機動戦士Zガンダム 6 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品によってはわずかな汚れやキズがある場合がございます。(管理ラベルは簡単に取れます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

機動戦士Zガンダム 6 [DVD]

5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,480
価格: ¥ 5,012 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,468 (23%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 5,012より 中古品の出品:14¥ 529より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 機動戦士Zガンダム 6 [DVD]
  • +
  • 機動戦士Zガンダム 7 [DVD]
  • +
  • 機動戦士Zガンダム 4 [DVD]
総額: ¥10,900
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 飛田展男, 池田秀一, 松岡美幸, 島津冴子, 岡本麻弥
  • 監督: 富野由悠季
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2001/08/25
  • 時間: 97 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005MI6X
  • JAN: 4934569609021
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 83,947位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

名作ロボットアニメ“ガンダム”のTVシリーズ第2作となった「機動戦士Zガンダム」が待望のDVD化! 第19~22話収録。

レビュー

総監督・原作: 富野由悠季 原案: 矢立肇 演出: 今川泰宏/小林利允 脚本: 大野木寛/鈴木裕美子/斧谷稔 キャラクターデザイン: 安彦良和 メカニカルデザイン: 大河原邦男/藤田一己 音楽: 三枝成章 声の出演: 飛田展男/池田秀一/松岡ミユキ/岡本麻弥/鈴置洋孝/井上和彦/郷里大輔
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

第6巻では、フォウとの戦いに一段落がつき、カミーユが宇宙に帰る。フォウのカミーユに対する思いには胸を打たれたが、彼女は次に再登場したとき、カミーユのことをきれいに忘れてしまっている。彼女を見ていると、ロザミア同様、強化人間に背負いこまされた絶望というものがよく判る。今更ながら、本当に悲惨な作品だ。
「人の善意を無視する奴は一生苦しむぞ、カミーユ!」・・・、アムロがまともなことを言っている。普通に驚いてしまったが、とてもいい台詞である。アムロがいったからこそ重みがあり、感慨深いものがある。フォウの心の声に最初に反応したのがカミーユではなく、彼女のことを全く知らなかったアムロであった。アムロのニュータイプ能力が優れているという事だけではなく、周囲の人間に対して気を使うほど大人になったのだと思いたいところである。作品に登場するキャラクター達は、傷つきながらも1歩1歩成長していく。アムロも、自身と同じ能力と苦悩を背負ったカミーユと行動を共にすることで、精神的に成長しつつあることは間違いない。「1st」からアムロを見ている人達は、「立派になったもんだ」と思うような言動だった。ちょっと感動できた。
ジェリドとマウアーの久々の登場や、Zガンダムの完成など、宇宙に戻ったことで物語が進展していく。パプティマス・シロッコが活動を開始し、その本性を徐々に見せつつあるので、彼のファンにはそこそこ楽しめる1本になっている。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
さてこの巻の見所です。
 フォウ・ムラサメ編がいったん決着。カミーユの成長がこれを境に伸び始めます。
 不幸の帝王ジェリド・メサの復活。マウァーをパートナーに颯爽とシロッコ配下で登場すも、早くもパイロット(サラと同僚のシドレー、彼女は強化人間!? ニュータイプ!?)一人を戦死さす。
 そしてこの「Z」の真の敵シロッコが本格始動。徐々に素顔を現し始めます。
 さらにヘンケン艦長のエマ・シーン、アタック作戦始まる。部下に笑われても、エマに当惑されても、がんばれヘンケン!
 それにしても次巻でカミーユの台詞にもあるのですが、この戦場、やけに女性ばっかり。プラス子供ばっかり。カミーユでなくても異常と思いますよねえ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 やはり見るならテレビ版に限る!劇場版は全然駄目。
 Zガンダムには色々と誤解があるそうで、私は最近まで知りませんでしたが、「暗い」「ツマラナイ」といった声が有ったそうで、私は「え!?そっかな?」と。「話は面白いですよ。決してワハハ・と笑える作品ではないけどね。」と。面白いにも色々有って、コミカルな面白いとシリアスな面白いが有るでしょ。このZは後者です。ファースト同様、大人が観ても楽しめる作品ですヨ。大河ドラマ的な要素で、奥が深い。決してウルトラマンなど幼児向けではない。ロボットものは子供向け・・・という偏見から来ているのではないだろうか。そう言えばガンダムからだろう、大人が観ても視聴できるロボット・アニメというのは。それまでそういう作品無かったから、ウルトラマンと一緒と思って観た人は「なんじゃこりゃ・・・」になるのかな。しかし中学生だった私は放映当時、大変楽しく観させてもらいましたよ。もちろんこれは学校中(1000人を越すマンマス校)に話題を浚ってました。誰も「ツマラナイ」「暗い」とは言ってませんでしたが・・・
 私がこの第6巻で最も好きなシーンは、あのカミーユがシャトルを使って脱出するシーン。そこから流れ出す音楽・・・ノリノリです。
 またこのZガンダムは音楽が素晴らしいんですよね。三枝さんが良い仕事している。作品の高い質同様、音楽もまた質が高い。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
このDVDに収録されている、フォウや、マウアーとジェリド、シロッコのやり取りが好きなエピソードでした。
台詞廻しがとても印象に残っています。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
わりと見ごたえのあるシーンがおおいです。 mk-Ⅱでカミーユが宇宙(そら)に戻るシーン。そして「Z」の初登場シーン。
しかし、「Z」の登場シーンがかなり寂しい。
あんまり活躍しないし。エゥーゴの新型か!なんて言われてるが、コレと言ってインパクトもなければ、次のジェリド隊との遭遇戦でもたいして強くない。。
これが主人公MSですか。て感じだが、他のシリーズでも初登場シーンってそんなに活躍しないもんなぁ。
初代は、まぁまぁだがRX93とez-8は結構地味。rx-93にいたってはこれからか!?と思ってたら敵がすぐ撤退だし。
なにはともあれ、「Zガンダムシリーズ」の中では外せない作品です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す