機動戦士Zガンダム 13 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

機動戦士Zガンダム 13 [DVD]

5つ星のうち 4.6 15件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,480
価格: ¥ 4,500 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,980 (31%)
ポイント: 49pt  (1%)  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、SHOP KURO 真心を込めてお届けします☆が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:2¥ 4,149より 中古品の出品:9¥ 1,320より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 機動戦士Zガンダム 13 [DVD]
  • +
  • 機動戦士Zガンダム 12 [DVD]
  • +
  • 機動戦士Zガンダム 11 [DVD]
総額: ¥12,378
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 飛田展男, 池田秀一, 松岡美幸, 島津冴子, 岡本麻弥
  • 監督: 富野由悠季
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2001/09/25
  • 時間: 101 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 15件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005NJKN
  • JAN: 4934569609090
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 36,164位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

名作ロボットアニメ“ガンダム”のTVシリーズ第2作となった「機動戦士Zガンダム」が待望のDVD化! 第47~50話収録。

レビュー

総監督・原作: 富野由悠季 原案: 矢立肇 キャラクターデザイン: 安彦良和 メカニカルデザイン: 大河原邦男/藤田一己 音楽: 三枝成章 声の出演: 飛田展男/池田秀一/島田敏/榊原良子/井上和彦/岡本麻弥/勝生真沙子
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

『Zガンダム』最終巻となる第13巻は、消化不良に陥るほど内容が凝縮している。ロザミアの戦死、シャアVSシロッコ、シャアVSハマーン、シャア・ハマーン・シロッコ・カミーユの首脳会談、収録されている作品全てが見所であるといってもいいだろう。それほどの秀作である。特に、ジェリドの最後の戦いは気に入っている。「カミーユ、お前はオレの…」。彼とロザミアは、筆舌に尽くしがたいほど不幸であった。
「ブライト艦長、カミーユが・・・」。ファのこの台詞に恐怖を覚えた方も多いと思う。カミーユの精神が崩壊したから怖いのではない。カミーユの精神が崩壊したという事実が、戦争状態において何の価値も意味も持っていないということが怖いのである。また、多くの生命を犠牲にしたにもかかわらず、戦争が終結する見通しすら立たなかったことも恐ろしい。エゥーゴの力によって、またカミーユをはじめとするニュータイプの力を持ってしても、戦争は終結することなく、直接的な続編である『ZZガンダム』に舞台は移る。
どれだけ戦闘能力が優れていても、戦士一人の力で戦争状態が解決することなどない。それは判っていが、これではあまりに救いが無いと感じずにはいられない。しかし、その絶望こそ『Z』の魅力である。この作品には、MSという現実では考えられない兵器が登場しているが、ストーリー自体は極めて現実的な内容であり、人間の絶望・傲慢・
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
パプティマス・シロッコ信者である私にとってもこの最終巻はZガンダム全体で見ても一番好きな巻です。

白兵戦闘を極限まで追及したジ・O、簡素な武装でありながらもシロッコの技量を持ってすれば他の最新鋭機を圧倒する戦闘力を発揮します。

物語はグリプス戦役終盤を描き、富野監督らいくこの巻では登場人物がバッサバッサと死んでいきます。

劇場版とは違い暗いラストですがむしろ、暗い方が「Zガンダム」らしくて自分は好きです。

劇場版でZガンダムを知った方、ぜひTV版をご覧になってはいかがでしょうか?
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この作品を見たのは私が中学生の頃でしたが、10年近く経っても未だ自分の中で消化できていない、消化するのが躊躇われる、それほどまでに深い作品だと思います。
ラスト付近では主要登場人物が次々と無残な死に方で散り、最終話ではあまりにも有名な主人公カミーユの精神崩壊で幕を閉じるこの作品は、最後の最後まで報われないものでしたが、当時一端に思春期特有の自殺願望を少なからず持っていた私にとっては、計り知れないほどのカタルシスを得られたのも確かです。
ガンダム史上最も暗く、奇異な主人公として捉えられがちなカミーユですが、その魂の叫びは私にとってどの主人公よりも最も共感を憶え、心に響いてくるものがありました。
映画のサブタイトルは「新訳」となっていましたが、それによって私もZという作品を自分なりに消化できる事を願っています。
(蛇足)
ビデオの方にも同じことを書きましたが、もし機会があればビデオ版のジャケットをご覧になってみてください。ビデオは超美麗で本当に秀逸の一言に尽きます。特に13巻のジャケットは物語の締めくくりとして最高傑作だと思います。遠くからカミーユを微笑みながら見守るヘンケン、エマ、フォウ、ロザミア・・・。微笑むカミーユは、どこかもの哀しいけど、神々しくさえあります。ファンの方もそうでもない方も、必見です!
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 ついに最終巻、グリプス戦記の最終章です。
この巻の出だしはハマーン対カミーユ。ニュータイプ同士の激烈な戦いのさなか、いやおう無く二人の精神は融合しかけるも、ハマーンの拒絶により、後に残るはお互いの否定。「Z」の悲劇を象徴するかのような決戦でした。
 敵味方問わず、たくさんの人々が宇宙に散っていきました。生き残った人の名前を挙げたほうが少ないくらいです。
 シロッコ対カミーユの最終決戦で、ついにカミーユはシロッコを討つも、彼の怨念に精神を破壊されてしまいます。もっともこのディスクに入り、カミーユは少しずつ崩壊の兆しが見えているのが通してみると解りますね。彼は本来心の優しい人間。数々の死に耐え切れなくなったと言うところではないでしょうか。
 それにしても「Z」は暗い話でした。この戦いの続きは「ZZ」で描かれるのですが、そのストーリーも根底には暗い話でしたが、キャラクターにパワフルさを取り入れて、表面上は明るく見させています。好き嫌いの分かれるとこではありますけどね。
 そのきっかけを作るのは今回の生き残り、ヤザン・ゲーブル、獣並みの生命力の御仁でしたね。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す