通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
機動戦士Zガンダム デイアフタートゥモロー カイ・... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 状態は概ね良好です。クリーニング後、通常奈良県から日本郵便のゆうメール(追跡番号無し・発送から日祝除く2-4営業日でポストへお届け)にて発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

機動戦士Zガンダム デイアフタートゥモロー カイ・シデンのレポートより (1) (カドカワコミックスAエース) コミック – 2006/4/26

5つ星のうち 4.3 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 583
¥ 583 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 機動戦士Zガンダム デイアフタートゥモロー カイ・シデンのレポートより (1) (カドカワコミックスAエース)
  • +
  • 機動戦士Zガンダム デイアフタートゥモロー カイ・シデンのレポートより (2)
  • +
  • 機動戦士ガンダム デイアフタートゥモロー ―カイ・シデンのメモリーより― (1) (角川コミックス・エース)
総額: ¥1,771
ポイントの合計: 56pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

「臆病者だから戦うのさ!」
ホワイトベースでアムロと共に戦ったカイ・シデン…戦後、フリージャーナリストとして連邦軍ティターンズの横暴に対し戦いを挑む。ペンはMSより強し! カイ・シデン流の戦い方は今までのガンダム漫画を凌駕する。


登録情報

  • コミック
  • 出版社: 角川書店 (2006/4/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047138177
  • ISBN-13: 978-4047138179
  • 発売日: 2006/4/26
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 クレイス VINE メンバー 投稿日 2006/6/14
形式: コミック
ガンダムを観るときアムロよりも、人間臭いカイに感情移入してた人も多いはず。そんな自分もファーストでは一番好きなキャラクター。
派手な戦闘シーンが無くても、ガンダム世界を表現出来るというお手本のような一冊。カミーユやアムロが戦っている裏側で、ジャーナリストとしてのカイの活躍が描かれています。
MSに乗ったりはしないのに、しっかりとガンダムしています。でも、ちょこっとでも良いのでMSに乗って欲しいのも本音。
ZZや逆襲のシャアの時代にカイが何をしていたのか?長期連載化し、そこまで描いてくれることを願い・・・え?意外に早く完結!?そんなぁ(涙)
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sirius VINE メンバー 投稿日 2011/8/20
形式: コミック
旧ホワイトベース・クルーの視点から描かれた、劇場版『機動戦士Zガンダム』のサイドストーリーです。
ジャーナリストとしてのカイ・シデンが主人公というのも、着眼点が面白いですね。
作画もとても綺麗ですし、ストーリーや設定がよく練りこまれ
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
劇場版Zガンダムの新約内容に合わせてこの漫画での主人公となるカイ・シデンが活躍(暗躍?)するサイドストーリー。主人公がカイという事もあり初代ガンダムキャラもふんだんに登場しているのでZに限らず初代好きな人にも楽しめる内容になっています。今までのガンダム漫画とは異なり殆ど戦闘シーンが無いにも関わらずガンダム世界が存分に味わえます。この漫画を読むとZや初代の本編をあらためて見返したくなる不思議な魅力の作品です。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
「機動戦士ガンダム」に関する基礎知識を持っていることが大前提になるコミックです。

この第1巻は劇場版Zガンダム本編で描かれなかった、またはカットされた要素を拾っており、

基本的にはジャーナリストとなったカイ・シデンが劇場版本編中のキャラクターに

接触した際のエピソードという形で物語が展開します。

メカ描写は非常に少なく、アクションもありませんが、それがガンダムものとしては新味になっています。

「そういう解釈があったか」「こういう展開があったかも」というのを楽しめる作品です。

クワトロがシンタとクムを拾う場面などは唐突で強引なのですが、

本編ではまったく説明がなされなかった要素だけにニヤリとさせられました。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ガンダムのようなモンスターな作品になると、

その設定がしっかりしていて、

しかも満足に露出されているだけに、

ファンは様々なイマジネーションを抱いたり、

或いは外伝的な物語に期待をしたりすると思いますが、

この作品は、正にそういうファンに、

かなりしっくりくるのではないでしょうか?

もちろん私もその1人ですが、

一年戦争以来、あのシリーズ中の

存命のキャラクターたちとは

立ち位置が大きく違う(違って見えた)

カイ・シデンのポジションを主軸に

ゼータの時代を描くというのは、

アイデアとしてとても興味深いし、そそられました。

徹底した会話劇で、

登場するのは常にカイを含めて2〜3人、

舞台も殆ど転換させずに進む。

はっきり言って地味です。その上、文字量は膨大です。

しかし、だからでしょうか、

「なるほど」と思わせるエピソードや話の展開、

主人公のカイ・シ
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック