機動戦士Zガンダム 8 [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

機動戦士Zガンダム 8 [DVD]

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,480
価格: ¥ 3,400 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,080 (48%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、BALILIMEが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 1,700より 中古品の出品:9¥ 498より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 機動戦士Zガンダム 8 [DVD]
  • +
  • 機動戦士Zガンダム 7 [DVD]
  • +
  • 機動戦士Zガンダム 10 [DVD]
総額: ¥12,912
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 飛田展男, 池田秀一, 松岡美幸, 島津冴子, 岡本麻弥
  • 監督: 富野由悠季
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2001/08/25
  • 時間: 97 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005MI6Z
  • JAN: 4934569609045
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 50,853位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

名作ロボットアニメ“ガンダム”のTVシリーズ第2作となった「機動戦士Zガンダム」が待望のDVD化! 第27~30話収録。

レビュー

総監督・原作: 富野由悠季 原案: 矢立肇 演出: 今川泰宏/小林利允 脚本: 大野木寛/鈴木裕美子/斧谷稔 キャラクターデザイン: 安彦良和 メカニカルデザイン: 大河原邦男/藤田一己 音楽: 三枝成章 声の出演: 飛田展男/池田秀一/松岡ミユキ/勝生真沙子/島田敏/井上和彦/榊原良子
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

際8巻は、レコアとシロッコの出逢い、マウアーの戦死などに目が行ってしまいがちだが、ティターンズによる毒ガス兵器の使用という愚行にも注目して見ていただきたい。
「戦争を早期に終結させるため」という理由で、ティターンズは条約で禁止されている毒ガス兵器を使用する。現実でも起こりうるような話の展開である。ティターンズの理屈は、「イラクは大量破壊兵器を所有している」として攻撃を開始したアメリカやイギリスと大差ない。一方的で、独善的で、強制的である。でも、それは人間の一つの本質であったりもする。ティターンズのジャミトフやバスクだけでなく、シロッコやクワトロやハマーン、ジェリドやレコアなど、多くの登場人間が人間の本性を剥き出しにした行動を取っている。彼ら彼女らの行動は、自分勝手とも言えるが純粋であるとも言える。自分に素直なだけなのだ。そういったある種の人間らしさを備えているからこそ、『Zガンダム』には魅力的なキャラクターが多いのだと思う。
「オレはカミーユを倒さない限り一歩も進めない男になっちまった」と語るジェリドの不屈の精神力には頭が下がる。しかし、それが仇となって周囲の人間が死んでいくということに彼は気づいていない。それがまた不幸である。純粋すぎる人間は、生きていくことですら困難であることが良く判る。幸せになんてなれるはずもない。彼は出てくる度に不幸になるが、不幸になる度に好きになってしまうキャラクターである。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 さてこの巻の見所です。
女スパイ、レコア、ジュビトリスにてシロッコと運命的出会いを果たす。しかしシロッコの色目使いは異常だ。目に留まる女性パイロットは口説く口説く・・。彼の目的はジュビトリスのにハーレム化だったのか・・。冗談です。
 私的にこの巻の見所はマウァーとジェリドのエピソード。何故か出来る女性に気に止められるジェリド・メサ。彼には資質はあったのだろう。ライラとマウァーが引かれたのはそのため。しかし彼はカミーユにこだわり、意識しすぎたために、時代をつかめなかった不運な男でした。そのジェリドを守るため身を挺してマウァーは彼を救いました。彼女の戦死はこのストーリーで一番人間らしい死でした。今見ても悲しいエピソードです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
遂に遂に彼女が戦死してしまう・・・。頑張れジェリド!頑張れヤザン!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す