機動戦士ZガンダムII -恋人たち- [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,700
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Media Hunting
カートに入れる
¥ 1,700
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: ツルモンド株式会社
カートに入れる
¥ 1,700
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Guts!
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

機動戦士ZガンダムII -恋人たち- [DVD]

5つ星のうち 2.5 129件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,480
価格: ¥ 1,700 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 4,780 (74%)
ポイント: 5pt  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、media pandaが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 機動戦士ZガンダムII -恋人たち- [DVD]
  • +
  • 機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者- [DVD]
  • +
  • 機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛- [DVD]
総額: ¥9,765
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 飛田展男, 池田秀一, 古谷徹, 鈴置洋孝, ゆかな
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2006/02/24
  • 時間: 98 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.5 129件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000ADD52M
  • JAN: 4934569623164
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 29,719位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

商品の説明

【初回限定版】2枚組、ブックレット 『DVDケースは未開封』非常に綺麗な状態です。

Amazonレビュー

   宇宙世紀0087年、地球連邦軍のエリート組織「ティターンズ」と、反地球連邦組織「エゥーゴ」の内戦が続く中、エゥーゴに身を投じたカミーユ(声・飛田展男)は、神秘的な少女フォウ(声・ゆかな)と出会う。しかし彼女はティターンズの強化人間であり、許されない二人の恋は、カミーユの心を愛と苦悩に引き裂く。また、ティターンズ内で勢力を振るい始めていたシロッコの部下サラ(声・池脇千鶴)に、カツ(浪川大輔)は好意を抱き……。
   85年のテレビ・シリーズを基に「A New Translation=新訳」した3部作の第2弾。さまざまなキャラクターの愛をキーにドラマを紡いでいく秀逸な構成の中、徐々にテレビ版とは異なる映画版ならではの全貌が垣間見えていく面白さ。恋愛模様そのものもいわゆる大甘なものはなく、だまされ振り回されといった男女のリアルな心の駆け引きに焦点を合わせており、それこそが真の純愛であると富野由悠季監督は説いているかのようだ。最終作の完成が待ちきれなくなるほどの秀作。(増當竜也)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

【新訳】、この言葉の意味を良く考えて欲しい。今回、話題になっている声優の交代などは、そんなに大きな問題はない。1番の問題は物語として成立していないということ。全50話を270分で収めるということでちぐはぐになるということは当たり前のことである。第3部のラストのシーンはテレビ版とは違うということでそこに富野監督の今回のテーマである【新訳】という意味が込められていると推測はできる。ただ今回の最大の失敗はテレビ版Zに固執しストーリーをなぞりすぎたこと。しいて言えばテレビ版Zを別の視点から作り直すべきだったように思える。
皆さんは『超時空要塞マクロス〜愛おぼえていますか』という作品をご存知だろうか。私は『マクロス』という作品をテレビではなく映画で知りました。この映画をDVDで見た時、初めてロボットもので感動を憶えた記憶がある。この作品もテレビ版全36話が前提にはなっているが、今回のZと決定的に違う点は原作を知らない初めて見る人が1つの物語として理解できることであり、テレビ版を別の視点からまとめすべて新規の作画に置き換えて劇場版として出したこの作品こそまさに『新訳』という言葉がふさわしいと思う。
私的な考えだが、1部のファンだけが理解できるものでは、多くの人の共感は得られない。そして映画を見てみたい多くの人々が望むものは、テレビシリーズを無理やりつなげた総集編じみたもので
...続きを読む ›
コメント 150人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この映画は、批評に値しません。
こんなものを客に見せて恥ずかしくないのかと思います。
誰に向けて作った映画なのでしょうか。
声優問題のいざこざ以前の問題です。
この分だと、残念ながら、パート3も期待できません。

エイジングの話は、製作者の苦労話に過ぎず、客には関係ありません。
それを売りにするなんてもっての他であり、勘違いも甚だしいです。
富野監督は、旧作画を使わないと、Zガンダムとは違うものになってしまうと説明しています。
それが本当の理由かどうか知りませんが、先入観無しで観たら、単に低予算としか思われないでしょう。
低予算でもないのに本当にあえてこのようにしたのだとしたら、このせいで見やすさが犠牲になり、ストーリーに集中できなくなっています。
旧作画も、ビスタサイズにするために、画面の上下が、無神経と言っていいトリミングのされ方をしています。
視聴するには、相当程度の我慢、忍耐が必要です。
理解に苦しみます。

尺(上映時間)を90分と短くした理由を富野監督は、観客がトイレに行きたくなってしまうと集中できないからと説明しています。
映画の完成度よりもそんなおかしな理由を優先するのでしょうか。
理解に苦しみます
...続きを読む ›
コメント 95人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
支離滅裂なストーリー。突然現れて消える登場人物。なぜこんなものが「作品」として公開できるのだろう。熱心な支持者は懸命に理解しようとしているようだが恐らく欠けているシナリオを想像できるならその人はニュータイプに違いない。

とにかく「映画作品」として成立していないのだから。

思えばガンダムシリーズは作品そのもので赤字を出した事は無いのではないか。それというのも一部熱狂的支持者がいるおかげであろうが制作者を勘違いさせる原因の一つであろう。間違ってもこんなものを海外に出しては日本の映画界の恥だ。出してないよね?

分かる人には分かる?ならマニア向けに無料配布しとけばどうだ。
コメント 55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
やっぱり批判的にならざる負えない。新画と旧画の差は映画館では苦痛でしかなかった。その点、DVD版は思ったほど酷くないが。。。

声優や絵が変わる事への批判がある点について当然ではないか?「オタク」だからでは無く当たり前な事だ。一般的な作品、、ドラえもん、サザエさん、ディズニーアニメの画風や声が著しく変わったらどうだろうか?。純粋なファンなら怒って当然だ。

しかもこの作品は2→3で声優を交代。本当にオーディションやったんですか?(笑)色んな部分からいい加減さが滲み出ていた。統一感の無い映像、、。映画である以上、音と映像のクオリティ(バランス)も当然要求される。新旧混ぜた統一感の無い映像が劇場公開に耐えうると何を理由に判断したのか?とてもアニメを作ってきた人達とは思えない。

露骨に媚びたようなサービス映像も不統一な映像と支離滅裂に近い物語では浮いて見え かえって嫌悪感を抱いた。

映像や声は関係なく「話」だけで良いならば小説で十分だ。

「映画」である必要は全く無い。

ガンダム関連の商品が巷に馬鹿みたいに溢れかえる昨今。

過去の作品が汚されたのが本当に悲しかった。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す