通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
檸檬 (280円文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 経年による使用感はありますが、特に大きな損傷や大きな汚れ等なく概ね良好です。◆注文確定後、2営業日以内にゆうメール又はゆうパケットにて発送します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

檸檬 (280円文庫) 文庫 – 2011/4/15

5つ星のうち 4.4 40件のカスタマーレビュー

その他(8)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 648 ¥ 391
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 288
¥ 288 ¥ 30

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 檸檬 (280円文庫)
  • +
  • 李陵・山月記 (新潮文庫)
総額: ¥720
ポイントの合計: 22pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

肺を病み、憂鬱に心を潰されそうになりながら京都 の街を彷徨っていた私は、果物屋で目に留まったレ モンを買う。その冷たさと香りに幸福感を感じて ——。代表作「檸檬」を はじめ、有名なフレーズ、 〝桜の樹の下には屍体が埋まっている〟で始まる 「桜の樹の下には」、月夜の海岸で自分の影に途方 もなくリアリティを感じるあまり、自分と影との境 界が分 からなくなってしまう「Kの昇天」など、著 者独特の世界観と幻想的な美しさが響きあう名短篇 五篇を収録。

出版社からのコメント

280円で名作を読もう。 私にとって、「檸檬」のラストシーンは拍手をおくりたくなるものだった。--髙田郁(作家)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 112ページ
  • 出版社: 角川春樹事務所 (2011/4/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4758435448
  • ISBN-13: 978-4758435444
  • 発売日: 2011/4/15
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.2 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 40件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 13,053位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 「・・・何故だかその頃私はみすぼらしいものに強くひきつけられたのを覚えている。壊れかかった街だとか・・・土塀が崩れていたり、家並が傾きかかっていたり・・・時とするとびっくりする様な向日葵があったり。」
 数年ぶりに檸檬を読んでみた。すると、まぶたの裏にその情景がありありと浮かんでくる。口の中のびいどろの味も、画集をめくる疲れも感じながら、一人とぼとぼ歩いている様な一人称の視点。しかし、世界は爽やかで澄み切っている。それは、個々の「私」がつくっていくものだから。
 世界中の人々は、二人称でも三人称でもない、魂を持った個人なのだ、と思わせてくれる。この壊れかかった街並みは、「私」の心だろうか?それとも崩れてゆこうとする物理的な物質だろうか?全てはアンバランスな調和で爪先立ちしている。一見、シュールなようだが、暗部をさらけてはいない。
 この肺病持ちの作者の瞳は美を捕まえる事に関しては、指折りだとしか言い様がない。それは、もちろん彼の闘病生活者としての内面的な眼差しもある事だろう。けれども、この両目に映る風景が消えてしまっても何程の事があるだろうか?檸檬の世界は永遠なのだ。街並みと丸善という対極的な場も、焦燥と享楽も、並行感覚を伴って、同一の世界に鎮座している。作者も、そして読んでいる私達一人一人も、この道のりの旅人でしかなく、またそうであるが故に、澄んだ
...続きを読む ›
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 梶井基次郎の作品は人間のくたびれた様な心情の捉え方がうまく感動してしまいます。

 作品的な感想は詩を読んでいる様な感じです。ちょうどさらさらと水が流れる様な……

 少し違和感があるようですが、やっぱり人間の心の奥底からくる様な発想、思考、儚さを感じさせる展開は現在でも立派に通用する名作だと思います。

 ぐっと感動させるとか、大きく人の感情を揺り動かすということはありませんが、読んだあとさわやかな気分になります。

 作者の文豪へあこがれながら肺病によって若く夭折してしまった事実を背景に読んでいくと感動も一入です。

 近代文学の中でも割合最近の方なので、純文学をあまり読んだことが無いと言う人にも親しみやすいかと、思います。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「檸檬」はじめ、この短編集に登場する人物は、皆どこかを病んでいる。文字通り身体が弱い。そして身体に引きずられるように心も健康とは言い切れない。これは若い時分から病を持ち、31歳の若さで夭折してしまった作者の分身だろう。
しかし皆病んでいる自分を後ろめたく思い、美しく健康なものから目を逸らしながらも、「病んでいる自分とその自分のみが持つ世界」を楽しんでいる感がある。
実際、病む主人公の見る世界はどれもこれも幽玄で美しい。平らなガラスがまっすぐ光を通すのに、ゆがんだガラスが不思議な乱反射を見せるように、主人公の世界は、ところどころ水滴を垂らしたように歪んでいる。この短編ではその世界を、誌情豊かな言葉でわれわれに垣間見せてくれている。中でも表題の「檸檬」、「Kの昇天」、「桜の樹の下には」は梶井の持つ独特の世界観と幻想的な美しさが響きあう傑作だと思う。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
古典&短編集苦手だけど、知人の勧めがあったので読んでみた。
やっぱりむずかったorz

好きだったレトリック
「爪のない猫!こんな、頼りない、哀れな心持のものがあろうか!
空想を失ってしまった詩人、早発的痴呆に陥った天才にも似ている!」

「課せられているのは永遠の退屈だ。生の幻影は絶望と重なっている。」

「冷静というのは無感動じゃない、俺にとっては感動だ。苦痛だ。
しかし俺の生きる道は、その冷静で自分の肉体や自分の生活が滅びてゆくのを見ていることだ。」

参照[...]
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 dec 投稿日 2003/7/12
形式: 文庫
これ一冊で、梶井基次郎の代表作はほぼ網羅できます。
梶井基次郎の世界は、統合失調的な固執性のある妄想が特徴だ。
数行読んで、世界観にハマれない人はそれ以上読んでも無意味だろう。
かの有名な、「桜の樹の下には」もこれに収録されている。
「桜の樹の下には屍体が埋まっている。」
何処かで聞いたことのある言葉は、ここから始まっている。
梶井基次郎の作品は、非常にヴィジュアルに訴えかけてくるものが多い。
桜の樹の下に埋まる屍体、たくさんの本の上の檸檬、
夜の海辺の砂浜に映る影。
様々なイメージが強く心に焼き付いてくる。
これほど、シュールリアリズムな映像を表現する作家は、他にないだろう。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック