¥ 2,052
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
機龍警察 暗黒市場 (ミステリ・ワールド) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

機龍警察 暗黒市場 (ミステリ・ワールド) 単行本 – 2012/9/21

5つ星のうち 4.9 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 498

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 機龍警察 暗黒市場 (ミステリ・ワールド)
  • +
  • 機龍警察 未亡旅団 (ハヤカワ・ミステリワールド)
  • +
  • 機龍警察 火宅 (ハヤカワ・ミステリワールド)
総額: ¥5,616
ポイントの合計: 170pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「ユーリ!!! on ICE」 公式ガイドブック 『ユーリ!!! on Life』
描き下ろしイラストによるA2両面ポスター2枚付きで予約開始 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

元ロシア警官のユーリ・オズノフ警部は、警視庁特捜部との契約を解除され武器密売に手を染めた。そんな中特捜部は、近々ロシアマフィアによる有人搭乗兵器の見本市が行われることを察知するが……。

内容(「BOOK」データベースより)

警視庁との契約を解除されたユーリ・オズノフ元警部は、旧知のロシアン・マフィアと組んで武器密売に手を染めた。一方、市場に流出した新型機甲兵装が“龍機兵(ドラグーン)”の同型機ではないかとの疑念を抱く沖津特捜部長は、ブラックマーケット壊滅作戦に着手した―日本とロシア、二つの国をつなぐ警察官の秘められた絆。リアルにしてスペクタクルな“至近未来”警察小説、世界水準を宣言する白熱と興奮の第3弾。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 416ページ
  • 出版社: 早川書房 (2012/9/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4152093218
  • ISBN-13: 978-4152093219
  • 発売日: 2012/9/21
  • 商品パッケージの寸法: 19.8 x 13.8 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 98,412位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
“機龍警察”シリーズは、警視庁特捜部と契約した3人の傭兵のうち、元ロシアの警察官だったユーリが主人公である。ユーリが警察組織に抱く複雑な思いは前二作でも描かれていたが、第三作目の本書では、その原因となったロシアでの出来事が紹介されるが、その筆致が良い。今回では、彼は再び警察組織から離脱し、過去の人間関係にからめとられてゆく。国際的謀略と恩讐が錯綜するバトルのなかで、ユーリが”警察官とは何か“という問いへの答えに到達するクライマックスは最高。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ページをめくる手が止まらなかった。

秋の夜長も手伝って気づいたら明け方近くといった具合に。おかげで次の日は仕事にならなかったが、それくらい時間が経つのを忘れた。

機龍警察、自爆条項、そして「暗黒市場」と、みるみるハマってしまっているが、巻が新しくなるごとに、倍、いや、二乗、三乗でおもしろくなっていってると感じる。

特に今作は、謀略と罠の連続で、緻密でスリリングな場面が多く、スパイ小説のおもしろさだ。
警察小説としても、警察組織の腐敗のなかで、ジレンマにもがきながら、それでも自分の信じる正義をどうにか貫こうとする警察官たちの男の生き様も泣きに泣けた。電車で読んでたら大変だった。

機甲兵装での1対1のデスマッチは、前作、前々作のような最新鋭のテクノロジーと持って生まれた才能が合わさった圧倒的な強さ・華麗な勝利といったものではなく、状況的にも精神的にも勝ち目のない戦いで、そのなかで一瞬の判断と痩せ犬の勘でギリギリに仕留めるところは、剣豪の強者と強者の対決シーンのような緊迫感があった。

それにしても言葉の大海のなかからよくこんなにも的確な言葉を選べるなと思う。シーンの空気、人物の機微から異国の情景までもが映像を見ているように浮かんでくる。それが作家という仕事なのかもしれな
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ユーリの半生の話がいい。
何が正義で何が真心なのか。真心は常に正しいのか。そうでないとしたら何のせいなのか。それとも何のせいにもできないのか。やり場のない思いは積み重なって結ぼれになる。
人生には矛盾がある。いうなれば、「解決」はないと思う。「変革」(「破壊」ともいえる)があり、前とは異なる自己の上に降りることだけがある。読みながらそんなことを考えた。

細かい所も効いている。例えば殉職した警官の父親の懐述。一見ありがちなセリフのようかもしれないが、同じめに遭えば誰でもこうしか言えなくなるのではないか。そんなことを思う。細かい所に、身近にあるものごとの匂いを嗅ぐような思いがする。

確執。憎悪。失意と恐怖。それらにぎりぎりでもちこたえる意志と勇気。様々な人物のそんな力が交錯して、巨大な組織力となってぶつかり合う。それはフィクションの中の超絶的な絵巻ではあろうが、上述のように細かい所が効いていて、その人物達の心情が、現実にすぐ傍らにあるような感覚が、ふとよぎる。

本書の重要な部分を、ユーリの過去の物語が占める。これだけで独立した話として成り立つと思う。
連作の全体を思うと、ライザの物語、ユーリの、更には、と様々な異質なドラマを取り込み、それらもまたぶつかりあい、全体として大河小説のようなスケー
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
自爆条項がよかっただけに、レビューの評価が過大過ぎない?と心配したが、杞憂だった。謎解きのところもあり、えぇ~!という所も。
しかし部長はどこでこんな人材をみつけてくるんでしょうね~。昨今いわれる外務省への見方がすこし変わることもこの作品のいいところ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
このシリーズは本当に読ませる。
しかもハードボイルドな内容であるにもかかわらず読後感が爽やかなのも良い。
SF的な部分と、兵器名の羅列となる非常に渇いた戦闘シーンは読む人を選ぶかもしれないが、この部分がOKの人間なら最高に楽しめるエンターテイメント小説であると思う。
個人的にはこの著者の描く人間ドラマが本当に素晴らしいと思う。挿入されるエピソードがどれも粒ぞろいで感心してしまう。さすが脚本家出身と言ったところか。

クォリティの高いこのシリーズを年1冊ペースで発表するのも大したものだと思うが、間違いなく世間から「傑作」の評価を得るであろうこの3作目のあと、今後どういう展開が待っているのか本当に楽しみだ。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー