この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

機動戦士Zガンダム 3 [DVD]

5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:9¥ 726より 中古品の出品:13¥ 330より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 飛田展男, 池田秀一, 松岡美幸, 島津冴子, 岡本麻弥
  • 監督: 富野由悠季
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2001/07/25
  • 時間: 97 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005LCGM
  • JAN: 4934569608994
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 78,492位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

人気ロボットアニメ“ガンダム”のTVシリーズ第2作となった「機動戦士Zガンダム」が待望のDVD化! 第7~10話収録。

レビュー

総監督・原作: 富野由悠季 原案: 矢立肇 演出: 今川泰宏/小林利允 脚本: 大野木寛/鈴木裕美子/斧谷稔 キャラクターデザイン: 安彦良和 メカニカルデザイン: 大河原邦男/藤田一己 音楽: 三枝成章 声の出演: 飛田展男/池田秀一/松岡ミユキ/岡本麻弥/鈴置洋孝/井上和彦/郷里大輔
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

「サイド1の脱出」である。ライラ・ミラ・ライラは惜しいキャラクターだった。地球連邦軍の女戦士。だが、ティターンズではない。作画監督が間違えるほど、「Z」は複雑な世界だった。ライラVSカミーユのMS戦は息詰まる死闘となる。その戦いでカミーユは<ニュータイプ>としての能力を初めて垣間見せ、ライラは己の<オールドタイプ>の業を自覚しながら散る。しかし、その戦闘能力は明らかに<ニュータイプ>のそれだった。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 さてこの巻の見所です。段々とストーリーが動き始めました。このディスクは見所が多いですよ。
 ヘンケン艦長のエマえの恋物語編スタート。さらにヘンケン、フォン・ブラウン市にてバーガー店員に化ける。似合いすぎ。
 オールドタイプの勇、ライラ・ミラ・ライラさん戦死。ジェリドと関わったために・・・。合掌。
 ケバケバMS「百式」登場。派手すぎ・・。
 カイ・シデン登場。しかしジャングルにあのスーツ姿は・・・。当時大笑い。
 カミーユ・ビダン、フォン・ブラウンにてウォン・リー氏に修正というか、どつかれる。そこでカミーユの迷台詞「暴力はよくない!!」って・・・・、お前が言うな!!
 連ちゃんしてエマにも修正されました。その鬱憤は地上にて、シャアをぶん殴ってはらす(それは次巻にて)
 真面目なところでは、ついにこのストーリー真の敵パプティマス・シロッコ登場。そして地球圏にその影を見せ始めた、ジオンの残党アクシズと、伏線が徐々に張られていきます。ポイントの多いディスクでしょう。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
梱包、内容、状態は問題なく良いです
また購入しますが在庫があるといいなあ
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
カミーユとの戦闘により、早くもライラが散る。ティターンズ側のメインキャラになると思っていたので意外だったが、戦争というものはそういうものなのだろう。誰がいつ死ぬのかなんて判る筈もない。彼女はジェリドに対して「いい男になれる素質がある」と言っていたが、残念ながらその素質は一生開花しない。素質はあるのだが運がない。彼は純粋すぎるが故に不幸なのだ。なんとも悲惨な話である。
第3巻は、「1st」で活躍したカイやハロの再登場、『Z』のラスボスであるパプティマス・シロッコの登場、ブライトとクワトロの初トークなど見所が多い。「クワトロ大佐」とカマをかけるブライトと、「私は大尉です、ブライト中佐」と軽く否定するクワトロのやりとりは面白かった。『Z』には多くのキャラクターが登場するが、一人一人の性格がその言動にはっきりと表れている。だからこそインパクトのある台詞が多く、ストーリーが奥深いものになっているのだと思う。第9話で、カミーユは「僕に見込みはありません。自閉症の子供なんだ。」という台詞を吐く。こんな事を言うアニメの主人公など見たことがない。根暗なメカヲタクだったアムロ・レイよりも彼の心は病んでいる。戦時下においては、倫理的に行動できる人間のほうがある意味異常であるので、彼の言動は当然の事なのかもしれないが・・・。
第3巻は、カミーユのニュータイプ能力の肥大、物語を引っ張る人物たちの登場など、物語が広がりを見せつつあるので、なかなか見応えのある1本だった。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す