機動戦士Zガンダム 12 [DVD] がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ケースとディスクの出品になります。ブックレット付きです。丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

機動戦士Zガンダム 12 [DVD]

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,480
価格: ¥ 5,838 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 642 (10%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 2,919より 中古品の出品:11¥ 1,138より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 機動戦士Zガンダム 12 [DVD]
  • +
  • 機動戦士Zガンダム 13 [DVD]
  • +
  • 機動戦士Zガンダム 11 [DVD]
総額: ¥15,504
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 飛田展男, 池田秀一, 松岡美幸, 島津冴子, 岡本麻弥
  • 監督: 富野由悠季
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2001/09/25
  • 時間: 97 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005NJKM
  • JAN: 4934569609083
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 19,825位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

名作ロボットアニメ“ガンダム”のTVシリーズ第2作となった「機動戦士Zガンダム」が待望のDVD化! 第43~46話収録。

レビュー

総監督・原作: 富野由悠季 原案: 矢立肇 キャラクターデザイン: 安彦良和 メカニカルデザイン: 大河原邦男/藤田一己 音楽: 三枝成章 声の出演: 飛田展男/池田秀一/古谷徹/島津冴子/勝生真砂子/榊原良子/水谷優子/難波圭一
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

 さてこの巻の見所です。
 シャア、ハマーンに頭を下げる。数々の遺恨をへてその念は「逆襲」までつづく。
 ジェリドくんさして戦果もあげていないのに、いつのまにかジャミトフの側近まで昇格。ティターンズの人材不足がここに現れていますね。
 ゼダンの門、かつてのア・バオア・クー、アクシズと激突し真っ二つ。これを境にティターンズは崩壊を始めます。手始めにジャミトフがシロッコに謀殺されてしまいました。
 そしてこのディスクで一話から活躍していたアポリー中尉が宇宙に散りました。最後まで立派な軍人さんでしたね。
 サラも散り、次巻、戦いはさらに過酷で悲惨な様相を呈してきます。
 その前哨戦、ハマーン対シロッコの一騎打ちは必見ですね。
 
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
12巻では、シロッコの愛機THE・Oが初登場する。重MSでありながら、驚異的な機動力を持ち、ハマーンが操るファンネルを撃墜するのはさすがである。また、自分の手でジャミトフを殺しておきながら、それを全てハマーンの責任に仕立て上げた政治手腕も天才的であった。勿論、これは私がシロッコファンだからこその感想であるが・・・。アクシズを率いるハマーン、ティターンズのトップに立ったシロッコ、彼らの騙し合いや戦闘シーンはとても見応えがあった。物語も終盤にさしかかっており、その内容は☆は5つでも足りないくらいである。
シロッコを撃つ為に戦場に出たカツ、カミーユとカツの事を気にかけながらもシロッコから離れないサラ。この2人は、互いにニュータイプでありながら、死を避けることができなかった。ニュータイプといえども完璧ではない。その能力ゆえに命を落とすことだってある。少年少女が殺しあう光景は見ているだけで心が重たくなる。悲惨すぎる話である。だが、最終巻である13巻は、これを凌駕するほど不幸な内容なので気を引き締めてみてほしい。
アポリーの死により激昂するカミーユに対して、ジェリドは「これは戦争だろうが!」と吼える。たしかに、その通りだ。反論のしようも無い。カミーユもシャアもアムロも人を殺し、誰かを不幸にしながら生きている。戦争によって生み出されるものは一体何か?『Zガンダム』を見ていると、そういったことを考えられずにはいられなくなる。今更ながら、名作であると感じる。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 やはり見るならテレビ版。劇場版は話にナリマセンね。
 劇場版は感動も何もかも半端になる。話に厚みがある作品だからテレビ版を一つ一つ見たほうが良い。このZガンダムは何気ない一言が妙に印象深かったりカッコ良かったりする。この第12巻はクワトロがハマーンに頭を下げるシーンが有りますが「これで済むなら安いもんさ。」と言ってのけるクワトロはカッコいい。「さすが大人・・・」って感じ。このあたりから若気の至り満々だってカミーユが段々成長してきます。冷静に情勢を分析して動けるようになった。クワトロも「カミーユ・・・良い方向へ変わってきているようだ・・・」と言っていたし、ブライトも「何時からそんな苦労症になった?」と言うほど責任感持つようになった。ロザミアのサイコガンダムを倒した時,クワトロに慰められても「・・・気になんかしてませんよ、気にしてたらニュータイプなんてやってられないでしょ。」とサラッと言ってのける・・・ここでもうニュータイプとして何をなすべきか自覚したのだろう。随分と落ち着き払ったカミーユをここでは見る事が出来る。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す