Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,728
ポイント : 525pt (30%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[エリク ブリニョルフソン, アンドリュー マカフィー]の機械との競争
Kindle App Ad

機械との競争 Kindle版

5つ星のうち 4.1 45件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 690

商品の説明

内容紹介

「これからがデジタル革命の後半戦。飛躍的に能力を拡大していくコンピュータに人間はますます仕事を奪われる」
MITスローン・スクール、デジタル・ビジネス・センターの研究者2人が2011年に自費出版した本書の原書であるRace Against The Machineの未来予測は、アメリカ国内外で大きな反響を呼んだ。
本書の2人は、技術の進歩が速すぎて起きる雇用喪失説の立場をとる。つまり、コンピュータとの競争に人間が負け始めていることこそ、雇用が回復しない真の原因であると主張する。
さて、われわれは未来にどう対処すればいいのか。

内容(「BOOK」データベースより)

「テクノロジー失業」の襲来!MIT(マサチューセッツ工科大学/研究チーム)による恐るべき最新レポート。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 792 KB
  • 紙の本の長さ: 59 ページ
  • 出版社: 日経BP社; 1版 (2013/2/12)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00ED7SB16
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 45件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 65,045位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
アメリカにおいて、なぜ景気が回復しても失業率がそれに比して下がらないのかという問題意識を前提に、その理由として、技術の進歩が早すぎて人々が付いていけないという「雇用の喪失」説を主張・検証するのが本書。

確かにIT技術の発展により多くのものが自動化され、便利にもなった。
たとえば銀行の窓口業務や駅の改札などは、かつてはものすごい数の人が従事していたが、今ではおそらく、数十分の一になっているはずだ。
その分、もっと効率のいい業務を我々はしているのだ……と思いつつ、なんとなく「本当にそうか?」と思っている人は多いはずだし、今の自分の仕事もいずれ……と漠然とした不安感を持っている人も多いはず。
本書を読めば、そんな不安が的外れでないことを痛感してしまいます。

多くのデータなどから判明するのは、この10年で雇用がもっとも減っているのが、いわゆる「スキルの中間層」であるということ。
他の人では替えが利かない、いわゆる「プロフェッショナル」が求められているのは納得できるが、一方で庭師や美容師といった機械で取り替えるのがなかなか難しい業務もまた、それほど雇用が落ち込んでいないのだという。
むしろ、いわゆるホワイトカラーの仕事に就いている人の雇用の落ち込みが激しい。
つまり、もっとも機械に置き換え
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本書は、機械との競争だ!!と言って、読者を煽ります。

しかし長期的ににみれば、機械の性能はガンガン向上し、
仕事においては人間の能力を上回るのは確実です。
社会の富の生産において人間の入る余地はない、これも確実だと僕は思います。

中期的には人間に残された「得意分野」に全力を入れることで、
富の生産に関われると思いますが、それも、いずれ不要になるでしょう。

僕は、将来全く仕事がなくなった世界でも(仕事というか労働ですね)、
人間は幸せを確保できると考えています。
それは、仕事と幸せは別のものだと思うからです。

現在でも仕事は不要だと思っています。
ただ現状では、生活のために富を生産し、社会で分配する必要から、労働をしているだけだと思います。

人によっては、「仕事、命!!!」みたいな人もいて、
そういう人は、機械が発達すると、仕事を取られたみたいに思うので、
未来に対して、否定的なのかな?と思います。

僕が問いたいのは、本当に必要なのは「仕事」ですか?ということです。
本当に必要なのは、「役割」とも言えるものではないですか?ということです。

現在
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Hideki@Japan トップ500レビュアー 投稿日 2015/5/26
形式: 単行本
【概要】
 本書では、技術の進歩が社会をどう変えるのかをMITの専門チームが様々な統計データから導き出しています。この手の近未来予測本は最近多いのですが、本書の特徴は「テクノロジー×雇用」に焦点を当てて、「指数関数的な技術の進歩に人間がどう対応すべきか?」という主題で語られている点にあります。勿論、今後雇用はどんどん減って行くという一見暗いシナリオが導出されるのですが、筆者らの解釈とその対応策は挑戦的で希望に満ちています。170ページ強の本です。現代人なら一度は読んでも良いでしょう。

【内容】
 「1年ごとにCPU内のトランジスタ数が2倍になる」というムーアの法則ですが、今も「1年」の部分が「1.5年」に修正されて引き続き有効だそうです。本書では、「チェス盤の法則」を具体例に、指数関数的なコンピューターの進化が、ついに人間の想像の範囲を超えた時代に入ったことを様々なデータを用いて示しています。今まで「人間」の専売特許だった分野をどんどんコンピューターが奪っていくことで、人間の雇用は「一時的に」減少するのですが、筆者らはそれを「早すぎる技術進歩に人類が追いついていない」ためだと解釈します。
 本書の面白いところは、歴史的に技術進歩が一時的に人間の雇用を奪うも、「技術と争うのではなく、技術を利用することによって」結果的に人類を豊かにし
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 アルチザン トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/9/14
形式: 単行本 Amazonで購入
IT業界に長年勤めているので、この本の主張にはすごくうなずけます。
というのも、私にとってはデジャビュ(既視感)だからです。
1980年代、まだパソコン(エクセル、ワード、パワーポイント)が職場にない時代、コピー、お茶くみ、表計算、文書の清書、検算ということのために「一般職」という職位で働いている女性が大量にいました。
仕事に真剣に向き合わない「腰掛け気分」の人が大量、いや普通にいた時代でもありました。
それでよかったのです。軽作業が大量にありましたから。

今、そういうことをやっている人はいないと思います。コピーも印刷する時に部数の指定をする、表計算はエクセルがやってくれる、文書は自分でワード、パワーポイントで作る時代です。
そうして、かつて多数の若い女性が働いていた仕事が消えたのは事実です。

そして、この本で述べられている時代に写ります。コンピューターは省力の事務機器から、知性を作り出すジャンルに成長してきました。本の中にもありますが、野球の記事くらいならば自動的に生成することはすでに簡単です。車の運転も現実化していますね。

そうすると、世の中では話題にするには大きすぎるテーマながら確実に変化しているのです。

ここ数年、企業の業績が回復していて
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover