機動戦士Zガンダム Part III ― メモリア... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 21,600
通常配送無料 詳細
発売元: KENT1
カートに入れる
¥ 22,200
通常配送無料 詳細
発売元: ひまわり堂 本店ネット通販事業部 [在庫確実・年中無休・365日毎日発送]
カートに入れる
¥ 23,324
通常配送無料 詳細
発売元: ◆TP shop ◆【年中無休・毎日迅速発送・保証付】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

機動戦士Zガンダム Part III ― メモリアルボックス版 [DVD]

5つ星のうち 3.8 28件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 25,200
価格: ¥ 21,600 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,600 (14%)
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、天游堂が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 機動戦士Zガンダム Part III ― メモリアルボックス版 [DVD]
  • +
  • 機動戦士Zガンダム Part II ― メモリアルボックス版 [DVD]
  • +
  • 機動戦士Zガンダム Part I ― メモリアルボックス版 [DVD]
総額: ¥47,400
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 飛田展男, 池田秀一, 古谷徹, 島津冴子, 松岡美幸
  • 監督: 富野由悠季
  • 形式: Color, Dolby
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.37:1
  • ディスク枚数: 4
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2007/11/23
  • 時間: 392 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 28件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005NJLG
  • JAN: 4934569609434
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 9,443位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

【16話収録】
第35話「キリマンジャロの嵐」/第36話「永遠のフォウ」
第37話「ダカールの日」/第38話「レコアの気配」
第39話「湖畔」/第40話「グリプス始動」
第41話「目覚め」/第42話「さよならロザミィ」
第43話「ハマーンの嘲笑」/第44話「ゼダンの門」
第45話「天から来るもの」/第46話「シロッコ立つ」
第47話「宇宙の渦」/第48話「ロザミアの中で」
第49話「生命散って」/第50話(最終話)「宇宙を駆ける」

強化人間フォウとの再会は、カミーユにとって厳しい結末をもたらした。シャアはついに決意し、自分の出自を明かした。ダカールの議会に魂の演説が響く…。

※この商品は、「機動戦士Zガンダム」Volume.10~Volume.13(BCBA-0906~0909)のセット販売です。

内容(「Oricon」データベースより)

人気ロボットアニメ“ガンダム”のTVシリーズ第2作となった「機動戦士Zガンダム」のDVD-BOX第3巻。第35話から第50話までを収録したDVD4枚組BOX。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ashiey 投稿日 2017/4/15
Amazonで購入
これで全巻揃う事になります ゆっくりと鑑賞したいと思います ビールを飲みながら
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
はっきり言いますが最高の作品です。星5つでも足りないくらいの作品だ。
ストーリー・世界観・人物像・戦いの中で交差する濃密な人間関係。
本当に良く作りこまれています。
このPartⅢではグリプス攻防戦、つまり最終決戦が最大の見所です。
人間にとって最大の武器、それは生命である。
人の生命・思いを武器にして、カミーユはZガンダムを通じてシロッコにぶつける。
だがシロッコは命の尊さなど分かっていない。
分かっていないからこそカミーユはシロッコの邪念に取り付かれ、心を閉ざしてしまいます。
思い、そして命の尊さと言う人と分かり合える力があることを視聴者に訴えかけた作品が、Zガンダムです。
私はこの作品を見て感じたことがあります。それはこの作品が伝えようとしている言葉の重みです。
戦争はそこにある死がすべてでは無い。
本当に悲惨なのは人の心の中だ。
その苦しみに耐え切れなくなった人の心である。
戦争が残す物は憎しみと悲しみ以外何もない。
なのになぜ人は殺し合い憎しみあうのでしょうか?
答えはないのかもしれないが、探す事に意義があります。
富野監督が一番伝えたかった事はそういうことではないでしょうか?
今年は劇場版公開によってこ
...続きを読む ›
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
映画版公開時、ある雑誌で富野監督が「Zはスポンサーや局の上層部
からの声を上の方が極力抑えてくださったおかげで、ストーリーやキ
ャラクターを変に商業的に配慮せず好きなように作らせてもらった」
と言われたように、子供が見るには難解な心理描写や背景になったた
め、放送当時は視聴率が芳しくなかったようです。

登場人物同士のせめぎあいや個々の衝突、戦争という混迷した状況下
での覇権争い、裏切り、騙しあい、そして死…。戦争がもたらすもの
のとその本質を、個々の人物やモビルスーツ同士の戦いを通して見事
に描き出しています。

エウーゴもティターンズもアクシズも連邦も、ひょっとしたらカミー
ユが言うようにわかり合えたかも知れない…でも、それができない、
気づけない人間の愚かさ…。そしてやるせなさ…。結果、戦争という
行為を選択し、守り育てるはずの命の大切さを忘れ、多くを犠牲にし
てしまう…。エウーゴのメインキャストで最後まで生き残ったのは、
ブライトとファアだけ(シャアを除けば)となり、みんな死んでしま
います。それが戦争だから…。

放映当時、見た時にはなんともいえない後味の悪さやショックを感じ
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Zガンダム、1985年当時毎週観てました。高校生でした。当時の印象はあまり良いとは言えず、ラストの展開をみてアニメはもういいや、となった作品でした。複雑すぎる展開、多すぎる登場人物やメカ、前作と違いすぎる世界観、感情移入できない主人公・・・等。当時富野監督は名作「イデオン」劇場版のあと3作のTVシリーズを手掛けていた。これがすべて成功作とは言い難い作品で、あのガンダムの富野監督はどうしたんだ・・・と思ってました。監督はその間人材の育成を行っていたと何かの雑誌で語っており、なるほど今川泰弘や永野護や北爪宏幸など後のアニメ界を背負って立つ人材を輩出している。この作品がその集大成になっているという意識で当時観ており、その割には・・・という印象でした。しかし20年近く経過して年齢を重ねて見直してみると、そのドラマとしての完成度に驚きました。登場人物の苦悩や悲しみなどが非常に上手く描かれているのです。特にシャアの迷いや苦悩など痛いほど分かるのです。あの「赤い彗星」が時として不様な姿を晒している。1話完結ではないが、1話の中に盛り込まれる戦闘シーンとその中で展開されるドラマが本当に上手く成立しているのです。単純にアムロを再度主人公にせず新しい世代を主人公に据えているのも意欲的。しかし監督の意図は前作とは違いそうした人物達に安易に感情移入させないような作劇であり、非常にドライでクールな世界に見え...続きを読む ›
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す