミステリーだと思っております。

正太郎がワトソン役で、ボケツッコミで、可愛くて、こんな少年が近くにいてくれたら、思い切り贔屓してしまいそう。
櫻子さんの正太郎への思いの深さも感じられた今回の作品は、重いテーマを背負った中でも、次への希望を感じさせてくれました。
二人の別れは遠くない先ではあるのでしょうが、別れは次の出逢いの始まりでもあります。
早く次の作品を読みたいものです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
初の長編です。最後の結末には驚かされました!次回も楽しみです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
前の4巻「蝶は11月に消えた」を読んで、「謎の画家」について語られるのだろうと思っていましたが、この5巻で語られていました。

内容については別の方が触れられると思うので、別の観点から、
ソウルフードについては、1部であって全ての道民がそうだとは言えないと思います。私は道東の育ち現在も道東に住んでいて、仕事の関係で北海道のいろいろなところの人と話をする機会がありますが、ソウルフードについては飲み屋で話したら争いになります。そのぐらい地域によって違うものです。さらに道東でも十勝、オホーツク、根釧は別の県と言っても差し違えないくらい違います。しかし、全員が一致するものもあります。
ちなみにこの表紙絵は金森の赤煉瓦倉庫でラッキーピエロのハンバーガー。ここで出た「ラッキーピエロ」は道南の函館周辺の人はわかるかもしれませんが、道東の出身者の私は22歳まで知りませんでした。北海道は広いです。

車や自転車で櫻子さんがルノーカングー、正太郎がビアンキの自転車と、乗り物に興味のある私にとってそそられる点になっています。

仕事の参考書ばかり読んでいた自分にこのシリーズは久しぶりに旭川に行きたいなと思わせるぐらい影響を与えるところまで至っています。そして、登場キャラクターたちも魅力的で好感が持てます。今後どのような話になるか、楽しみです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー