機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者- [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,345
通常配送無料 詳細
発売元: SimpleLifeItem
カートに入れる
¥ 3,349
通常配送無料 詳細
発売元: 【R-Life-Market】【出品コメントの確認をお願い致します】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者- [DVD]

5つ星のうち 2.9 278件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,480
価格: ¥ 3,345 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,135 (48%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Guts!が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者- [DVD]
  • +
  • 機動戦士ZガンダムII -恋人たち- [DVD]
  • +
  • 機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛- [DVD]
総額: ¥9,765
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 池田秀一, 飛田展男, 鈴置洋孝, 古谷徹
  • 監督: 富野由悠季
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2005/10/28
  • 時間: 95 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 278件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0009VHUF8
  • JAN: 4934569623157
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 29,945位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   1985年から86年にかけて制作・放映された、「機動戦士ガンダム」の正式な続編「機動戦士Zガンダム」を再構成し、さらに現在の視点で捉えたエピソードなどを盛り込んだ“ニュー・トランスレーション”版。3部作からなり、その第1部「星を継ぐ者」は、「ガンダム」で描かれた1年戦争から7年後の宇宙が舞台となる。スペースコロニーに住む少年カミーユが、エリート軍人組織ティターンズが開発したガンダムMk-IIを奪還し、スペースノイドの自治権確立を目指すエウーゴと合流し、共闘するまでの経緯を中心に描いている。
   さすがに20年前のTVアニメとあって、画質の劣化という宿命からは逃れられず、エッジングなどの新技術で補完しているものの、やはり今日の主流とは異なる絵柄は時代を感じさせてしまう。加えて新たに付け足された作画部分も、同一のキャラクターでありながら従来の作画よりもキャラの顔が幼く描かれているあたりにも違和感を感じる。だが冨野由悠季総監督の演出は意欲的で、TVシリーズではさほど強調されていなかった、カミーユの父母を巡るエウーゴとティターンズの闘いの顛末を緻密に描写し、ジャブロー侵攻からアムロとシャアの再会までのクライマックスも、さすがの盛り上がりを見せている(斉藤守彦)

内容(「Oricon」データベースより)

名作ロボットアニメ“ガンダム”のTVシリーズ第2作となった「機動戦士Zガンダム」を新作シーンの追加、既存映像のデジタル処理などにより再構成した劇場版。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 もじ 投稿日 2011/11/3
形式: DVD
せっかく映画化するんなら、すべて新しい作画でやって欲しかった。キャストも変更があったわけだし…いくら当時の「出来の良い」画とは言っても、新作画との継ぎ接ぎでは違和感バリバリです。モビルスーツの手の構造まで新作画では細かく描写しているのに、勿体無い。
セリフも所々変更されてるし、新しいカットも追加されているように思いましたが(気のせいかな?)、より分かりやすくなっていると感じました。
残念なのはすべて画でしょう。そんなに金がなかったのかな…
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ひひりき VINE メンバー 投稿日 2008/9/20
形式: DVD
最初に見る人にとっては全くわからない内容ではないでしょうか。
通常の3倍以上のスピードで話が展開するので付いていけません。

ツギハギ映画の厳しさは初代でも露呈していたと思いますが、まさかこれほどまでとは思いませんでした。
エイジングや新作カットを駆使して目新しさもありますが、
やはり旧カットが気になります。

というよりかは、旧と新でもはや別の顔。

ジャブロー戦のジェリドの顔が旧と新ですぐに入れ替わるのですが、
「別人?」と思ったくらい。テレビ版を観ている者がそう思ったほどなので、
初めて観る人には勘違いしてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

終盤の、ギャプランやアッシマーとの空中戦は迫力あって良かったです。
全てあのクオリティなら☆5つだったのですが…。

初めてのZを観る方にはあまりお奨め出来ません。
Z好きの方も酷評が多いのも無理はないかと思います。
初代を見て、Zを見ていない方は一度見ても良いかもしれません。
アムロやブライト、カイ、ハヤトといったホワイトベースのクルーがオンパレードで懐かしいと思います。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
レンタルで見ました。感想としては、万人向けのz gundamと言ったところで、細かい処に拘らなければ、ストーリーのテンポやTV版に比べて、少し洗練されたセリフ回しや戦闘シーン等満足いくものでした。ファンの方々には確かに物足らない部分が多々あると思いますが、一般の視聴者の方にはz gundamってこんな感じかなと言う程度の認識で、普通の戦争アニメ?が見たいと思ってらっしゃる方には向いていると思います。ニュータイプがどうのこうのとか難しい事考えずに、カミーユ強えーぐらいで良いんじゃないでしょうか。ちなみに私はTV版がとても好きですが、一般の人にZ観たいと言われたら、こっちを紹介します。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
あくまでもこの作品を世に出すことに対する感想なのですが、オリジナル版からの長い歳月で人物の解釈や作品で問われる思想などに対する再検討などは当然あると思うのですよ。しかし、発表からの歳月を経て尚も新しいファンが生まれ関連産業においても活発な販売がされるなど作品自体は制作サイドから離れて独自の生命力を獲得したといっていいと思うんですよね。
様々なガンダムシリーズが派生して一つのジャンルとしてガンダム物が確立したのも、1stからの宇宙世紀シリーズの揺るぐことのない幹の太さであって、それは制作側のみならず視聴者や商業マーケットの相互作用において育てられたものだと思うんですよ。
そうなると、そもそもオリジナルに干渉する形で制作サイドが新しく解釈しなおす作業は下手をすると作品自体の生命力を失いかねないリスクがでてくると思うんですね。むしろそのような新たな解釈や主題を別の作品で表わして欲しかったなーという印象です。
勿論この商品も今までの流れから当然立案されるものかもしれないので、もしかしたらオリジナル版に思い入れを持つ偏った意見かもしれません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
Zのストーリーを、この短縮バージョンにし、かなり強引な感じで話しが進んで行くし、陶然、テンポも早く観ている方としてはTV版の時の事を思い出しながら映像を観ているので、落ち着かなかった。
旧い映像を綺麗にして新しい技術で映像を作り直した!
旧い映像も新作だ!
と言うから、かなり期待していましたが、実際の映像はノイズが多く
色補正で鮮やかなになった物の、絵の中のノイズが余りにも多くて
本当に、こんな状態で良く新作と言えた物だと
ダマされた気分になりました。
何だか、仕事が雑だと思う、せめて旧い映像のノイズを綺麗にデジタル技術で全消去して、新しい映像と合わせるならまだしも、新しい映像も
わざわざノイズをいれて絵を汚くしているし、、、、
なんだか違和感を覚える。
旧い映像の労苦が大変だと言っていましたが、そんな無駄な時間があれば全て新しい映像でやった方が、良かったのでは?と思う。
今の時代のZを創るのであれば、映像も今で統一してない点で失敗だと思う。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す